「七つの水仙」と「愛こそすべて」

2008年8月27日の記事から

*****

あっしだけの日記』のマッシーさんが、ブラザース・フォアの「七つの水仙」について書いておられる。

なんだか懐かしくなって、引き出しの奥のほうからドーナツ盤を引っ張り出してきた。

改めて歌詞カードを見ながら歌詞を書いてみると

●SEVEN  DAFFODILS

I may not have a mansion
I haven't any land
Not even a paper dollar
To crinkle in my hand
But I can show you morning
On a thousand hills
And kiss you and give you
Seven daffodils

I do not have a fortune
To buy you pretty things
But I can weave you moonbeams
For necklaces and rings
And I can show you morning
On a thousand hills
And kiss you and give you
Seven daffodils

Oh seven golden daffodils
All shining in the sun
To light our way to evening
When our day is done
And I will give you music
And a crust of bread
A pillow of piney boughs
To rest your head
A pillow of piney boughs
To rest your head

歌詞のところどころには、私が単語の意味を日本語で書いたあとがあります。そうやって歌詞で英語を勉強したんですよねえ、あの頃。

この歌の解説にはこうあります。

モダン・フォーク・グループの元祖ウィーヴァースのリー・ヘイズが書いたラヴ・ソング。「私は立派な屋敷も土地もお金ももっていないけど、丘の上に訪れる朝と、愛情のこもったキスと、七つの水仙をあなたに上げよう。そして、月の光をネックレスと指輪にし、音楽とパンと、枕にする松の枝を上げよう……」

この歌詞を見ていて思い出したのは、「何も持っていない、あなたに上げられるのは愛だけ」と歌う、スタイリスティックスの「愛こそすべて」だ。

●I CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT MY LOVE

If I had money I'd go out
Buy you furs treat you like a queen
And in a chauffeured limousine
We'd look so fine
But I'm an ordinary guy
And my pockets are empty
Just an ordinary guy
But I'm yours till I die
I can't give you anything but my love but my love
I can't give you anything but my love but my love

I cannot promise you the world
Can't afford any fancy things
I cannot buy you diamond rings
No string of pearls
But my devotion I will give
All my love just to you girl
My devotion I will give for as long as I live
I can't give you anything but my love but my love
I can't give you anything but my love but my love

我が家も、嫁に行った娘たちも、金はないけど、何とか最後まで、共白髪でいきたいものだcoldsweats01