あおい輝彦「二人の世界」

つめたい風の街で ぼくは君と会った
生きてることを 空の広さを
ぼくは君と共に知った

二人の世界があるから
だから明日にかけるんだ
二人の世界があるから
だから明日にかけるんだ

夜の闇の中でも ぼくは君が見える
声をかき消す 風の中でも
ぼくは君の声を聞く

※二人の世界があるから
だから強く生きるんだ
二人の世界があるから
だから強く生きるんだ※


先輩の二人がよく一緒に歌っていた。

同期の友人が、ふたりはつきあっているんだよと私に言った。

私は別にその先輩(もちろん男性の方)を好きだと思っていなかったけど、それを聞いたとき、かなりショックだった。

そういうことに疎い自分に嫌気がさしたのだけれど、あとになって考えると、もしかしたらその先輩にちょっと憧れてたのかもしれないcoldsweats01