「あの頃のまま」―ブレッド&バター―

2007年9月16日の記事から

*****

このところYou Tubeの音楽動画に狂っている。Favoriteに次々に貼り付けてしまったワン(^_^;)

ブレッド&バターの澄んだ歌声は変わらないな、白髪が混じっても…

『あの頃のまま』、じっくり歌詞を眺めたことが無かったが、たぶん中年ごろの男性の哀歓みたいなもの…何か沁みちゃう…

6時のターミナルで 振り向いた君は
板に付いた 紺色のスーツ
今でも気まぐれに 街を行く僕は
変わらないよ ああ あの頃のままさ

去り行く若い時間を ひとり止めているようで
うらやましいやつだよと 初めて笑ってくれた

For yourself For yourself
そらさないでおくれ その瞳を
人は 自分を 生きて行くのだから

ネクタイ少しゆるめ 寂しげな君が
馴染みの店に 腰すえる夜は
日焼けした両足を 投げ出して僕も
Simon & Garfunkel ああ 久しぶりに聞く

人生のひとふしまだ 卒業したくない僕と
他愛ない夢なんか とっくに切り捨てた君

For myself For myself
幸せの形に こだわらずに
人は 自分を 生きて行くのだから

For myself For myself
幸せの形に こだわらずに
人は 自分を 生きて行くのだから