ベンチャーズヒット曲とリン・アンダーソン”ローズガーデン”

2007年7月13日の記事から

*****

テレビで、最近、レコードがまた人気を盛り返してきて、レコードとレコード針の製造会社が大忙しだと伝えていた。へえー、わからないものだね。団塊世代の退職も関係してるのかな(^^)

私がはじめて買ったレコードと言えば『ベンチャーズ・イン・ジャパン』。今も手元にある。今では、ジャケットがまったくそのままのCDが発売されている。Ventures大好き!!Photo

ベンチャーズ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ベンチャーズ
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2004/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実は、このレコード、実家で初めて、箱型でちょっと足がついたステレオなるものを買ったときに、何かレコードをと親が頼んで一緒に買ったという、全くの偶然で私の手に入ったもの。

そのステレオには、ステレオというものがどういうものなのか、つまり、音がまるで目の前にその人がいるように、右から左へ人が歩けば、その足音が右から左へと移っていくように聞こえる、ということを紹介するレコードもついていた。その中に、小田急ロマンスカーの音、あの、「ピポパポ~パポピポ~」とか、『ローズガーデン』という曲も入っていた。

ローズガーデン』―You Tube様様です!(笑)―は、今でもよく覚えている。Lynn Andersonというアメリカのカントリーミュージックの歌手の歌らしい。

Rose Garden

{Refrain}
I beg your pardon(ごめんなさい), I never promised you a rose garden(安楽な生活)
Along with the sunshine there's gotta be a little rain some time

When you take you gotta give so live and let live
Or let go, oh-whoa-whoa-whoa
I beg your pardon, I never promised you a rose garden

I could promise you things like big diamond rings
But you don't find roses growin' on stalks of clover
So you better think it over
Well if sweet-talkin'(甘い言葉でだますこと) you could make it come true
I would give you the world right now on a silver platter(楽々と)
But what would it matter

So smile for a while and let's be jolly
Love shouldn't be so melancholy
Come along and share the good times while we can

{Refrain}

I could sing you a tune and promise you the moon
But if that's what it takes to hold you
I'd just as soon let you go
But there's one thing I want you to know
You better look before you leap, still waters run deep
And there won't always be someone there to pull you out
And you know what I'm talkin' about

So smile for a while and let's be jolly
Love shouldn't be so melancholy
Come along and share the good times while we can

{Refrain}

この歌の意味はいまいち取りきれないんだけど、人生は甘いもんじゃない、でも、それだからこそ楽しめるときは一緒に楽しもう、ってことかな……

だいぶ横道にそれた(^_^;)こういう話はきりが無いのよねえ。

*****

十番街の殺人

ダイヤモンド・ヘッド~パイプライン

ローズ・ガーデン