健康

2013年7月11日 (木)

食後のカロリー消費にはこれもいいかも…

食後の血糖値が…といわれてしまって、いろいろ対策とってることは先日書いた。

踏み台昇降、ウォーキング、ラジオ体操、ストレッチなど、少しずつやっているが、なかなか楽しめるって状態まではいかない。

ところが、今回、情報をゲットした「ZUMBA(ズンバ)フィットネス」は、なんと、ラテンのリズムに合わせて、様々なステップを組み合わせてやるフィットネス ダンスsign03notes

そういえば、ずっと以前に、立川の、ラバンバという中南米の料理が楽しめるレストランに娘といったことがあった。

そこで、ラテンのライブを聞いたのだが、常連さんはその音楽に合わせて、踊っていた。

それがとても楽しそうで、踊れるんだったら、自分も踊るだろうな、と思うほどだった。

日本人って、お祭りが好きな人が多いと思うけど、これって結構ラテン系なんでは、とよく言われる。

お神輿とか、阿波踊りとか、あの興奮はラテン系だよな、と私自身のことに照らしても思える。

だから、ラテンのリズム、ラテン系のステップ、はきっと体に馴染むはずだし、楽しいだろうと思う。

で、これが、エクササイズ DVDを見ながら自分の家で部屋で、誰にも見られずに(ということはどんなまずいステップになっていようが、見苦しかろうが、構わないということ)、楽しく出来て、その上、フィットネスができるというのだから、かなり魅力的だと思う。

まずはサイトで紹介ビデオを見てみてgoodsign03

ZUMBA(R)フィットネス

ZUMBA(R)フィットネス

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログから頂いた情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)
|

2013年7月 9日 (火)

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(6)

血糖値コントロールのための有酸素運動で続けやすそうなものについて情報を集めてみた。

oneその場足踏み

・太ももが床に水平になるまで膝を高く上げ、腕を前後に大きく振って行う。

ウォーキングの時間が取れないときなどの代わりにいい。

仕事や家事の合間のすき間時間にもできる。

但し、無理をして腰を痛めないよう注意する。

twoスクワット

・肩幅より少し広めに足を広げて立つ。つま先は30度ぐらいに開く。

・膝がつま先より前に出ないように、また、膝が足の人差し指の方向に向くように注意して、お尻を後ろに引くように身体を沈める。

・これを数回繰り返す。できれば一日3セット。

「ロコモティブシンドローム」(筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器の障害のために移動能力の低下をきたして、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態)の予防のためにもいい。

threeラジオ体操

酸素を多く取り込み、そして吐き出すという呼吸法に動作が重なるのがラジオ体操の特徴。この動作や呼吸法もストレッチの一つ。

私たちの体は動かさないでいると次第に筋力が低下し、関節が固まってしまう。さらに老化にともなって運動量の低下や身体機能の低下があるため、体は硬く関節は固まっていく。そうなると事故にも繋がりやすく、ちょっとしたことでケガに繋がる危険性もある。毎日のラジオ体操で柔軟性を身に付けておくと、怪我や事故防止だけでなく、身体の老化防止も期待できる。

多くの人が悩まされる肩凝りや腰痛の原因として、筋肉が凝り固まっていることが挙げられる。関節は筋肉に支えられているため、支えている筋肉にしなやかさが無いと関節への負担は大きくなる。体操の動作一つひとつで筋肉をしっかりと伸ばし、体に柔軟性を持たせることで、肩凝りや関節痛を和らげることができるという。

体に柔軟性がない場合、血液の流れを悪くしたり、基礎代謝を低下させてしまうことにもなる。ラジオ体操による運動・ストレッチには、筋肉にしなやかさを持たせて鍛えるだけでなく、代謝を高めることにも効果がある。筋肉が鍛えられると血流を押し出す力が強くなり、血液の流れが改善される。筋力の増加により血行が改善されると末梢循環も良くなるので、冷えなど女性特有の症状も改善される可能性がある。

four踏み台昇降

階段などの段差を利用した有酸素運動。10~30cmの段差があれば行うことができ、雑誌を重ねて作った段差でも可能。段が高い方が負荷が大きくなるため、慣れていない場合や長い時間続けたい場合には、段が低い方がいいだろう。

段差を使って乗り降りを繰り返していくと、下半身の筋肉強化、むくみ解消、リンパ・血液の循環促進、基礎代謝アップなどの効果が期待できる。

わざわざ買ってきた道具を活用するような運動ではなく、自宅にあるものを活用して行う。階段、もしくは約5~30cmの段差を活用(雑誌を重ねて、テープか何かで固定するなどでもOK、両脚を乗せても安定するものを使用)。

自分の踏み出しやすい足から昇る。両足ともを段差の上に昇ったら、最初に踏み出した足から降りる。これをテンポ良く繰り返していく。

途中、足踏みを入れて、踏み出す足を反対側の足に変えるなどするのも良いだろう。

時間は10~30分/日を基準に行う。 運動時間は10~30分。

踏み台昇降運動の利点は、外で行う運動と違って自宅で簡単に出来るということ。外での運動は爽快感や気持ちよさを得られるが、天候に左右されやすい。

ステップ運動は雨や雪などに関係なく、自分の好きなときにテレビを見ながらでも行える。

昇降運動で鍛えられるのは、大殿筋/大腿四頭筋/大腰筋などの筋肉。これらが鍛えられることで、ボディラインが引き締まり、姿勢などの立ち姿が綺麗になる。

| | コメント (0)
|

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(5)

インシュリンの働きなど

one体脂肪が燃焼する仕組み

脂肪細胞に蓄積されている体脂肪は、運動や食事制限によりエネルギー源として使われます。運動などで体温が上昇し、血糖値が下がると脂肪細胞からエネルギーを取り出して血糖値を安定させようとするホルモンであるグルカゴンが分泌されます。このグルカゴンから指令を受け、脂肪分解酵素であるリパーゼによって体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、血液中に溶け出して、筋肉に運ばれて運動エネルギーとして消費されます。こうして体脂肪が燃焼されていくのです。

two脂肪燃焼を抑制するホルモン・インシュリン

・インシュリンの働き

食事によって血糖値が急激に上昇した時、血液はドロドロの状態になるので動脈硬化を促進します。そうならないよう、インシュリンは血液中の糖を除くように全身の細胞へ指令するのです。食べた炭水化物や糖を優先してエネルギーにし、体内に蓄積された体脂肪が燃えないどころか、消費されなかった分の炭水化物や糖までも体内の脂肪細胞に取り込んで蓄えようようと促します。結果的に脂肪の燃焼は抑制され、体脂肪が増えることになるので、体脂肪を燃やしたいダイエッターにとってはインシュリンとうまく付き合っていくしかありません。

・脂肪燃焼の近道は血糖値を安定させること

血糖値を緩やかにすれば、インシュリンの過剰分泌も抑えられ、血糖が体全体に行き渡り、エネルギーとして消費されて脂肪として蓄積されにくくなります。

threeインシュリンが分泌されると起こる症状

・運動しても体脂肪が燃焼されない

血液中の糖分が急に増えると、高血糖が血管へ大きなダメージを与え動脈硬化が進んでしまうため、インシュリンは体脂肪よりも燃えやすい血中の糖を優先してエネルギーにしてしまう。

・体脂肪が増える

インシュリンレベルの高い状態が続くと、エネルギーとして使われずに余った糖は脂肪細胞の中に取り込まれて蓄えられてしまう。よって体脂肪が増加することに。

・筋肉痛・疲労

筋肉のわずかなグリコーゲンをエネルギーとして燃焼させようとするので、それを使い切った筋肉は疲れて筋肉痛を引き起こす。インシュリンの分泌が促進されると成長ホルモンであるグルカゴンが抑制され、筋肉の修復が進まないために疲れやすくなる。

・めまい

さらに運動を続けていると、血糖値が低下し、脳に栄養が行き渡らなくなることで脳が機能しなくなり、めまいが起こる。

fourインシュリンを抑え体脂肪を燃焼させるには

血糖値を安定させれば必ずしも痩せるわけではありませんが、血圧の急激な上昇でインシュリンが大量に分泌されることを抑えれば、体脂肪が急激に増えることはないはずです。

・運動前の高炭水化物食は控える

糖が体内に吸収される速度の遅い食材を選ぶことで、血糖値の急激な上昇を抑える事ができる。脂肪燃焼の観点から言えば、運動前の炭水化物や糖分の過剰摂取は禁物といえる。しかし体が飢餓状態のまま運動を始めるのは大変に危険。おまけに体は栄養を体に蓄えようとしてどんどん痩せにくい体質になってしまう。理想的なのは、やや高たんぱく質でバランスのとれた食事の3~4時間後に運動を行うこと。

・食事バランスでインシュリンの分泌を抑える

1日の食事の中で、炭水化物:タンパク質:脂質のカロリー割合を、4:3:3にすると、インシュリンの分泌を抑えられ、脂肪分解を促進させるグルカゴンというホルモンが分泌される。このバランスを維持することで脂肪燃焼型の体質になり、運動による脂肪燃焼効果がよりアップする。

・血糖値を安定させるために、間食をとる

脂肪燃焼とまではいかないまでも、空腹な時間を減らすことで血糖値を安定させる方法。例えば昼食から夕食の間のちょっと小腹が空いた時に、サンドイッチなど少しつまんでドカ食いを避ける。できれば高タンパクなものが望ましく、お菓子や油たっぷりのものは避ける。ただし1日の摂取カロリーをオーバーしてしまえば元も子もないので、カロリー配分をきちんと計画する。

five糖尿病の予防に効果的な食事・レシピ

糖尿病の予防に効果的な食事とは、どんなものでしょうか?一番分かりやすいのは、一日三食をバランスよく、腹八分目で食べることです。現代の日本人の食生活は、どうしても不規則だったり肉などに偏っていたりします。自販機やコンビニで手軽にジュースや清涼飲料水も買えるので、ついつい手が伸びてしまうのも分かります。しかし、そういった毎日の小さな積み重ねが糖尿病を引き起こす原因となってしまうのも、また事実なのです。どうせ毎日積み重ねるなら、健康でいるためのものを積み重ねたいですよね。

糖尿病を予防する食事なんて聞くと、厳しい食事療法を想像されるかもしれませんが、予防の時点では主に主食(ごはん、パン類)などの食べる量ですとか、おかずに使われる食材のバランスを整えるだけで大丈夫です。

間食や飲酒はできるだけ控えめにするのも重要です。下に、こんな感じのものというレシピを一つ記載します。ご参考までに。

糖質が多いイメージのフルーツは、たくさん食べ過ぎないようにすればOKです。バナナでしたら、一日に100g(中1本)、いちごでしたら15粒程度など。

・ほうれん草と半熟玉子のココット

材料:ほうれん草 3束(50g)、ツナ缶 15g、卵 1個(50g)、塩 0.4g、パセリのみじん切り 少々、こしょう 少々、サラダ油 小さじ1/2

作り方

1.オーブンを180度に温めておきます
2.沸騰したお湯に塩を入れ、ほうれん草を茹でる
3.引き上げて水気を絞り、4cm幅に切る
4.ツナ缶の油を切って、ほぐす
5.フライパンにサラダ油を熱し、ほうれん草とツナを加えて炒め、塩こしょうをふる
6.耐熱皿(あればココット皿)に5を敷き、中央に卵を割り落とす
7.器にアルミホイルをかけて5分ほど焼く

| | コメント (0)
|

2013年7月 8日 (月)

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(4)

食事についてなど…

one糖尿病だからこの食品は食べてはいけないとか、この食品だけ食べるようにするといったことはありません。気を付けるべきポイントを押さえて、いろんな食品をバランス良く摂取するあくまで健康的な食事をするということです。

基本的には1日の適正な摂取エネルギーを守り、タンパク質、脂質、糖質ビタミン、ミネラルなど栄養バランスを良く摂取することです。 他には1日3食規則正しい時間で食事を摂るようにする。良く噛んでゆっくり食べるように心がけ、腹7分目~8分目以下にする。ちなみに健康長寿の人達の共通点が食事は腹7分目~8分目だそうです。

外食は高カロリー食が多く、血糖値のコントロールが難しくなるので極力しないようにする。

食物繊維は糖の吸収を遅らせる特徴があるので、食物繊維が豊富な野菜などの食品を積極的に摂取する。また食べる順番を、サラダなどの野菜を最初に食べ、次に味噌汁などの汁物、次に肉や魚、最後にご飯の順に食べると食後血糖値の上昇を防げます。

twoGI値が低い食品を選ぶ

食後血糖値の上昇率を、その食品ごとに数値として表しているのをGI(グリセミック・インデックス)値と言います。

数値として80以上がGI値が高い食品とされ、食後血糖値が高くなりインスリンの分泌が高まります。

数値として50以下がGI値が低い食品とされ、食後血糖値の上昇が低いためインスリンの分泌を抑えることができます。

一般的にはGI値が60以内の食品を選んで食べると血糖コントロールに良いと言われています。

高血糖や糖尿病の食事療法において、このGI値が低い食品を摂取することがひとつのポイントになります。

ただ食べ合わせや調理法、またはその人の体質などにより数値は変動すると言われています。

それとGI値が低い食品であっても、脂肪分を多く含む食品であったり、高カロリーな食品は肥満の原因になるのでGI値だけで判断しないほうが良いでしょう。

血糖値を下げるための食品選びの1つの基準として、GI値の低い食品を取り入れていきましょう。

主食に使う穀類に関しては調理法もほとんど変わらないので、GI値の低いものにしたほうが効果的です。

GI値が低い食品は、海藻類11~19、ほうれん草15、小松菜23、きのこ類24~29、ブロッコリー25、トマト30、大豆製品20~42など。

GI値が高い食品は、あめ108、ジャガイモ90~95、チョコ91、ドーナツ86、練乳82、いちごジャム82、ニンジン80などが挙げられます。

(注)GI値=グリセミック指数。炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値。食品の炭水化物50グラムを摂取した際の血糖値上昇の度合いを、ブドウ糖を100とした場合の相対値で表すとされる。

threeGI値リスト

穀物・パン・粉類=食パン 95 フランスパン 95 精白米 88 もち 85 うどん 85 ロールパン 83 そうめん 80 赤飯 77 ベーグル 75 コーンフレーク 75 胚芽精米 70 クロワッサン 70 玄米+精白米 65 玄米フレーク 65 パスタ 65 おかゆ(精白米) 57 玄米 55 ライ麦パン 55 オートミール 55 そば 54 中華麺 50 全粒粉パン 50 パスタ(全粒粉) 50 おかゆ(玄米) 47

野菜類=にんじん 80 かぼちゃ 65 ゴボウ 45 玉ねぎ 30 トマト 30 オクラ 28 長ネギ 28 キャベツ 26 ピーマン 26 鞘インゲン 26 大根 26 竹の子 26 グリーンアスパラ 25 ブロッコリー 25 春菊 25 かぶ 25 茄子 25 セロリ 24 カイワレ大根 24 きゅうり 23 小松菜 23 青梗菜 23 サラダ菜 22 ほうれん草 15

野菜・芋類=ジャガイモ 90 山芋 75 とうもろこし 75 長芋 65 里芋 64 栗 60 銀杏 58 さつま芋 55 レンコン 38 松茸 29 エノキ茸 29 エリンギ 29 しいたけ 28 しめじ 27 ナメコ 26 キクラゲ 26 マッシュルーム 24 モロヘイヤ 24 蒟蒻 24 ゴーヤ 24 しらたき 23 レタス 23 ミョウガ 23 モヤシ 22

肉・魚介類=竹輪 55 かまぼこ 51 焼き豚 51 ツナ缶 50 ベーコン 49 ハム 46 豚肉 46 ソーセージ 46 鶏肉 45 牡蠣 45 ウニ 44 アワビ 44 うなぎの蒲焼 43 ホタテ 42 アサリ 40 鮪 40 鯵 40 穴子 40 海老 40 イカ 40 たらこ 40 ししゃも 40 しらす 40 イクラ 40

乳・乳製品・卵=練乳(加糖) 82 アイスクリーム 65 生クリーム 39 クリームチーズ 33 ドリンクヨーグルト 33 マーガリン 31 スキムミルク 30 バター 30 卵 30 低脂肪乳 26 牛乳 25 プレーンヨーグルト 25

豆腐・海藻類=こしあん 80 つぶあん 78 厚揚げ 46 小豆 45 グリーンピース 45 油揚げ 43 豆腐 42 おから 35 納豆 33 大豆 30 枝豆 30 カシューナッツ 29 アーモンド 25 豆乳 23 ピスタチオ 23 ピーナッツ 20 ひじき 19 昆布 17 もずく 12 ところてん 11

果物=苺ジャム 82 パイナップル 65 黄桃缶詰 63 レーズン 57 みかん缶詰 57 バナナ 55 ぶどう 50 メロン 41 桃 41 柿 37 さくらんぼ 37 りんご 36 洋梨 36 キウイ 35 ブルーベリー 34 梨 32 オレンジ 31 グレープフルーツ 31 イチゴ 29 アボガド 27

砂糖・菓子・飲料水=麦芽糖 105 氷砂糖 100 上白糖 99 チョコレート 91 大福餅 88 ドーナツ 86 キャラメル 86 フライドポテト 85 ショートケーキ 82 ホットケーキ 80 みたらし団子 79 クッキー 77 ハチミツ 75 メープルシロップ 73 クラッカー 70 カステラ 69 プリン 52 ココア 47 ゼリー 46 100%果汁ジュース 42 カフェオレ 39 果糖 30

| | コメント (0)
|

2013年7月 6日 (土)

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(3)

運動、食べ物について、色々抜き書き

one血糖値を下げて、糖尿病を予防、改善するには、やはり、なんといっても運動が一番ということになります。それは、適度な運動は、体の基礎代謝を高めてくれ、エネルギーの燃焼に大きな効果を発揮してくれるので、血糖値に有効なのです。そして、新陳代謝を高めてくれ、血液の循環を良くしてくれるので、血糖値を下げるのに効果的です。また、適度な運動は、血糖値を下げるだけでなく、ストレスの発散にも効果があると言われています。

そして、血糖値を下げるのに一番効果的な運動の時間は、食事の後が良いと一般的に言われています。それは、食事の後というのは、どうしても血糖値が高くなる傾向があるからです。そして、食事した後は、血糖値が下がるスピードまで鈍るということがわかっています。そのため、血糖値が高くなる状態が長く維持されることになってしまうので、やっかいなのです。そこで、食後に運動することで、血液中のブドウ糖がエネルギーに変わり、素早く血糖値を下げることが可能になるのです。

血糖値を下げるには、運動が効果的なのですが、食後すぐに運動をすることは避けた方がよさそうです。それは、食後は胃に血液が集まっている状態で、心臓の血液の量が低下することから、心筋梗塞を引き起こす危険性があるからです。そのため、血糖値を下げるには、食事をした後、一時間ほど休憩してから運動をするのがベストです。

two血糖値を下げるために運動は欠かせません。それも、激しく体を動かす運動ではなく、ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素運動が効果的です。適度な運動は、新陳代謝の促進や心身のリフレッシュにも効果があります。また、運動するタイミングは、食事の後が効果的だと言われています。

食生活の改善も重要です。炭水化物や糖分の多いものなど血糖値を上げる食べ物を減らし、たまねぎ、納豆、オクラなど血糖値を下げる効果をもつ食材を毎日の食事の中に取り入れるようにしましょう。また、グァバ茶やバナジウム水など、血糖値を下げる効果のある飲み物もあります。 その他、亜鉛やギムネマなど、血糖値を低下させるサプリメントも数多くあります。

血糖値を下げる基本は運動と食事の管理です。しかし、無理な計画を立てて途中でやめてしまっては元も子もありません。毎日の生活の中で、自分でできる範囲で取り入れていくようにしましょう。

three血糖値を下げるには、どんな運動が効果があるのかといえば、おすすめは、ウォーキングやスイミング、軽いジョギングになります。 これらは、有酸素運動で、血糖値を下げるのには、非常に効果的なのです。脂肪を燃焼させる運動は酸素を使う有酸素運動だけなのです。 ですので感覚的には比較的楽な運動を長く続けることが、血糖値を下げるのりには大切で、じっくりと取り組む必要があるのです。

血糖値を下げるには、脂肪が燃焼させる必要があり、そのためには、最大運動量の40~60パーセント程度の運動がよいのです。%で表すとわかりにくいのですが、目安としては普通に話ができるくらい、または、息が切れない程度の強度で行う事がよいでしょう。

そして、その頻度は、週に3~5日程度で、一回の運動が30分から1時間程度ですることです。

呼吸が乱れる程の激しい運動は無酸素運動になってしまいます。無酸素運動は、血糖値下げるには適しておらず、重いものを持ち上げたり、激しく走っても意味がないのです。

よく勘違いしやすいのが息を止めるのが無酸素運動だと思っているのですが運動のエネルギーの生成の問題で酸素を使う運動が有酸素運動、酸素を使わないのが無酸素運動なので、呼吸に関しては関係ないので注意しましょう。

人間にとって血糖値は、非常に重要なので、焦らずに長い目で、軽い運動に取り組んでいくことです。

血糖値を下げるには、生活習慣を変えることも大事で、高脂肪食の摂りすぎからくる肥満、運動不足は、深刻な問題です。 また、心身をリフレッシュしてくれる睡眠は、血糖値を下げるにはとても大切なので、しっかりと睡眠をとりましょう。

four血糖値を下げるために、毎日の食生活を改善することは大変重要なことです。

では、これを減少させる食材には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。まずは、「たまねぎ」が挙げられます。たまねぎを切った時のツンとしたにおいの成分であるイソアリインは、血液中の糖の代謝を活発にして値を下げる効果があります。

「納豆」も効果があります。納豆のネバネバの元であるムチンは、胃や腸で糖質が吸収されるのを抑える働きがあるため、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。

また、「オクラ」も効果のある食材です。オクラのぬるぬるとしたぬめりは、多糖類でできています。これらの成分は、腸で糖質を包み込んでその吸収を抑え、食後の血糖値を下げる働きがあるのです。

「ごぼう」も効果があります。ごぼうは水溶性の食物繊維を多く含みます。この水溶性食物繊維が、腸での糖の吸収を抑制し、血糖値を下げるのです。

その他、きのこ、海藻類、ねぎ、そば、にがうり、こんにゃく、やまいも、さといも、れんこん、あさり、梅、大豆、しょうが、セロリ、酢、バナナなどがあります。

このように、効果のある食材はたくさんあります。中には苦手な食材もあるでしょう。血糖値を下げるためだからといって毎日の食生活が楽しくなくなっては続けるのが負担になってしまいます。味付けを工夫したり毎日少量ずつ取るようにするなど無理のない範囲で普段の食事に取り入れるようにしましょう。

fiveウォーキングなどの有酸素運動は20分~30分以上やらないとあまり効果がないと言われていますが、1回に10分以上の有酸素運動でも血液中のブドウ糖は消費されます。

一回に有酸素運動を30分以上やならくても、10分以上を3回に分けても効果は得られるということです。

ただ注意しなければならない点は、ハードな筋力トレーニングや短距離走などの運動は乳酸という疲労物質がたまり、さらに血糖値が上がる場合があります。

| | コメント (0)
|

2013年7月 5日 (金)

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(2)

血糖値はどんな食品が上げやすいのか、そのへんを考えながら食事するのも良さそう。

one血糖値を上げる食品

穀物 ・ご飯、ビーフン、春雨、パン、マロニーなどすべて

麺類 ・蕎麦、うどん、ラーメン、きしめん、パスタなどすべて

いも類 ・じゃが芋、さつま芋、里芋など

粉類 ・パン粉、片栗粉、小麦粉、餃子の皮、麩など

野菜類 ・にんじん、かぼちゃ、蓮根、ごぼう、空豆、とうもろこし

調味料類 ・ソース、ケチャップ、砂糖、みりん、白みそ、カレールー

御菓子類 ・お菓子類すべて

お酒類 ・日本酒、紹興酒、梅酒

飲料類・牛乳、スポーツ飲料、ジュース、炭酸飲料全般

上記一覧表にある「血糖値を上げる食品」を出来るだけ普段の食生活から排除して下さい。以下の食品に関しては、「大量摂取でなければ」という条件付きで食べても大丈夫な食品です。

長芋、ナッツ類、豆乳、バナナ以外の果物、無糖ヨーグルト、練り物(かまぼこ、ちくわ)などの食品は注意して食べて下さい。 アルコールは、糖質ゼロと表示があるものやウイスキーと焼酎は飲んで大丈夫です。赤ワインはグラスワイン1杯ほどなら問題ないです。 また血糖値を上げる食品の代名詞の「いも類」の内こんにゃく芋は大丈夫ですからね。

血糖値を上げやすい食品って私の好きなものばかりcoldsweats02

two血糖値を下げる食品

野菜など食品・葉物野菜全般、玉ねぎ、にんにく、レモンおくら、きのこ、寒天、海藻、瓜、ブロッコリー

魚介系食品・あさり、かき、たこ、いか、鯖、鰯、秋刀魚

調味料系・酢、オリーブ油、シナモン

その他食品・納豆、大豆、玉ねぎ茶とゴーヤー茶

| | コメント (0)
|

2013年7月 4日 (木)

糖尿病予備軍になってると言われて(-_-;)(1)

先日の負荷検査で、食後2時間の血糖値が155と、しっかり糖尿病予備軍になっていると言われてしまったcoldsweats02

で、生活習慣を改善すべく、インターネットでいろいろ情報を集めてみた。

同じような方の参考になれば…

ただし、いろんなサイトからの寄せ集めです。

one糖質制限食ではまず日本人の主食となる「米」「麺」「芋」などを制限します。これらを抜けば、食後血糖値は上がらずに正常値のままだという訳です。

始めの内は主食の米や麺類のない糖質制限食がツライと思うかもしれませんが、慣れればそれほどツラクなくなります。

そして主食の米や麺類を食べずに糖質制限食をしていき、毎食2時間後に食後血糖値を測定して下さい。

食後血糖値とは食べ始めてから2時間後です。この食後血糖値を140mg/dL未満にするのが糖質制限食の目標です。

糖質制限食実施中、アルコールも糖質ゼロのものなら飲んで構わないです。糖質ゼロのビールはもちろん飲んでいいですし、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒も糖質を含んでいませんので、糖質制限食の最中に飲んで構わないです。

糖質制限食を全く苦にならない方がいらっしゃいます。普段から晩酌の習慣がある方です。長年夕食時にはいつも主食なしのつまみ生活だった訳ですから、糖質制限食が楽しくて仕方ないはずです。お酒が飲めて血糖値が下がるのですから・・・糖質制限食様様って感じではないでしょうか。

そういった方とは逆に、ライスなどの主食をどうしても捨てきれない方が、糖質制限食を脱落する方です。

ただ糖質制限食と言っても、昼は軽くごはん一杯(おにぎり1個ぐらい)を食べていい訳ですから、糖質制限食を実施して一日も早くヘモグロビンA1cを下げるべきだと思います。

糖尿病合併症になる確率の記事は読んで頂けましたか?ヘモグロビンA1c7%が10年続くと20%、8%が10年で40%・・・ですよ。糖質制限食をしてまずは食後血糖値を下げて下さい。

twoバナナは血糖値を下げる効果もあるけれど、食べてすぐには血糖値を上げる食品でもあります。

バナナには果糖やデンプンが多く含まれています。また食物繊維とカリウムも多く含まれています。 このデンプン・食物繊維・カリウムの働きが、バナナは血糖値を上げるとも下げるとも言われる理由なのです。

バナナが消化され吸収される時に、デンプンがブドウ糖に変化し血糖値を上げます。 しかしバナナに含まれる食物繊維は、血糖値を上げるのを緩やかにしてくれます。

また同じくバナナに含まれるカリウムは、血糖値を下げて、インスリンの働きを助ける効果があります。

なので結果的に同じ分量のブドウ糖を食べたときと、比べてバナナの場合は血糖値がゆっくりと上がり、その後下がると同時にインスリンの分泌をよくしてくれるので、ブドウ糖だけのときと比べて血糖値が下がるということです。

しかし、バナナは一度血糖値が上がるので、食事の時にご飯などの炭水化物と一緒にとってしまうと一気に上がってしまいます。

なので食事の前にバナナを1/3本ほど食べ、バナナによる血糖値の上昇が落ち着いてインシュリンの働きが良くなった1時間半ほど後に食事をすれば、炭水化物による血糖値の急上昇を抑えることができます。 値段も安く簡単に買えるので、食後血糖値を安定させるには、バナナはお手軽でいい食品だと思います。

まあ、私の場合は糖質制限食は無理なので、一食あたりのご飯の量を減らそうかと…coldsweats01

| | コメント (0)
|

2013年2月20日 (水)

風邪をひいてしまったのでtitianを拝見…

先日、管理栄養士さんなど、食 栄養の専門家にいろんな相談ができるSNSサイト”titian”(ティティアン)の紹介をしましたが、私の相談にも丁寧に、親切に答えていただき、とても勉強に、参考になりました。

私の他にもたくさんの方が様々な相談をしているので、私が困っている、冷え性と、ただ今現在の私の風邪を何とかしたいと思って、ちょうど同じ事で相談をしている方々がいらっしゃったので、栄養士さんたちの回答を拝見しました。

自分で冷え性という名前がつくようには考えてこなかったのですが、やはり五十代になってから、そして還暦の今ももちろん、如何に自分の手足が冷えやすいか、その冷えがお腹などに影響するか、ひしひしと感じるようになりました。

そのうえ、冷えると、腰痛や、いろんなところの神経痛のような痛みも起こってくるんですよねえcoldsweats02

管理栄養士かなさんの回答に「熱は筋肉で作られます。筋肉が減ってしまうのは冷え性の元になってしまいます」とあって、私の冷え性がひどくなった原因がわかりました、筋肉の衰えdownannoy

アーモンドなどのナッツ類でビタミンEの補給も必要だってsign01

栄養士の金子明子さんが仰る体を温める食材も参考になるなあgood

それから、一刻も早く治して、三女の産後の手伝いに行きたい、この風邪bearing

日中はなるべく水分をしっかりとって、尿と一緒になるべく菌を早く外に出してしまうというアドバイス、 飲む点滴と言われ、ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類が含まれ栄養満点の甘酒もおすすめということも、ホント参考になるsign03flair

あなたも健康 相談栄養 相談をしてみませんかsign02丁寧なお答えがいただけますよsign03

titian ~ティティアン~

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログから頂いた情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)
|

2012年12月 9日 (日)

「マザマロー」は妊娠中に必要な骨ミネラルの補給にいいんだって

妊娠中の骨ミネラル摂取にマザマローがいいっていうことは、以前に初めて情報をゲットして、このブログにも書いたけど、サイトにある「マザマロー劇場」とか、「マザマローはここがちがう」というコンテンツを視聴して、母親の骨が胎児に使われるから、カルシウム、ミネラルの成分をバランス良く補給していくことが大切なんだなあ、と改めて実感sign03

原材料は骨カルシウム、ビール酵母、小麦胚芽、昆布末、栄養成分は、タンパク質などの他に、なんとこんなにたくさんdownwardleft

食物繊維、ナトリウム、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛、銅、ヨウ素、リン、マンガン、セレン、クロム、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸flair

ちゃんとした栄養補助食品だということだsign03

気になるカロリーは、一日の摂取量、40粒で、22.3kcal、パウダー8gで約24kcalぐらいになるかな。これなら安心だねgood

これ、このところ骨密度が下がり気味の骨粗鬆症が心配な、還暦の私にもいいかもcoldsweats01

サイトを見たら、サンプル請求ができるみたいだから、申し込んでみようかなheart04

| | コメント (0)
|

2012年11月14日 (水)

にんにくの利用方法はいろいろあるんだなあ…

次女の旦那が、ずっとアトピーで悩んでいるようだ。

食事療法、温泉療法……いろんな方法を試しているらしいけど、なかなかね……

そのアトピーだけど、”にんにくラボ”っていうサイトに、にんにくと入浴についての情報があり、アトピーににんにく風呂が効くとかなんとかいう情報があると聞き、ホンマかいなと思いながら覗いてみた。

まあ、にんにくは、まず食べて健康にいいということと、料理に入れると味が格段に良くなる、ということぐらいは、私でも知っているcoldsweats01

でもお風呂にsign02

にんにくの成分については何にも知らなかったけど、すりおろした時に出る、あの臭いの元はアリシンというらしい。アリシンは細菌の増殖を防ぐ、つまり抗菌作用があるが、刺激が強くて、接触性皮膚炎を起こすことがあるんだって。

嫌な臭いとして、あとで発生するのは、この不安定な物質アリシンが変化したもの。

でも、このアリシン、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという物質になる。

これは、水溶・脂溶性ビタミンB1で、口からも、皮膚を通してでも大変吸収しやすく、刺激も弱い。

だから、医薬品としてビタミンB1の補給に使われたり、治療に使われたりしているそうだ。

つまり、薬としての役目を果たすようになるということだ。

で、これがにんにくB1エキスとして皮膚炎に効果があるということが、1988年から行われている、大学などの基礎的・臨床的研究で分かってきているんだそうだ。

だから、このにんにくB1エキスが配合された入浴剤を入れた風呂に毎日入浴することで、アトピーや、老人性の痒い皮膚炎などに効果が期待されているということらしい。

にんにくB1エキス配合の入浴剤、いくつか出ているようだから、試しに使ってみるのもいいかもしれないな。

にんにくラボ

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログからの情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧