旅行・地域

2013年11月 9日 (土)

ハワイ、いつか行きたいんだけど…

自慢じゃないけど、まだ海外旅行には行ったことがない。

もちろん、芸能人の正月と言えばハワイ、のあのハワイでさえ、行ったことがないんだからしょうがないなあ

一生行かれるかどうか分からないけど、夢ぐらいはいいでしょ

旅行の計画立てるのは楽しいものね。

ちょうど、ハワイ専門の旅行会社、ファーストワイズツアーからの情報をゲットしたので、少ない資金で行かれる、年末年始あたりでツアーを試しに探してみるね

「ファーストワイズツアー」 のまずトップページを見てみる。

私のような初心者は、まず「はじめての方へ」にアクセス。

すると、「ファーストワイズが選ばれる理由」「ハワイ旅行のご相談窓口」「ツアーをさがす」「お支払いについて」「オアフ島以外のネイバーアイランド」「ハワイホテル図鑑」というコンテンツがあり、ここから必要なページにすぐアクセスできて便利そうだ

ファーストワイズが選ばれる理由」を見たら、ファーストワイズは、最初に問合せを受けたスタッフの人が専属で担当し、旅の全てを企画・手配してくれるんだって。

それでなくても、慣れない旅行の企画で不安いっぱいのこちとらにとっては、担当が入れ替わることなく手配を最後までやってくれるというのは、本当に安心だしありがたいよね

そうそう、ハワイハワイというけど、私はハワイのことよく知らないんだった

ネットで簡単な地図をゲット

Hawaiibase

まず、ワイキキ、ホノルルがあるメジャーな島はオアフ島で、ほかの島はネイバーアイランドというらしい。

ほかの島のツアーは「オアフ島以外のネイバーアイランド」のページを見るといいようだ。

まあ、私が行くとしたらオアフ島にする。

で、「ツアーをさがす」へ飛んでみる。

右の検索窓に、年末年始の繁忙期は無理だろうからちょっと外して、1月10日出発、出発地は東京、目的地はオアフ島、ツアー日数は「~6日」、予算は「~30万」、1ベッドルーム、ホテル、トロリー券付きで検索。

全23件を安い順に並べてみる。

”★2名様で広々とした1ベッドルームスイートのお部屋をご利用頂ける贅沢なプランです★”ということで、旦那とでも行かれそうだから、これかな、6日間、17.2万円

【広々ワンベッドルームスイート確約★うれしい毎朝食付き♪】■エンバシースイート6日間▼トロリー乗り放題券/ 13時入室/専用リムジン送迎付

2849_01

以上ファーストワイズツアーから紹介頂いた情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

「世界見聞log」って?

お好きな方が多い旅行 東南アジアは、しかし、まだまだ旅行先にする人は少ないかもしれない。

でも同じアジアの人間として、一度はアジアを旅行してみたいと思うよね。

国内、海外、様々なところへ旅をしていて、様々な企画に携わっているトラベルプロデューサー、江藤誠晃氏が始めた旅ブログが「世界見聞log」なんだそうだ。

旅行するなら、これ、というおすすめが欲しい気がする。

旅行をし尽くしてきているプロの視点はとても参考になるだろうな。

ちょっと「世界見聞log」、眺めてみた。

例えば、あまり選ぶ人は少なそうなラオス旅行だけど、江藤氏はどう見ているか…

びっくりだけれど、ラオスが一番記事数が多い

だから当然それだけ写真も多いのだが、なんだか、日本の昔の風景を見ているような気がするなあ…

江藤氏は、ラオスの記事の中で、”豊かさには2種類があって、物質的(金銭的)な豊かさのように「量」で客観的に数値化できるものと、精神的な豊かさのように「質」で個々が主観的に感じるもの。言い換えるなら「外に積み上げていくもの」と「内に深めていくもの」だ”と書いている。

そして、ラオスに出会ってから”「内に深めていく」豊かさへの志向が次第に強くなっている”と言う。

ラオスのこの写真たち、私もなんだか惹きつけられる…

そういう生活には戻れないんだけど、時々は思い出したい、そんな写真の風景、人々、だ…

それから最近、氏が参加したという豪華客船の旅、いわゆる外洋クルーズ、一度体験してみたいなあ異国情緒たっぷりの横浜から乗って…

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログから頂いた情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

Pasar羽生とは?

本当に何をやってんだよーという政治家ばかりで毎日がっかりの連続だけど、地方はそれぞれで地域をもり立てようと庶民が頑張っている

ほんと、心から応援したいと思う

特に最近、パーキングエリアの話題が多い

店舗だけでなく、トイレなどの施設も充実。

全部が暖房洗浄便座、授乳室があったり、環境に配慮した施設が充実しているパーキングエリアの一つが、この、埼玉県羽生市のPasar羽生

市のゆるキャラは「ムジナもんと仲間たち」

ムジナもんは、頭に乗ってるモロヘイヤの葉と、天然記念物ムジナモでできたシッポが特徴

このムジナもん、だいぶ昔からあるキャラクターらしい。 「はにゅう七変化」を特技とし、羽生弁をしゃべるんだとか。

いろいろ研究されてるらしいけど、詳しいことはわかってないらしい。

こういうゆるキャラも珍しいかな、昔からあるって…

Pasar羽生に行ってきた、子育て中のにゃんさんのブログ、『にゃんのブログ』(http://ameblo.jp/otameshi3/entry-11525432168.html)にも、ムジナもんの写真が

和風のサービスエリアってちょっと珍しいかも

ずんだ茶寮cafeが人気だって。ずんだ餅、ずんだシェイク、食してみたいー

ふかふかの蒸しケーキ風のプリンタルトだという、お土産の「ムジナもんファミリーのおやつ」も買ってみたくなっちゃった

Pasar羽生

Pasar羽生

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログから頂いた情報をもとに書きました。










**********

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

韓国情報&クーポンサイト”Tokujoy.com”って?

最近はドラマだけでなく、歌って踊れる、ハンサムな、そしてかわいいK-POPの人たちが大人気だから、おばさまだけでなく、日本の若い人たちも、韓国に興味しんしんなのでは

だから、もちろん韓国旅行も超人気

一度は行ってみたいと思っている人に、なんとクーポン情報も提供してくれる韓国旅行の情報サイトを紹介します

それが韓国情報&クーポンサイト”Tokujoy.com”

エステ、マッサージ、ネイル、メイクからグルメやショッピングまで、5%、10%割引から、なんと50%割引のクーポンまでずらっと並んでますよ

サイトのページには、お勧めの観光地や、今、注目のお店の情報や、韓国スターの最新情報も載っていて、ますます韓国に行きたくなりそう

そうそう、なかなか着ることのできないチマチョゴリを着て写真を撮ってもらえるチマチョゴリ村のクーポンもあったっけ。これも注目

ミュージカルや伝統芸能鑑賞のチケットもゲットできるよ

おっと、忘れちゃいけない韓国旅行の格安ツアー情報ももちろんゲット

現地での文化遺産を回るツアーや、今の韓国の最先端のソウルタワーやアウトレットツアーまで

それからちょっと耳より情報

ソウルの明洞にある、可愛い雑貨店「ピローヌ」で売っている、超カラフルな、毛先の丸い、取っ手が持ちやすくなっているというヘアブラシは、なんと映画「アジョシ(おじさん)」で主演した、あの韓流スターのウォンビンさんが、その映画で共演したキム・セロンさんに贈ったプレゼントだったんだって

そのことを、キム・セロンさんが自分のホームページにアップしたものだから、同じモデルの、このブラシが売り切れになったというエピソードがあるらしい。

このお店ものぞいてみたいね

しかも、このブラシ、大きさがLサイズ、Sサイズがあるんだって、ヘエー

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

「チントラ」ってなあに?!

円高でまた海外旅行人気が高まっているとか…

いいなあ、できれば年末年始、家事ほっぽり出して、一度ハワイに行ってみたいものよねえ

そうそう、ウェブで「チントラ」って言葉見かけたんだけど、何の事だか知ってる

実は、テレビのCMでもおなじみ、賃貸や不動産情報の週刊”CHINTAI”の100%子会社の「CHINTAIトラベルサービス」のことなんだってこれは安心

「チンタイトラベルサービス」、略して「チントラ」ってわけね

費用は安かったけど…なんて旅は紹介しない、でも、できるだけお手頃に、それなのに満足できる、いけてる旅行、つまりイケ旅をたくさん用意してくれてるって

たとえば、チャイ旅(チャイナエアラインを使ったツアー)だと、成田発ホノルル チャイナエアライン・エコノミークラスで行くハワイ6日間(お得なエコノミークラスホテル宿泊で、64,800円~ 94,800円)とか、デル旅(デルタエアラインを使ったツアー)なら、成田発ホノルル ハワイ・フリー5日間(お得なエコノミークラスホテル宿泊で44,700円~ 69,700円)とかね。

チョビリッチ(ちょっとリッチな旅行)がいいなあ、という人には、成田発ホノルル ゆったりビジネスクラス チャイナエアラインで行くハワイ6日間(ミラマーアットワイキキに泊まる 119,800円~ 129,800円)っていうのはいかが

ミラマーアットワイキキって、三ツ星ホテルよ

さあ、あなたも安心なチントライケ旅に行ってみない

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

”レインボーツアー(代表 原山庫佳)”って何?!

レインボーツアー(代表 原山庫佳)とは、1974年 3月に、代表の原山氏が創設した国際開発株式会社が、インドネシア、ベトナムなど東南アジアへの旅行を専門に扱ってきたツアーなんだって

それに、2004年にはバリ島にパラダイスバリラウンジをオープンし、このツアーの旅行者が到着してすぐ、そこでくつろげるようになっているらしい

ツアーの種類はいろいろあって、デジタルパンフレットが手軽に見られるようになっている。ワクワク

私なら東京から出発の「選べるバリ島」のツアーがいいなあ

Active、Beauty、Cuture、Dinnerの四つから選んでゆっくり旅を楽しめる。

やっぱり旅は強行軍でないのがいい。

私はCultureとDinnerを選ぶ。寺院見学と神秘的なあのケチャダンス鑑賞、伝統の衣装も着られて

そして、どうしてもグルメは外せない。サンセットディナークルーズもあるって

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

沖縄の楽しみ方、今はこういう方法もあるのね!

沖縄、特に島は大好きで、新婚旅行、そののち長女と一緒に、二回行ったことになる。

石垣島、竹富島。自転車で回ったりもした。

これは私にはもうちょっと無理だろうけど、元気な若い人には、沖縄のあのコバルトブルーの澄んだ海を直で満喫するには、絶好の方法だよね

いいなあ、もっと若かったら参加するんだけどなあ

それは沖縄 シーカヤックで半日楽しむというなプラン

シーカヤックに乗ってのんびり無人島を目指すんだって

最大8名という小人数で、一人七千円で、タオルと水着があれば後は全部かしてくれるって

その時の写真もアルバムにしてくれるって

このツアーをやってるのが、ネイチャーツアー専門店「アースシップ沖縄」

大阪生まれの幼なじみ、古賀新(あらた)さんと、松尾伸二さんの二人で、みんなに楽しんでもらって「来るときはゲスト、帰るときは友達」という旅をしてもらえるようにするのがモットーなんだって

昼寝も楽しめるような大きなワゴン車に現地まで乗せてくれ、みんなを楽しませるアイテムもいろいろ中に準備しているらしい

楽しそうだなあ

ホントこれならもう帰り路にはみんな友達だよね

| | コメント (0)

2010年11月30日 (火)

タイのプーケット旅行ならエクスペディアで!

一度行きたいと思っている海外の場所の一つがタイのプーケット島。バンコクから飛行機で約1時間10分で到着する。

ここは、今、ベストシーズンの乾季(11月~4月)にあたり、晴天が続くのだそうだ。

タイは今でも伝統が息づいている国だと思うし、あの独特の雰囲気も一度味わってみたい。

それには、カマラビーチにあるテーマパーク、「プーケットファンタシー」がいいかな。

そこにはかつて「カマラ王国」があり、若いカマラ王子が統治していたという幻想的な神話がカルチャーショーとして上演されるそうだ。

併設の、巨大なレストラン「ゴールデン・キンナリー」でタイ料理も満喫できる

海がきれいで、シーウォーカーができるというタイのコーラル島へもスピードボート(約10~15分)で渡ってみたい

そして、プーケット ホテル を予約するなら、おなじみ世界最大のオンライン旅行会社「エクスペディア」がいいね。

何しろ、自分の家の中で、パソコンの前に座っているだけで、24時間、リアルタイムで空き室検索ができ、その場ですぐ予約ができるという簡単さなんだから

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

”みんなで作る茨城県CM動画“完成!

最近、いたるところで地域おこしの活動が盛んだけれど、茨城県では、県を盛り上げようと、みんなで作る茨城県CM動画プロジェクトを立ち上げ、動画のネットワークfilmoを使って、特産品や観光をテーマに、全国から動画を募集したんだそうです。

このたび受賞作品も決まり、上位の作品をつないで一つの、茨城県のCM動画が完成

皆さんの、本当に手作りだということがよくわかる、ほっこりするCMになっています

応募した方々の茨城県に対する愛情が伝わってきますね

地方ガンバレ

以上プレスブログからの情報でした。

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

最近はついホテルを使っちゃう

旅行と言うほどではもちろんないんだけど、首都圏に住む娘のところに行ったり、ちょっとライブに行って夜遅くなった時にも、最近は体力の衰えを感じていて、ついホテルをインターネットで予約して一泊してしまう

もちろん我が家の家計は苦しいから、豪勢な施設に泊まるわけにはいかない。

末娘が言うには、大手のチェーンの施設の方が、質が一定していて、当たりはずれがないよ、ということなんだけど、私は、その時その時で、インターネットの旅行サイト、宿のサイトで、カプセルは無理だけれど、それ以外で、用を足した地域からそう離れていない場所で、コンビニが近くにある、できるだけ安いビジネス系(できれば4千円台)を探す。

ちょっと場所が駅から遠くて歩いてしまうこともあるが、今のところ、当たり外れなく(と言ったって一泊だからね、風呂に入れて眠れればいい)、泊まることができている

朝食はもちろん無しにするけど、たまに、朝食付きの方が安いこともあるその時はそっちにするが、その朝食も結構ちゃんとしてて、スタッフのサービスも気持ちがいい。安いホテルも捨てたものではないのだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧