文化・芸術

2009年11月14日 (土)

SPACの”リーディング・カフェ”に参加しませんか?

静岡県三島市付近にお住まいの皆さんにお知らせですsign03

SPACって知ってますか?財団法人静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center)の略称です。

SPACは、国内では数少ないことですが、専用の劇場を持った文化事業財団なのです。

その劇場とは、JR東海道本線東静岡駅に隣接したグランシップ内にある「静岡芸術劇場」と、豊かな景観で有名な日本平の北麓につくられた「舞台芸術公園」。

そこを拠点に、専属の俳優とスタッフが、静岡県、そして全国のみなさん、そして若い人たち(小学生、中高校生)を巻き込んで、舞台芸術の上演・紹介、招待鑑賞会・朗読会”リーディングカフェ”の実施など、多彩な事業を行っています。

今年は、太宰治生誕百年で、先日、太宰治ゆかりの沼津、三島で、SPACによる『走れメロス』が上演され、なおかつ、来週11月17日には、SPACの俳優とともに、『走れメロス』を読む、という”リーディングカフェ”が開催されます。”リーディングカフェ”は静岡市内ではたびたび行われていますが、三島では初めて。

日時:2009年11月17日(火)18:30から
読む本:太宰治『走れメロス』
会場:Gallery エクリュの森(http://www.ecru-no-mori.jp/g-em/index.html
参加料金:1,000円(資料代、ワンドリンク込み)
定員:15名
お申込み:SPACチケットセンター(TEL 054-202-3399)

参加してみませんか?詳しいことは、SPACのホームページを見てください。

エクリュの森の地図ですdownwardrightMapclick

| | コメント (0)
|

2009年8月 4日 (火)

音楽座ミュージカル「泣かないで」って?

私自身はもともと演劇にはそれほど興味を持っていなかったが、次女が高校で演劇部に入り、その後結局、芸術大学で舞台照明を学ぶことになり、卒業後も舞台照明の会社に入ったりしたので、自然と、演劇とか舞台とかいうものにも関心を持つようになっていった。

故郷の県に帰って転職後も、次女は舞台に関わる仕事に就いている。そして、私も、彼女が今度職を得た団体の主催する舞台を見に行ったりもしている。

で、どうしても、演劇舞台が気になる。

以前、次女が読むといいよ、と遠藤周作氏の『わたしが・棄てた・女』(昭和38年発表)を薦めてくれ、古本で買って読んで、本棚にまだその本がある。

その『わたしが・棄てた・女』を”音楽座ミュージカル/Rカンパニー”が、厳選された俳優によって演じられるミュージカルに仕上げたのが『泣かないで』shine

公演予定は、2009年12月19日(土)~29日(火)東京芸術劇場中ホール、 2010年1月16日(土)・17日(日)グリーンホール相模大野、 2010年2月6日(土)・7日(日)イオン化粧品シアターBRAVA。

どうして『泣かないで』という題名なのだろうと思ったら、どんな時にあっても他人の幸せを思った森田ミツという女性の思いが、ナチスの時のガス室に送られる前に、ユダヤ人の女の子が残される母親の気持ちを慮って書き残した「泣かないで」と重なるということから、この題がつけられたんだそうだ。

もう一人の主人公吉岡の汚い思いにも、何とか愛で答えようとし、自分がどんな状態にあるときでも、困った人を見ると助けずにはおられなかった、そして、最後は、不慮の事故死を遂げる。

きっと、もう苦しまなくていいと、神が召されたのだろう……

どのようにミュージカルで森田ミツが描かれるのか、チャンスがあれば見てみたいconfident

| | コメント (0)
|

2009年1月23日 (金)

日本人として内面から美しく

昨今は不況の嵐が吹き荒れ、家計も節約しなくてはいけない家庭が多くなって、多くの人が家や家族を大切にすることを思い出したのではないかとよく言われます。

それと同時に、自分の内面を見つめなおして、自分自身のレベルアップをはかったり、あるいは、日本人としてのアイデンティティーを確かめようと思っている方も多いのではないかと感じています。

最近のアンティークのきものブームとか、漢字ブームとか、江戸ブームなんていうのはみんなそういうことなのではないでしょうか。

私も本当は着物を着て、日本人としての楚々とした身のこなしを身につけたいものだといつも思うのだけど、なんせひどい汗っかきで、着物をダメにしてしまうので、それは夢で終わりそう。

着物の着付けは、私は結局覚えないままになってしまいそうだが、世の中では装道というものが提唱されていて、美しい着付けを身につけるだけでなく、人間としての礼儀や、人に対する思いやりや優しさをもった、人として内面も美しくなろうということらしい。

内面が美しければ、その立ち居振る舞いも、形だけでなく、気持ちのこもった、相手にしっかりと思いが伝わるものになるのだろうなあ。

| | コメント (0)
|

2008年12月 4日 (木)

黛まどかの「俳句deエコ・カレンダー2009」とは?

来年のカレンダーは、もうゲットしましたか?

使用後にブックカバーになるというエコなカレンダーはいかがでしょうかsign02

女流俳人の黛まどかさんが、小林一茶、良寛、松尾芭蕉などの、四季を感じられる俳句を選び、季語とともに俳句の解説をし、その俳句をカレンダーを毎日見ながら味わうことができるようになっている。

特に、私など、侘び・寂びがわかっちゃいない、がさつな人間が、このカレンダーを毎日見て、あれすさんだ世の中にため息をつきながらも、ひと時ホッとできるかもしれないなあconfident

俳句を覚えてしまえるかもwink脳にも良さそうscissorshappy01

写真は、南浦護さんという写真家の方が撮り、ヒビノコスモさんというデザイナーの方が、ブックカバーとしても使えるようにデザインされたそうだ。

この素敵な和のテイストのカレンダーは、MMセレクトショップで買えます。

12月7日までに購入すれば、2,600円のところ、なんと特価1,900円(送料・税込)で買えるんだそうですsign03moneybag

心に染み入る写真と俳句をじっくり味わってみませんかsign02

| | コメント (0)
|

2008年10月10日 (金)

"CULTURAMA"(カルチュラマ)とは?

CULTURAMA(カルチュラマ)とは古代エジプトの歴史と文化を紹介するパノラマ映像システムのことで、「カルチャー」と「パノラマ」の二つの言葉を組み合わせた造語らしい。

なんと九つの投影機を使って、18メートルもの長さの半円状のパノラマスクリーンに、生き生きとした映像を映し出すというmovie

CULTURAMAは、エジプトが誇るアレキサンドリア図書館の中の、CULNAT(エジプト文化自然遺産ドキュメンテーションセンター)が開発した設備なんだそうだ。

CULNATの役目は、エジプトの文化遺産、自然遺産を記録し、一般に広めること。既に、世界中のいろいろな国際イベントで、このCULTURAMAを紹介している。

このたび、「2008年日本・エジプト科学技術年」の特別企画として、10月16日(木)から24日(金)までの一週間、東京六本木の政策研究大学院大学(GRIPS)内「想海樓ホール」で一般公開されるんだってsign03

15日(水)には、プレビューイベントとしてブロガー対象のCULTURAMA体験イベントも開催されるって書いてあるから、参加可能の方すぐ申し込んでみたらsign02まだ締め切っていないといいねsign03

私は残念ながら、術後の身だし、ちょっと距離が…crying

見に行かれる人、うらやましいbearing

義兄がエジプトの文化、歴史マニアだから、これ教えてあげようかな。もう知ってるかもcoldsweats01

| | コメント (0)
|

2008年9月 4日 (木)

内面から美しく!「装道礼法きもの学院」

最近、だいぶ、きものが見直されてきているようだ。昨日のテレビで、小泉今日子さんが来ていた竹を材料にして作られたという着物がとても素敵だった。値段もそれほど張らない。ちょっと見とれてしまった。縞のモダンな帯もshine

さすが女優さん、美しく着こなし、立ち姿も美しかったが、きものを着ると、その人の品がわかる気がするなあ。アイドルから、女優、ナレーションなど、幅広く活躍し、内面を磨かれているから、あの背すじのピンとした立ち姿と美しい所作になるのだろう。

私など、きものを着たら、まさにお里が知れてしまうcoldsweats02キャーshock

こんな年齢になっても、恥ずかしながら、実は自分できものが着れないあっしでござんすcoldsweats01

「装道礼法きもの学院」が提唱する「装道」は、きものの着つけばかりでなく、日本の心、礼儀や作法を学ぶもの。

美しくきものを着、美しい身のこなしをして、礼の気持ちを学ぶ。こうして初めて、内面も振る舞いも美しくなる。

やっぱり日本の、道といわれるものは、華道、茶道にしても、武道、今何かと話題になる相撲道にしても、日頃の、何に対しても礼の気持ちを持ち、日本古来の品格ある所作を学んで、その道に真摯に励む、そういう精神的なものも含めた全体であるべきなのだ。

人に礼を尽す気持ちで、内面が美しくて初めて振る舞いも美しくなる、振る舞いに襟を正して、背筋をのばして凛とし、所作を正しくして、初めて内面もともに品が備わっていく。日本の道とは、良さとはそういうものなのだろう。

| | コメント (0)
|