住まい・インテリア

2013年10月28日 (月)

どんなスリッパがお好み?

毎日台所で履くスリッパ 、お客さん用のスリッパ、トイレ用のスリッパ、家庭内でスリッパが必要なところ、結構あるのよねfoot

台所、トイレ用は、汚れやすいってことがあるから、実用的なものがいい。

そうそう、それから、季節で変える必要もあるのよね。これからの季節はあったかいものがいいし、夏場は、涼し気なものがいい。

毎日履くものは消耗もする。

で、私も、そろそろ台所用、そして、トイレ用を、新しいものに変えようかと思ってるんだけど、いつもご紹介してる、アスクルに、なんとアスクルのスリッパ特集 がある。なんでもあるんだなあconfident

早速拝見と行きますかeyeheart01

たかがスリッパだけど、アスクルは準備万端、いろんな条件から選べるようになってるgood

なんといっても、私の第一条件は、洗えることsign03

だから、「スリッパを用途・機能で選ぶ」→「洗えるスリッパ」→「価格の安い順」moneybag

無印良品が結構多く出てる。500円からある。

底が滑りにくいのがいいかなあ…色は濃い目のもの…

トイレはビニール製が手入れはしやすいけど、冷っとするからな、私は、素材は綿でいいと思う。

無印良品 綿シャンブレー洗えるスリッパがいいかな。525円っていうのも魅力goodshine

外縫いっていうのは、甲からつま先の周りにテープでくるんだ様子が見えるもの、吊り込みとは、甲の部分が中敷きを包み込んで、縫った部分が見えないもの、ということらしい。

さあ、あなたのお好みのものは見つかりましたかsign02

| | コメント (0)
|

2012年12月 8日 (土)

これはホント夢だよね、私にとっては、だけど(^^;

私も年をとってきて、住まいの近くに毎日、そして緊急の時に必要な施設が、歩いてでも行かれる、車に乗るのでも、できるだけ何分もかからない場所、そして、できれば、都会の賑やかな、文化的な雰囲気も、身近に感じられる場所、それが住む場所として最高の、夢の場所だと思うようになってきている。

年齢を重ねると、どうしても、健康に不安が出てくるし、持病を持つかもしれない。

まずは、医療施設が近くにあって欲しい。

そして、毎日の生活に必要なもの、食料品や雑貨がすぐ買える環境にあること。

これらは基本中の基本のように思う。

働き盛りの世代、子育ての世代にとっては、もちろん、教育施設もそばにあることが望ましいだろう。

そういう住みやすさに加え、自然が身近にある所なら最高sign03

今回、レビューブログさんから情報を頂いた、東京文京区 マンション、15階建ての眺望 マンションで、来年1月下旬販売開始予定のソラシア小石川は、その理想にぴったりだと思う。

そんな、ソラシア小石川を手に入れられる人が、なんと羨ましいことかlovely

近くにある主な施設をあげると、もう羨ましさが増すばかりだheart04

グルメシティ、ローソン、セブンイレブン、歯科医院、耳鼻咽喉科、整形外科、東京大学医学部附属病院までsign03

東京ドーム、小石川植物園、児童遊園、銀行、交番……

ソラシア小石川 交通アクセス

眺望 マンション ソラシア小石川

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

以上レビューブログからの紹介でした。










**********

| | コメント (0)
|

2011年6月 9日 (木)

「年金疎開」って?!

サスティナブル スタイル』って知ってますか?

「50代からの住まいづくり&リフォーム」を提案する雑誌、そしてそのサイトの名前ですsign03

そこで提案しているのが、新しい暮らしのトレンド「年金疎開shine

疎開ですから、今住んでいる市街地よりもちょっと田舎暮らし、つまり、土地や家賃、生活費も安いところへ住み替えをしてみない?というお誘いsign03

60歳になるとそろそろ少しずつ年金を頂けるようになってきます。

そしてその頃は、子育ても終わり、自分たちのこれからの生活を考える時期ですよね。

その時に、今より少し田舎に暮らして、今まで住んでいたところを、例えば、一般社団法人”移住・住みかえ支援機構”(JTI)の「マイホーム借上げ制度」を活用したりして、他人様に貸し、その毎月の家賃より少ない支払いのローンで、田舎暮らしの家を買ったり、安い家賃で家を借りたりすれば、年金に加えて、少々、収入が増えるということにもなる、とちょっとお得な提案なのですgood

今は町に住んでいるけど、里山や田舎の自然を楽しみながら、年金で暮らしていきたいと思っているシニア世代の方への、こういう、僅かでも収入が増えますよ、という一つのライフスタイルのオススメというわけなのです。

詳しくは、『サスティナブル スタイル』最新号を見てくださいねsign03scissorshappy01book

| | コメント (0)
|

2011年2月22日 (火)

間伐材を使ってグッドデザイン賞!中央住宅”ポラス”

ここのところ中央住宅ポラスのサイトをよく見ていますが、何年も続けて、建築の様々な分野で、日本産業デザイン振興会の主催による「グッドデザイン賞」を受賞しているんですねgood

それも、結構、最近見なおされている日本の伝統、いわゆる”和風”のデザインでも受賞しているのには驚きました。

2010年受賞の、室内用珪藻土左官壁「侘び土(わびつち)・寂び土(さびつち)」も素敵ですし、私が散歩途中で見かけた、畑の跡にできた分譲住宅と同じ30坪で、こんな素敵な、落ち着く感じの和風の建物ができるんだとびっくりした、2009年度受賞の器の家「和美庵」は、見とれてしまいましたsign03

そして、森林問題、間伐材の問題に関心がある私としては、同じく、2009年度受賞の、なかなか利用範囲が広がらない間伐材を使った、木製組立て構造部材システム「WBB」システムⅡは、感心しきりですconfident

受賞履歴すべて、なかなか世間には見えていないところでの、社会貢献ですねribbonshine

南仏風、スペイン風、などといった現代的、個性的な分譲住宅を手掛ける一方で、地道な底辺での努力、これには感心しましたconfident

| | コメント (0)
|

高齢になった時のことも考えて住まいを…

実家の母(81歳)が去年の暮れに右大腿骨を骨折し、リハビリで何とか杖をついて歩けるようになったものの、歩き方は不安定で、見守りの必要がある状態になった。

今までのように一人で、商店である実家の住居部分に、一人で置いておくことはできそうもなくなってきた。

かといって、弟たちの家族と一緒に住むのは、一度は考えたが、弟のお嫁さんの体の具合がよくなく、姑である、私の母と一緒に住むことについては、ドクターストップがかかってしまった。

つまり、もう、老人ホームしか手がないわけだ。

それで、弟夫婦と私とで、老人ホームの品定めを始めている。

施設と言っても、あまり遠くては本人も不安だし、家族も頻繁に行かれなくなる。

だから、できるだけ近いところで、いざというときの医療の準備もしっかりしているところを目指して探しているところだ。

一軒の家を建てる時に、あまり、自分たちが高齢になった時のことまで考える人はいないのかもしれないが、こうやって施設探しなどをしたり、自分たちの老いを感じ始めてみると、高齢になっても快適に住めるところ、すなわち、医療や介護のサービスを受けられるような立地のところを考えることも必要かもしれない。

そういう意味でも中央住宅ポラスの分譲住宅、至近ではORENGEPROJECTなどを見ると、そのあたりまで見通しているのではないかとさえ思える。

| | コメント (0)
|

分譲住宅っていうのもいろいろ…

夜にホクトを連れ、旦那と週に三、四回、散歩に出かけている。

最近は、少々コースを変えるのが面倒になって、山の方に向かう登りのコース(もちろん帰りは下りcoldsweats01)に、毎回行くようになってしまった。

すると、以前畑だったところの土地が売られ、個性的な家が七軒ほど建ちつつあるところの住宅の出来上がり具合の変化とか、その隣の同じように畑だったところが分譲住宅になって、そこも七軒だけど、最後まで残っていた住宅に灯りがともって、ああ、やっと買い手が見つかったんだ、と気がついたりする。

その分譲住宅は、各戸30坪と聞いている。

家と家は隙間なく建てられていて、それぞれ間取りは少しずつ違い、二台分の駐車スペースはあるものの、南北に二列になっているから、北側の家々は、日当たりの面で難があることになる。

だから、最後まで残ったのは、北西の隅の一軒。

そこに二、三日前に通った時に灯りがついていて、やっと売れたんだと他人のことながら、なんだかホッとしたconfident

でも日当たりが悪くて洗濯物も乾かないだろうなとか思うけど、ほかの家々も、文字通り猫の額ほどの庭で、窮屈そう。

まあ、それなりの値段らしいけれどmoneybag

そういう分譲住宅を見ているし、分譲って大体そんなもんだろうと思っているけど、先日も書いた中央住宅ポラスの分譲住宅は、そりゃ、それなりの値段ではあるけど、敷地にしても、家の中にしても、街路、そこに植える木々にしても、長くそこに住む人のことを一番に考え、そして、間取りも家の外観も個性的にして、楽しんで、気持ちよく暮らせるように、隅から隅まで気配りがされているなあ、と思う。

そこに住む人のことが、前にも書いたけど、羨ましいことしきりなのだconfident

| | コメント (0)
|

2011年2月19日 (土)

「ORENGEPROJECT」(オレンジプロジェクト)とは?

「ORENGEPROJECT」とは、中央住宅、ポラスが、このたび、埼玉県内、JR武蔵野線の吉川駅(または予定されている新駅吉川美南)に至近の地域につくり上げる分譲住宅地sign03

ポラスの分譲住宅は、購入した人たちの満足度が高いということだ。

特に、リビング、浴室、日当たり、キッチンと、一番生活の中心になるところ、そして一番気になる水周りに満足度が高いという。

これは大切なことだなconfident

今回始動のこの「ORENGEPROJECT」(オレンジプロジェクト)の住宅も、フレンチ、スパニッシュという欧風の素敵な外観の住宅で、内部は、まず、天井が高く、曲線を使った気持ちの良い玄関、リビング。

階段の一段の高さを低くし、段差を少なく、手すりや、ちょっとした照明にも気配りがされていて、年齢を重ねても住みやすそう。

シンクとカウンターが一体で掃除しやすい設計のキッチン、保温浴槽、エコジョーズと浴室のエコも怠りない。

外に関して言えば、実のなる街路樹の配置や、周辺環境も、学校、病院、買い物エリア、けやき並木が近く、気持ちよく住めるための環境も整っている。

サイトを眺めれば眺めるほど、羨ましくて仕方なくなる分譲住宅地だshineconfident

| | コメント (0)
|

2011年2月10日 (木)

こんな素敵な家に住めたらなあ!

前にも書いたけど、散歩途中の二か所の田畑に、次々と住宅が建ちつつある。

今の分譲住宅は、間取りも外見もバラエティーに富んでいて、選ぶのも楽しいんだろうなあ、と羨ましいことしきりだ。

先日ご紹介したポラスの分譲住宅も、最近よく見かける、スパニッシュ系とか、魔女の宅急便に出てきたヨーロッパ系の、素敵なデザインの住まいばかりで、どこの分譲住宅のサイトを見ても、そのたびに見とれてしまって時間が知らないうちにたっているcoldsweats01

そして特徴的なのが、街路や庭などの緑の多い環境だgood

いろんなポラスの分譲住宅の中で、たとえば、子供のこと、あるいは、年取っていく自分たちのことを考えて、学校、買い物エリア、病院、と検索条件を付けたら、南柏が最寄り駅の”デライト南柏 スパニッシュスタイル”がヒット。

以前にもご紹介した、リビングを通って各部屋に行くようになっている間取りだsign03

都内にも一時間圏内の南柏。本当に周りを教育施設、医療施設、公共施設などが囲んでいる環境だscissorshappy01

もう一つ嬉しいのが、子供の成長に伴って、部屋数が増やせるフレキシブルな家だということshine

設備もエコに配慮して、断熱性、気密性、ガス給湯器、エコ浴槽など充実しているflair

いいなあいいなあ、こんな家に住んでみたいconfidentheart04

| | コメント (0)
|

2011年2月 6日 (日)

コミュニケーションを大切にする家の間取りって?

先日、日当たりも良く、よく間取りも考えられているポラスの住宅についてお知らせしましたが、ポラスは子供を育てるのに良い環境づくりのための間取りも考えているんだそうですsign03

これはほかの住宅にはなかなかないんじゃないでしょうか。

私が子どもたちを育てるちょっと前あたりから、独立した子供部屋のある家というのがもてはやされ、その子供部屋でしっかり勉強してほしいという親の気持ちも強かったんじゃないかと思います。

ところが、娘たちが大きくなったころから、子供にいろんな問題が出始め、それの原因の一つが、子供が部屋に閉じこもってしまって、親子の間のコミュニケーションがとりにくくなったことが挙げられ始めていたような気がします。

昔のような、みんなが集まる居間の存在の大きさに気付き始めたり、子供部屋がなかった時代は、家族がみんな思い思いのことを居間でしているそばで、子供もちゃぶ台の上で勉強しているという、自然とコミュニケーションがとれる環境だった時代を懐かしがり始める傾向が出てきていたのではと思います。

それが、今はたぶん、かなり広まった考え方だったりするのではないでしょうか。

親子、家族の間のコミュニケーションの大切さ…

それを間取りではっきり実現しているのがこのポラスのようですgood

つまり、子供や家族が自分の部屋に行くのに必ず、リビングを通る間取りになっているということですscissorshappy01

| | コメント (0)
|

2011年2月 5日 (土)

一度でいいから新築の住まいに住んでみたい…

私は実は一度も新築の家に住んだことがありませんthink

最近、夜、旦那と一緒にホクトを連れて散歩に行く途中の道沿い、次々と、畑の跡地に新築の家が建っています。

通るたびに羨ましいなあ、と思うんです。

いつか一度でいいから新築の家に住んでみたい。

でも家を建てるということは一生に一度、それも超高額の買い物ですから、住宅会社は選びに選びぬかなければ…confident

親せきの人たちが口をそろえて言うのは、やっぱり頼むなら大きな、老舗の会社に頼むのが一番、ということです。

ウェブで見かけた、JR武蔵野線の新駅にできるオランジェ吉川美南という分譲住宅を手掛けるポラス(株式会社中央住宅)も1969年創業の老舗ですね。

腕の立つ職人さんを育てるという姿勢もあるという会社らしいgood

ここの分譲住宅、日当たりのいいリビング、家事コーナーもある主婦に嬉しいキッチンなど、羨ましいことばかり…shine

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧