スポーツ

2010年5月23日 (日)

白鵬が14日目に黄金のまわしをつけた

昨日、白鵬は黄金のまわしをつけて登場した。

北の富士勝昭氏は「途中からまわしをかえるとは…まわしは体になじまないと…大丈夫なのかね…白鵬らしくない…」と、少々不服のご様子だった。

いえいえ、皮肉や批判を言ってるんではありません。私は北の富士さんの毒舌、ハンサム度の大ファンなんで。

彼の解説聞いてるの好きですもんcoldsweats01昨日もNHKラジオに出演してた。

Kitanofuji

ところで、あの黄金のまわし、輪島さんに関係してたんですね。

それについての記事をいくつか……

**********

輪島に並んだ白鵬、金のまわしで大関圧倒

2010年5月22日(土)22時30分配信 読売新聞

白鵬が金色の締め込みで登場。  

元横綱輪島に並ぶ14度目の優勝を果たし、「先輩」と同じ色のまわし姿を披露したいと考えた。  

「負けられない気持ちはあった」と言う白鵬は立ち合い、琴欧洲に攻勢を許したが、左上手を引くと大関を圧倒。「まずまずだね」と満足そうだった。

-----------------------------

輪島「白鵬と親子みたいなもん」/夏場所

2010年5月22日(土)9時49分配信 日刊スポーツ

<大相撲夏場所>◇13日目◇21日◇東京・両国国技館
 自分の記録に並ばれた瞬間は、東京・新宿区の所用先のテレビで見た。第54代横綱の輪島大士氏(62)は、白鵬のV14をわが事のように喜んだ。「もう、素晴らしい相撲。充実していますね。これからは、トップの優勝回数を目指して頑張ってほしい。大鵬さんに続くつもりでね。彼は20回、30回と優勝する力があります」。
 初めて出会ったのは、白鵬が関脇だった約5年前。朝青龍の優勝パーティーで、旭鷲山(現・モンゴル国会議員)に紹介された。以来、ひんぱんに食事に行き、一緒にゴルフを楽しんだこともある。「白鵬とは親子みたいなもんなんですよ。相撲では『手が合う』と言うように、気が合うんですね」。
 故郷・石川県七尾市で毎年1月、2人でトークショーを開く。今年でもう4回目。白鵬は必ず、入院中の輪島氏の母乙女さん(89)を見舞う。輪島氏は角界を離れているが、白鵬からは「横綱」と呼ばれて慕われる。損得抜きの関係が、そこにある。
 輪島氏は言う。「天下の横綱が、うちのおふくろに見舞いに来る。おふくろが喜んじゃって…。いい男だ。おれは逆に感謝している」。東京・大田区の自宅には、白鵬が紗代子夫人を連れて、あいさつに来たこともある。会っても、相撲の話はほとんどしない。そこは、横綱同士の癒やしの場だ。トレードマークの黄金まわし。白鵬がつけるのを、楽しみにしている。【佐々木一郎】
--------------------------

青龍を石もて追った角界・マスコミにあえて問う

土俵上の強さこそ「横綱の品格」ではないのか

(SAPIO 2010年5月12日号掲載) 2010年5月13日(木)配信

朝文=輪島大士(元横綱)

悪役横綱・朝青龍の登場で「横綱の品格」問題が長年マスコミを賑わし続けた。しかし、この議論こそ相撲界衰退の元凶ではないのか。北の湖とともに「輪湖時代」を築き、自身も豪快な振る舞いでマスコミの批判を浴びた元横綱、輪島大士氏が、真の横綱論と相撲界再生について語った。

 相撲協会からいただいた私の横綱推挙状には「品格力量抜群に付き横綱に推挙す」と記されている。協会が横綱は単に強ければいいとは考えていないことは確かである。

 しかし、私は横綱の品格は昇進後に作られるものだと考えている。つまり品格とは横綱の地位を守っていく中で生まれるもので、横綱昇進時に備わっている必要はない。あえていえば力士の品格とは土俵の上だけで問われるものではないかと思っているくらいだ。

 引退前の朝青龍のように、私も不良横綱と言われていた。リンカーンを乗り回し、稽古もしないで銀座を飲み歩いているとマスコミにバッシングされたりもした。だが、私は稽古を積み重ねてきた自分を信じて土俵に上がり続けた。

 朝青龍が人知れずどれぐらい稽古していたかは知らないが、稽古しないで横綱が務まるような甘い世界ではない。私だってやるときはやった。私は番付発表から初日までの2週間は徹底的に体をいじめ続けた。

 口の悪いマスコミは「ランニングしかしていない」と言ったが、走って横綱になれたら苦労はしない。あれは瞬発力の鍛錬。誰も見ていないところで付け人を背負って階段を駆け上がり、その後に部屋でバーベルも上げた。自分が強くなるためにどうしたらいいかと考え、自分に何が足りないかを常に考えた。四股、鉄砲は相撲の基本。ぶつかり稽古をして、申し合いをする。相撲が強くなりたい者がそれを怠るわけはない。

“遊び人の金さん”じゃないが、遊びはカムフラージュのつもりだった。高校時代、大学時代の肉体の貯金をプロでさらに増やした。それも私としては好きな相撲を取るためにやったことだ。あとはライバルが自分を育ててくれた。

 朝青龍とはたまにメシを食う仲だが、相撲が大好きな好青年だったと思う。昔の相撲のビデオを熱心に見ていて、私の取組もよく知っていた。「黄金のまわしを許可して欲しい」と言ってきたこともある。日本人力士より礼儀をわきまえている。

 私のトレードマークだった黄金のまわしは、休場明けの場所に「心機一転」ということでタニマチの方からプレゼントされたもの。当時は裏で協会からもいろいろ言われたが、まったく気にすることなく土俵に上がった。

 朝青龍は連勝中の05年3月場所に黄金のまわしで土俵に登場したが、栃東に28連勝を阻止されると、あっさり黒のまわしに戻した。実に朝青龍らしいと思った。

 朝青龍は悪役になっていたが、相撲に対する研究心は凄かった。たしかに私生活においてわがままな面があったが、それはむしろ日本の親である高砂親方の責任。歴代3位となる25回の優勝を重ねており、力士としての朝青龍を誰も批判できるものではない。

 私も場所中に「飲み歩いていた」と言われたが、それは誤解。銀座に毎日顔を出していたのは事実だが、ハシゴすることはなかった。いつも決まった店の決まった席に座っていた。当時、部屋が阿佐谷だったので、両国の最寄りの駒形ICから首都高に乗ると途中は銀座。ちょっと立ち寄っただけ。勝負師にしかわからないゲン担ぎだったのかもしれない。

 ただ、お酒を飲んで憂さを晴らしたことはないし、飲んでいても酩酊することはなかった。その日の取組が終わった瞬間から、翌日の取組のことで頭が一杯。少なくとも場所中は酔いたくても酔えないのが本音だった。

 場所中の15日間は、自分の相撲人生に終わりを告げる場所になるかもしれないという気持ちでやっている。こういう気持ちになるのは横綱だけ。平幕時代はゲン直しもしたが、横綱はゲン直しなどしている余裕はない。負ければ終わりだからだ。少なくとも横綱昇進直後の朝青龍にもそういう気持ちがあったと思うが、朝青龍を脅かす相手がいなかったことで、違う飲み方になっていったのかもしれない。

 ライバルがいなければ、私は14回も優勝できなかった。大関に同時昇進した貴乃花(初代)とは何度も水入りをやったし、北の湖は私にとって本当にいいライバルだった。

 北の湖の強さはハンパじゃなかった。優勝決定戦を何度もやり、2人で何場所も優勝を独占した時代があったが、北の湖が横綱に昇進するまでは私もひとり横綱だった。

 忘れもしないのが、北の湖が大関として連続優勝を狙っていた74年7月場所。私が12勝2敗、北の湖は13勝1敗で千秋楽を迎えた。北の湖の横綱昇進はすでに決まっていたが、こっちはひとり横綱として連続優勝を許すわけにはいかなかった。

 本割で勝ち、優勝決定戦に持ち込んで、それも勝てた。2番続けて勝ったことでその後5年間続けることができたが、そこで負けていたら、引退していたかもしれない。

 横綱の役割とは優勝争いに絡むことである。そう考えることで横綱としての品格は形成される。25回も優勝しているのだから、朝青龍は横綱として土俵上では十分責務を果たしていたと言える。

 朝青龍には外国人力士というハンデもある。私は故郷・石川を背負っていたが、朝青龍はモンゴルという国を背負っていた。そのプレッシャーは並大抵ではなかっただろう。それだけに高砂親方がもっとうまく立ち回っていたら、違う方向に向いたのではないだろうか。外国人力士をスカウトしたのだから、その責任を果たすべきだった。

 国技・大相撲には350年の歴史があり、部屋では古いしきたりがいくつもある。日本人の私にも理解できないことがたくさんあったのだから、外国人の朝青龍には教育が必要だということは角界に籍を置いた者なら誰にでもわかることだった。

 朝青龍がダメ押しをするとか、土俵上の態度がよくないと言われたが、北の湖だって土俵下の相手に手を差し出したところなど見たことがないし、ふてぶてしさは憎たらしいほどだった。それでも引退後は理事長として協会員1000人の頂点に立って協会を束ねた。横綱に決まった型などない。

 日本人が横綱になれば再び相撲人気が出る。でもそれは難しい。今の日本人力士はあまりにもしまりがなさ過ぎるからだ。大関で元気なのは外国人力士だけ。学士力士もふがいない。大学を出ているのだから、もっと頭を使えと言いたい。

 私は日大時代の4年間でがむしゃらに勉強をした。もちろん相撲に関してだ。「輪島は羽織のたたみ方を知らない」「チャンコ鍋も作れない」と悪口を言われたが、大学の1、2年の時、毎日それをやっていた。体重も100kgしかなかったため、どうすれば巨漢力士に勝てるかを研究した。それで編み出したのが左からの下手投げだった。

 のちに「黄金の左」と称されるようになったが、相撲では不利と言われた下手投げを武器にした。親方の中には「ヘタ(下手)投げ」とバカにする者もいたが、私は技を徹底的に磨き上げた。大学の4年間を下積み時代と考える学士力士が出れば、学士横綱も誕生するはず。アマチュアの相撲取りはフンドシを締め直せ。そして外国人力士に負けるな。

 最後に一言付け加えるならば、もっと師匠を尊敬すること。私は師匠の前では常に直立不動だった。昔は部屋の師匠を頂点にした縦の関係がはっきりしていたし、師匠がいなければ輪島はなかった。師匠はお父さん、女将さんはお母さん。それが角界のしきたり。朝青龍にもこれを教育してもらいたかった。

 師匠は師匠。現役時代の番付など関係ない。師匠から怒られたら反発するのではなく、なぜ怒られたかを反省する。相撲に勝てということは、稽古に精進しろということ。私は遊ぶために稽古に精進したが、理由はともあれ、相撲復活には日本人力士の頑張りしかないことを肝に銘じてもらいたい。

**********

私も魁皇の通算999勝sign03ribbonをお祝いしつつ、今の相撲界の日本人力士のふがいなさを陰ながら日々憂え、心配しているのでございますthink

Kaiou

| | コメント (0)
|

2010年4月27日 (火)

Visa FIFAワールドカップ(TM)応援ツアーキャンペーン!

いよいよ2010 FIFAワールドカップが6月11日から7月11日にかけて、南アフリカで開催されるsign03soccer開催まであと45日だ。

VISAは、5月6日(木)までこのワールドカップにちなんだキャンペーンを開催しているsign03ribbon

それが「Visa FIFAワールドカップ応援ツアーキャンペーン」sign03present

PC、携帯両方から応募できる。キャンペーンページから必要事項を記入して応募するだけgoodVISAカードを持っていなくても、18歳以上ならだれでもok

・日本 VS カメルーン戦応援コース(日本戦を含む二試合観戦予定)
   6月12日(土)~18日(金)(4泊7日)
   4組8名
・日本 VS オランダ戦応援コース(日本戦を含む二試合観戦予定)
   6月17日(木)~23日(水)(4泊7日)
   4組8名
・決勝戦応援コース(決勝戦一試合観戦予定)
   7月9日(金)~14日(水)(3泊6日)
   2組4名

合計10組20名ご招待だってsign03scissorshappy01

もう一つ、期間中にVISAカードを累計で2千円以上使うと、抽選で1300名を、6月19日(土)にさいたまスーパーアリーナなど6か所で行われる日本 VS オランダ戦のパブリックビューイベントに招待sign03これもいいねnotes

締め切りは連休明けだから、もう日にちはわずか。ご応募はお早めにsign03dash

そのほか、VISAカードでチケットぴあでの購入を決済する、サークルK・サンクスでビザタッチを累計2千円以上利用する、『西友オンラインショップ』で『オフィシャルライセンスプロダクト』と表記された商品を購入の際にVISAカードで決済する、西友・リヴィン・サニー・西友ネットスーパーで1回にVISAカードで3千円以上買い物をすると、それぞれ抽選で素敵な賞品が当たるキャンペーンもsign03flair

キャンペーンサイトはこちら!

Blomotionmt0dfwgmkp

| | コメント (0)
|

2009年9月17日 (木)

「全国男子新体操WEB選手権」っていったい何?!

「全国男子新体操WEB選手権カルピスソーダカップ」 とは、、(財)日本体操協会に選手登録をしている、全国の高校・中学校・クラブチームの選手による演技を採点して順位を決めるという、WEB選手権sign03

今年はもう第二回目で、今年は、選手登録をしている男子新体操部員による「公式の部」に加え、海外チームや女子新体操チーム、小学生チームなどの応募による「一般の部」も設けられた。

それぞれのグループは、参加ルールにのっとり、指定の音楽に合わせた演技をDVDやVHSに収めて送付する。

で、面白いのはその採点方法sign03happy01

まず、日本体操協会の公認審判員による判定、「カルピス株式会社」の推薦枠とで、それぞれの部、各10チームずつを決定し、それを公式サイト上で公開し、一般ユーザーがそれを閲覧する。

つまり、上記の判定に加え、閲覧した一般ユーザーが「カルピスソーダカップ」だけに、その20チームの”はじけ度”を判定するんだそうだ。

あなたも採点できるということsign03scissorswink

”はじけ度”とは、元気、感動、さわやかさを総合して、5段階で採点するものshine

さあ、あなたも採点してみませんかsign02

そうそう、それから、すべての応募チームの演技が、You Tubeの体操協会の特設チャネルで見られるようになってるそうですよeye

私も採点に参加。大分県、日出谷高校の演技に採点結果送っちゃった。演技前の一言もよかったし、演技もそろっていて、スピード感もあり、見ていて元気が出たupgood

| | コメント (0)
|

2009年6月 8日 (月)

W杯は南アフリカですね

岡田ジャパン、2010ワールドカップ予選で、ウズベキスタンに勝って、とうとう4大会連続の出場権をゲットしましたねsign03ribbon

そして、2010ワールドカップが行われるのは南アフリカairplane

今、南アフリカでは、その準備で9都市でスタジアムの建設や改修が行われているそうです。

南アフリカと言えば、豊かな自然が思い浮かびますが、南アフリカ観光局では、7月6日までの期間限定で、サッカー日本代表の2010年ワールドカップ南アフリカ大会の出場決定を記念し、キャンペーンを実施中だそうです。

クイズアンケートに答えると、南アフリカへの往復航空券が当たったり、2010ワールドカップ関連のFIFA公認オリジナルグッズが当たるってsign03scissorshappy01

キャンペーンサイトをのぞいてみてsign03eye超簡単なクイズで~すwink

”ご存じですか? 南アフリカトリビア!!”というコンテンツを見れば、答えがわかりますよgoodflair

| | コメント (0)
|

2008年5月24日 (土)

たまには日本人大関頑張るのね(^_^;)

「たまには日本人大関頑張るのね」と皮肉も言いたくなる最近の大相撲coldsweats01

ちょうど夕飯の支度中で、いつもラジオで相撲観戦(とは言わないかcoldsweats02)してるのだが、昨日は、ホント、何度、手をとめて拍手したことかsign03勝ち越しのかかった勝負で、魁皇が勝った時には、声をあげてしまったuphappy01まさか勝つとは思わなかったのよねえ、相手は、調子が悪いと言っても横綱だもん…

琴欧初黒星で初V持ち越し 両横綱もそろって敗れる

2008年5月23日(金)19:10 (共同通信)  

大相撲夏場所13日目23日は、大関琴欧洲が苦手の安美錦に一方的に押し出されて初黒星を喫し、2敗の横綱白鵬も大関琴光喜に寄り倒された。14日目に琴欧洲が関脇安馬に勝つか、ただ1人3敗の白鵬が大関魁皇に敗れると、琴欧洲の初優勝が決まる。琴光喜は7勝目。横綱朝青龍は魁皇の右上手出し投げに屈し、3連敗で4敗目。魁皇は勝ち越した。大関千代大海は5勝目。小結稀勢の里は勝ち越した。

でもなあ、日本人大関が勝ち越しがやっとなんていうのはいただけないsign01もうちょっと頑張ってよ、お願いしますcoldsweats01<m(__)m>

| | コメント (0)
|

2008年3月22日 (土)

大相撲、こうでなくっちゃ!!

朝青龍連敗で、昨日、21日、横綱が二人とも二敗で並んだsign03

朝青龍が負けた瞬間、白鵬がにんまりとしたように感じたのは私だけかなwink

日本の力士がふがいないと思っていた人はもちろん私だけではないはず。だから昨日を含め、4日目あたりから、安美錦、千代大海、琴奨菊、琴光喜の活躍に溜飲を下げた人が多いのではないか。

それにしても朝青龍が連敗するとは思わなかったなあscissorscoldsweats01

朝青龍連敗、白鵬並ぶ 大相撲春場所13日目

2008年3月22日 中日新聞朝刊Pk2008032202197284_size0

 大相撲春場所13日目の21日、横綱朝青龍が対戦成績で28連勝中だった大関琴光喜に上手出し投げで敗れ、2連敗となった。横綱白鵬は大関魁皇を寄り切って2敗を守り、単独トップだった朝青龍に並んだ。琴光喜は7勝目、魁皇は8勝5敗。平幕の把瑠都と栃煌山はともに敗れて3敗に後退した。大関千代大海は豊ノ島に屈し、5敗目。2敗の両横綱を、3敗で把瑠都、栃煌山、黒海が追う。十両は木村山が3敗で単独トップ。

 両横綱を襲った“春の嵐”から、朝青龍だけが抜け出せなかった。28連勝中だった琴光喜にまさかの敗戦。悔しさをむき出しにして風呂場で叫んだ12日目とは裏腹に、この日は長いため息をつき、ダメージの大きさをうかがわせた。

 「2日続けて受けて立っているだけ」。12日目の琴奨菊戦に続き、立ち合いの甘さが敗因なのは、本人だけでなく、衆目の一致するところ。だが、同じ失敗を2日繰り返すこと自体、この横綱には珍しいこと。その後は右を強引にねじ込んでがっぷりの右四つになった。しかし、つかんでいた左上手を簡単に切られると、一気の投げに屈した。

 琴光喜に最後に敗れたのが2002年秋場所。「いつ負けるか、プレッシャーだった」。加えて腰から左足首にかけて足の裏側に張りを感じているという。しかし、たとえ体が万全でなく、重圧を感じていたとしても、これまでは勝ち続けてきた相手だ。

 2場所の出場停止から復帰した初場所は2日目に敗れたが、平幕が相手の序盤で連敗は免れた。しかし今場所は、初黒星が終盤で、翌日の相手は合口がいいとはいえ大関。もっと気を引き締めて臨むべきだったか。「余裕を見せちゃいけないね」。自戒の言葉もむなしく響いた。

 11日目以降に連敗しながら優勝できたのは、過去21度のうち2度だけ。同じように相手十分の形から難なく勝って連敗を許さなかった白鵬と、立場は逆転したと言っていい。4場所ぶりの賜杯も、この嵐にさらわれてしまうのだろうか。

うーん、心理的には白鵬有利かな……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 7日 (木)

会員制スポーツクラブ「エスフォルタ」

住友不動産エスフォルタ株式会社の会員制スポーツクラブ「エスフォルタ」、これって完全担当者制なんだって。

足が遠のいたりすると、担当者が連絡してくれたり、家でできるような運動を考えてくれたり、栄養指導も無料と、至れり尽くせりらしい。手ぶらでも行かれる。

店舗は首都圏。池袋、市ヶ谷、水道橋、赤坂、渋谷、横浜、六本木。駅から5分以内のところにあるそうだ。

やっぱり、首都圏の人たちはいいよなあ。私たち地方人はこういう得点の恩恵にはなかなか浴せない(^_^;)

でも、首都圏に通う地方人のサラリーマン、OLは行かれるかな。

そろそろ、おなか周りが気になっているあなたも、「エスフォルタ」で、メタボの不安解消しませんか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月10日 (木)

リーボックの新製品!

いわゆるウォーキングをちゃんと始めてから、そろそろ一年になる。

大腸、胃の内視鏡の予約を取りに行った時に、たまたま先生に勧められてやった血液検査。

もちろん、検査をするつもりで行ったわけではないから、午後、つまり昼食後の状態での検査だった。

その結果が、いくら食後だといっても、血糖値がいかんせん高いということだった。

それで、スポーツドリンクのようなものを飲んで、時間を見て血糖値を調べるという精密検査をした。

結果、糖尿ではないが、糖尿寸前、最終的には正常値に戻るが食後の血糖値が跳ね上がる、インシュリンの出方が少ない、つまりは境界型だということがわかった。

そう言えば、ここ二、三年、市の検査で糖尿の疑いがある、ということを言われていた。でも「疑い」という言葉に甘えて放っておいてしまっていた。

さて、それからが私の一大決心、生活見直しの始まり。

糖尿病用の本を買ってきてカロリー摂取量の見直し、そしてウォーキングの開始!

近所の奥さんたちの数人がグループでもう数年前から歩いているのは知っていた。ボランティアで一緒の友人が毎日夜に、友達と歩いているのも知っていた。

でも、私はちゃんとしたウォーキングなど面倒とばかりに、買い物の行き返り、自転車を降りて引っぱって歩く程度で済ませていた。

ああ、バチが当たった、と思ったけど、とにかく一刻を争う!(^_^;)

で、考えたのが、目の前にいるホクトを利用することだった(笑)

ホクトの散歩にかこつけて、20~30分の毎日のウォーキングを自分に課す!

ウォーキングシューズを改めて買うのも面倒で、子どもが学生時代に履いていた運動靴をまず使った。でも、どうも、室内用のだったらしく、底が薄くて、まともにアスファルトを感じて、ちょっと脚に響いてる感じだったな。

それも底が減ったので、今は、おばさん用EEEの普段用の靴を履いている。

でも、たまたま見たリーボックのウォーキングシューズには見とれてしまった。

それも、新製品のプラチナムウォークは、なんと中高年向きだっていうじゃないのさ!

クッションの中の空気が前後に移動して、着地の衝撃を和らげ、踏み出す推進力にもなるというのだ。これがDMX MAX。

膝や腰に影響が来易い年齢の私たちには、これは耳寄り。

それに、勇んで出掛けるときに靴がパッと履けなくてイライラすることがあるが(手先の動きが最近鈍くなってるし(^_^;)、プラチナムウォークはこの画像でわかるように『Zip Closer』になっている。

また買い物にも履いていかれる素材とデザインになっているから嬉しい。私はこの色だな。天然の革のように見えるParcassio(パーカッシオ)という素材が使われているんだそうだ。これは手入れがしやすい上に、通気性もいいんだって。

わが町のスポーツデポにあるみたいだから、一度手にとってみたいな。

 プラチナムウォーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|