« 久しぶりに英語のお勉強(4) | トップページ | 久しぶりに英語のお勉強(6) »

2019年9月15日 (日)

久しぶりに英語のお勉強(5)

www.ManyThings.org
Interesting Things for ESL Studentsというサイトがある。

learn English as a Second Languageする人たちに向けての無料のものだ。

久しぶりに英語の勉強をしてみる。辞典は主に「英辞郎」を使わせていただいています。

ある特定な言葉を使った言い回しについて。

DOG

・to lead a dog's life=ひどい[惨めな]生活をする[送る]、報われぬまま一生懸命働く

【例】The couple is leading a dog's life as they often fight over trifles.(そのカップルはつまらないことで頻繁にけんかをして惨めな生活を送っている)

dog-eat-dog world=食うか食われるかの世の中、争い[いがみ合い]だらけの世の中、弱肉強食の[生き馬の目を抜くような]世の中

・work like a dog=〔犬・奴隷のように扱われて〕せっせと働く

【例】I worked like a dog all day. I didn’t even have time to eat lunch.(一日中休む間もなく働いた。ランチを食べる時間もなかった)

dog-tired=くたくたに疲れた、へとへとの

・sick as a dog=ひどく気分が悪い

【例】Betty came into the office this morning sick as a dog, so we sent her home. (ベティは今朝出社したとき、ひどく気分が悪そうだったので、家に帰らせた)

・Every dog has his day.=だれにでも得意な時代がある、だれでも悪い事ばかりはない(何か成功の機会もある)、犬も歩けば棒に当たる

・you can never teach an old dog new tricks=人に新しいことを教えたり、その人の習慣や性格を変えることはとても難しい、老いたる犬に新しい芸を教えることはできない、矯めるなら若木のうち、老い木は曲がらぬ

・meaner than a junkyard dog=怒りっぽくて怖い

junkyard dog=猛犬、気の荒い犬 : junkyard= (古鉄・古自動車などの)廃品置き場
mean=ひきょうな、卑劣な、意地悪な、不親切な、人につらく当たる、〔馬などが〕御し難い、〔人が〕扱いにくい

・His bark is worse than his bite.=彼は見かけほど気性が悪くはない

bark=犬の吠え声
bite=かむこと

doghouse=犬小屋

in the doghouse=〔人を怒らせることをして〕まずい状況になって、面目を失って、非難の的になって
【例】Dad is in the doghouse for getting drunk at the Christmas party.(父はクリスマス・パーティーで酔っぱらって面目丸つぶれだ)
   Father has been in the dog house since he lost his wedding ring.(パパは結婚指輪をなくしてから、すっかり頭が上がらない)
in the doghouse with one's wife=妻に対して面目を失う
get out of the doghouse=〔親しい相手を怒らせてしまい萎縮していた人などが〕再び相手と気楽に接することができるようになって、対人関係を修復して◆「飼い主を怒らせてしまって、犬小屋の中でしゅんとしている犬」に例えた一種ユーモラスな表現

・to let sleeping dogs lie=面倒になりそうなことはそっとしておく、寝た子は起こさない、やぶへびにならぬようにする

・the dog days of summer=盛夏、夏の暑い時期

・to rain cats and dogs=(雨が)どしゃ降りに降る

|

« 久しぶりに英語のお勉強(4) | トップページ | 久しぶりに英語のお勉強(6) »

英語」カテゴリの記事