« 久しぶりに英語のお勉強(6) | トップページ | 久しぶりに英語のお勉強(8) »

2019年9月21日 (土)

久しぶりに英語のお勉強(7)

www.ManyThings.org
Interesting Things for ESL Studentsというサイトがある。

learn English as a Second Languageする人たちに向けての無料のものだ。

久しぶりに英語の勉強をしてみる。辞典は主に「英辞郎」を使わせていただいています。

ある特定な言葉を使った言い回しについて。

HOLD

・can't hold a candle to=~の足元にも及ばない、比べものにならない、~に比べると劣る、~に全然かなわない

電気のない時代、ロウソクの灯りを持って暗い夜道を案内する召使いの役目があって、道をよく知らなかったりすると、その召使いとしてロウソクを持つこともできない、という意味かららしい。

【例】Her latest book is readable enough, but it can't hold a candle to her earlier work. (彼女の最新の本は十分面白いが、以前の作品には比べものにならない)

hold your tongue=黙れ、やかましい、うるさい、静かにしろ:友達に言う言葉ではなく、先生や親が、生徒や子供に向かって使う言葉

hold out=スポーツ選手や労働者のストライキ(自分たちが要求する労働条件を勝ち取るまでプレーや労働を拒否する)

「ストライキ」は英語のstrike(〔労働者の〕ストライキ、同盟罷業)から来ているが、その語源は、 to strike the sails (帆を降ろす)という表現があり、ロンドンの港で待遇に不満のある水夫たちが帆を降ろして船主に抗議したことであるらしい。

hold up=人・車などを強制的に止めて行う強奪、ホールドアップ、強盗

【例】This is a hold up. Give me your money.(これはホールドアップだ、金をよこせ)

hold up=(交通・輸送などの)停滞、交通渋滞、遅延

【例】What's the holdup? (何に手間取っているのか?/遅れの原因は何です?)

会社に遅刻した社員が上司にこう言う場面もありうるわけだ。

【例】Sorry, boss, I was held up by a hold up.(申し訳ありません、ホールドアップにあって遅れてしまいました)

hold up=~を遅らせる、足止めを食らわせる

hold upにはもう一つ意味があって、それは「真実であることが分かる、本当だと分かる、説得力を持つ」

例を挙げると、先ほどの遅刻した社員がホールドアップにあって遅れたと言った相手の上司が、それを信じなかったとする。しかし、警察が調査した結果、それは本当であったと分かった場合、

His story held up.(彼の話は本当だと分かった)

hold on=(ちょっと)待つ

【例】学校へ行こうと家を出ようとした時、あなたの弟が言う。“Hold on, you forgot your book.”(「ちょっと待って、本を忘れてるよ」)

それともう一つ、電話の場面で
hold on=電話を切らないで待つ

【例】こういう本はないかとあなたが図書館に電話をする、すると図書館員が出て、こう言う。
   “Hold on while I look for it.”(「探しますので切らないでお待ちください」)

hold the line on=~の現状を維持する(状況が悪くならないように)

【例】The president said he would hold the line on taxes.(大統領が税金は上げずに現状を維持すると述べた)
   Employers are finding new ways to hold the line on health benefit cost growth.(雇用主たちは雇用者たちに福利厚生の医療保険を提供するための経費の増加の現状を維持する⦅これ以上上げない⦆方策を見つけつつある)

|

« 久しぶりに英語のお勉強(6) | トップページ | 久しぶりに英語のお勉強(8) »

英語」カテゴリの記事