« 久しぶりに英作文のお勉強(20) | トップページ | 映画『ユー・ガット・メール』で英語のお勉強(2) »

2017年11月16日 (木)

映画『ユー・ガット・メール』で英語のお勉強(1)

『ユー・ガット・メール』は私の大好きな映画の一つ。

Wikipediaより

”1998年公開のアメリカ映画。インターネットで知り合った名前も知らない男女がメールのやり取りをしながらお互いに惹かれ合っていくロマンティック・コメディ。

原題は「You've Got Mail」。 この映画は1940年に製作されたエルンスト・ルビッチ監督の『桃色の店』のリメイク作品。時代を反映して元映画の「手紙で文通」の設定が「インターネットでメール」に置き換えられた。 脚本・監督のノーラ・エフロン、主演のトム・ハンクスとメグ・ライアンは1993年公開の『めぐり逢えたら』と同じ顔合わせ。”

この台本を少しずつ読んでみる。

you've got mail opening

FADE IN ON:
(=【映画】〈画面を〉次第に明るくする)

1   CYBERSPACE
      (=サイバースペース、インターネット上の仮想空間)

We have a sense of cyberspace-travel as we hurtle (=猛烈な速さで飛んでいく)through a sky that's just beginning to get light.  There are a few stars but they fade and the sky turns a milky blue and a big computer sun starts to rise.     

We continue hurtling through space and see that we're heading  over a computer version of the New York City skyline.  We move over Central Park.  It's fall and the leaves are glorious  reds and yellows.

  skyline=連山・都市の建築物などが空を画する輪郭(線)

We reach the West Side of Manhattan and move swiftly down  Broadway with its stores and gyms and movies theatres and  turn onto a street in the West 80s.

Hold in front of a New York brownstone.

  brownstone= New York 市などで正面にブラウンストーンを張った家《高級住宅》

At the bottom of the screen a small rectangle appears and the words:  

 rectangle=長方形 

ADDING ART     

As the rectangle starts to fill with color, we see a percentage increase from 0% to 100%.  When it hits 100% the image pops and we are in real life.

 pop=ポンと開く

【注】この場面はだいぶ実際の画面では省略されているように思う。例えばパーセントの表示は出ない。

2   EXT. NEW YORK BROWNSTONE - DAY

Early morning in New York. A couple of runners pass on their way to Riverside Drive Park.

【注】ランナーは実際の画面では二人でなくどうも一人らしい。    

We go through the brownstone window into:

3   INT. KATHLEEN KELLY'S APARTMENT - DAY

KATHLEEN KELLY is asleep.  Kathleen, 30, is as pretty and fresh as a spring day.  Her bedroom's cozy, has a queen-sized    bed and a desk with a computer on it.  Bookshelves line every     inch of wall space and overflow with books.  Framed on the wall: the cover of the children's classic, Madeleine.

 cozy=〈部屋など〉(暖かくて)居心地のよい; こぢんまりした
 the children's classic, Madeleine:古くから子供に親しまれてきた絵本のシリーズらしい。

Wikipediaより

”『マドレーヌ』(Madeline)は、オーストリア生まれの絵本作家・ルドウィッヒ・ベーメルマンスLudwig Bemelmans, 1898年4月27日 - 1962年10月1日)が1939年に出版した『げんきなマドレーヌ(原題:Madeline)』を第1作とする絵本シリーズ及び主人公の名前”

|
|

« 久しぶりに英作文のお勉強(20) | トップページ | 映画『ユー・ガット・メール』で英語のお勉強(2) »

「英語」カテゴリの記事