« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月21日 (水)

行きたかったなあ”ショコラフェス”

「銀座ショコラストリート」って知ってます?

地方在住の私はもちろん初耳coldsweats01

東京銀座五番街(東京メトロ「銀座」駅すぐ近く)にあって、2012年1月から世界随一と言われるショコラトリーが次々にオープンしたショコラスイーツの聖地(営業時間11:00~20:00)なんだってsign03

今では4店舗が軒を連ねてるそう。

それはイルサンジェー、ニコラシャール、リナルディーニ、そして開店したばかりのソウルスナックス。

そのショコラストリートで、5月5日の子供の日に、 1日限りだけど、銀座ショコラストリート ショコラフェスというイベントが開催されたんだってsign03

四つのブランドが、今までにない規模で新作を無料で試食できるようにし、今回開店のソウルスナックスのオープン記念で、オーナーパティシエで、ミュージシャン、音楽プロデューサーでもあるラルフロールによる1日限りのソウルミュージックライブも行われ、すごい盛況で、4万人を超える来場者を記録したんだそうだ。すごいsign03shine

このイベント、これから毎年開催される予定だってheart02

もちろんチョコレート大好きの私、近かったら絶対行ったlovely

今回提供されたのは、イルサンジェーからは昨年発売直後に売り切れになったアイス、ニコラシャールからは「ジャージー生クリームのうさぎシュークリーム」とガトーショコラやりんごとキャラメルのパウンドケーキ、リナルディーニからは世界一を2度受賞したイタリアンジェラート、など。

そのほか、ジャグリングやバルーンアートの大道芸人の登場など盛りだくさんだったそうで、スイーツだけでなく、イベントとしても楽しめるよねscissorshappy01行きたーいheart04

Chokolafes

| | コメント (0)
|

2014年5月13日 (火)

「一人親方労災保険特別加入」って?

うちの旦那の会社、と言っても、今は超縮小して、旦那のほかに二人の社員、そして、現場で働いてもらう職人さんを一人お願いしている、という状態。この方は社員ではない。

つい最近、その職人さん、現場で手首を骨折するという事故にあってしまった。

旦那もその後処理でかなり大変だったらしいけど。

その職人さんはもう70歳過ぎていて、結婚もせず、ずっと兄弟三人で暮らしながら働いてきたらしい。

弟さんの一人はすでに亡くなり、もう一人の弟さんと暮らしているらしいが、過去の財産に関する身内とのトラブルでお金もなく、健康保険とか、年金とか、もしかしたら払っていないのじゃないかな、と旦那は言っている。

でも、旦那が無理にでもということで、建設業の一人親方労災保険特別加入というのがあるから、万一のことを考え入ってくれと言って入っていたという。

だから、今回その一人親方労災保険のおかげで何とか治療費、休業補償も出ているらしい。

旦那が言うには、そういうお金のない一人親方という人たちはたくさんいるんじゃないか、と。

ホントに日本も、アメリカなどに負けず劣らず格差社会だなあ、と改めて思う。

その一人親方労災保険特別加入制度というのはどういうものか、改めてウェブで調べてみた。

一人親方労災保険特別加入制度の対象になるのは、会社に属さないために労災保険の対象とならない人たち。

一人親方労災保険特別加入制度は国の制度で、費用は、国に納める労災保険料(本人が選ぶ給付基礎日額で決まる)と一人親方労災保険組合費の二つ。

組合入会の最初には3,000円の入会金が必要だが、その後は毎月たった1,000円の組合費と保険料を納めれば済む。

費用の支払いはコンビニででき、分割払いも可能だという。

| | コメント (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »