« たまには自分にご褒美、どう?ロミロミマッサージ! | トップページ | NHKラジオ朝一番健康ライフ高田明和氏のお話第3弾!(1) »

2010年10月23日 (土)

ニッポン放送人生相談3

今日のSBS(ニッポン放送)ラジオの人生相談、16歳の男の子、不登校の相談。

先生の答えが、学校の先生や親の、こういう別の道もあるよというアドバイスではなく、まずは、母親が一緒に10日間一緒に寝てやること、つまり、本人のプライドの回復をしてやること、だった。

旦那さんや長女もいる環境ではそれも難しいだろうから、と先生が是非と勧めたのは、一週間とか10日とかの、母親と息子、二人の旅行だったconfident

私も意外だったし、相談者のお母さんもへえーという感じだった。

そう言えば、私が、末娘が鬱になったり、道をそれそうになった時に、同じように娘さんが鬱になった友人のアドバイスは、すぐうちへ連れ戻して一緒に寝てやれ、スキンシップを図れ、ということだった。

でも、末娘は頑として家に戻ることは拒否したし、私もスキンシップがいまいちうまく素直にできなかった。

そこで考えたのが、毎週土日に通って手料理を食べたせたり、部屋の掃除をしに、娘のアパートに通うことだった。

彼女の問題になるところにはなるべく触れずに、今の生活を黙って受け入れ、ただ、食事の世話をして、声をかけて帰ってくる、ただそれだけを何カ月か続けた。

でも、それが功を奏したかはわからないものの、そのあたりから徐々に、彼女なりに自分の思いを整理していったような気がする。

だから、今回の人生相談の先生の答えの通り、母親と二人で旅行して、後は、後幾日で留年になるとかという情報だけを彼に伝えればいいということらしい。

他の道もあると告げることは、もうすでにそこで彼を見捨てて、高校生活の道を断ってしまうことになるということらしい……

子育てはホント難しい……think

|
|

« たまには自分にご褒美、どう?ロミロミマッサージ! | トップページ | NHKラジオ朝一番健康ライフ高田明和氏のお話第3弾!(1) »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには自分にご褒美、どう?ロミロミマッサージ! | トップページ | NHKラジオ朝一番健康ライフ高田明和氏のお話第3弾!(1) »