« ”アスクル”の選べる「ラック特集」! | トップページ | あなたの携帯サイトにクリック課金広告を! »

2010年8月31日 (火)

英語で小泉八雲『ろくろ首』(6)

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の「怪談」の中の『ろくろ首』を読みます。

原作はおなじみThe Project Gutenberg、日本語訳はこれもおなじみ青空文庫の田部隆次訳を使わせていただきます。

ROKURO-KUBI

囘龍は、きこりの人生のこれまでの経緯を聞き…

Kwairyo was pleased by this announcement of good resolve; and he said
to the aruji:--

"My friend, I have had occasion to observe that man, prone to folly in
their youth, may in after years become very earnest in right living. In
the holy sutras it is written that those strongest in wrong-doing can
become, by power of good resolve, the strongest in right-doing.  I do
not doubt that you have a good heart; and I hope that better fortune
will come to you. To-night I shall recite the sutras for your sake, and
pray that you may obtain the force to overcome the karma of any past
errors."

・resolve=決意、決心
・prone=~しがちな、~する傾向がある
・folly=愚かさ、愚行
・sutra=《ヒンドゥー教・仏教》経典
・recite=朗唱する
・karma=《仏教》カルマ、業、宿命、〔善い・悪い行いに対する〕報い

囘龍はこのよい決心の告白をきいて喜んで主人に云った、「若い時につまらぬ事をした人が、後になって非常に熱心に正しい行をするようになる事を、これまでわしは見ています。悪に強い人は、決心の力で、また、善にも強くなる事は御経にも書いてあります。御身は善い心の方である事は疑わない。それでどうかよい運を御身の方へ向わせたい。今夜は御身のために読経をして、これまでの悪業に打ち勝つ力を得られる事を祈りましょう」

With these assurances, Kwairyo bade the aruji good-night; and his host
showed him to a very small side-room, where a bed had been made ready.
Then all went to sleep except the priest, who began to read the sutras
by the light of a paper lantern. Until a late hour he continued to read
and pray: then he opened a little window in his little sleeping-room,
to take a last look at the landscape before lying down.  The night was
beautiful: there was no cloud in the sky: there was no wind; and the
strong moonlight threw down sharp black shadows of foliage, and
glittered on the dews of the garden. Shrillings of crickets and
bell-insects (3) made a musical tumult; and the sound of the
neighboring cascade deepened with the night. Kwairyo felt thirsty as he
listened to the noise of the water; and, remembering the bamboo
aqueduct at the rear of the house, he thought that he could go there
and get a drink without disturbing the sleeping household. Very gently
he pushed apart the sliding-screens that separated his room from the
main apartment; and he saw, by the light of the lantern, five recumbent
bodies--without heads!

(3)  Direct translation of "suzumushi," a kind of cricket with a
distinctive chirp like a tiny bell, whence the name.

・assurance=断言すること、請け合うこと、請け合う約束
・bade:bid=〈古〉〔挨拶・別れなどを〕述べる、告げる
・foliage=葉、枝葉、木の葉
・Shrill=甲高い[けたたましい・耳をつんざくような・鋭い]音を出す[立てる]
・cricket=コオロギ
・tumult=大騒ぎ、騒々しさ、わめき声
・cascade=(連続した)小さな滝
・aqueduct=導水管、水道
・at the rear of=~の後ろに、裏に
・recumbent=〈文〉横[あおむけ]になった

こう云ってから囘龍は主人に「お休みなさい」を云った。主人は極めて小さな部屋へ案内した。そこには寝床がのべてあった。それから一同眠りについたが、囘龍だけは行燈のあかりのわきで読経を始めた。おそくまで読経勤行に余念はなかった。それからこの小さな寝室の窓をあけて、床につく前に、最後に風景を眺めようとした。夜は美しかった。空には雲もなく、風もなかった。強い月光は樹木のはっきりした黒影を投げて、庭の露の上に輝いていた。きりぎりすや鈴虫の鳴き声は、騒がしい音楽となっていた。近所の滝の音は夜のふけるに随って深くなった。囘龍は水の音を聴いていると、渇きを覚えた。それで家の裏の筧を想い出して、眠っている家人の邪魔をしないで、そこへ出て水を飲もうとした。襖をそっとあけた。そうして、行燈のあかりで、五人の横臥したからだを見たが、それにはいずれも頭がなかった。

**********

|
|

« ”アスクル”の選べる「ラック特集」! | トップページ | あなたの携帯サイトにクリック課金広告を! »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ”アスクル”の選べる「ラック特集」! | トップページ | あなたの携帯サイトにクリック課金広告を! »