« オンラインセレクトショップ「au one la Select」って? | トップページ | 英語で『クリスマス・キャロル』(21) »

2010年6月18日 (金)

英語でウェブ雑誌を読む(2)"Newsweek"―ウェブの脳への影響?―

ウェブが脳に与える影響sign02

Newsweekの記事から

Reading This Post Will Make You Smarter, Unless It Makes You Dumber: How the Web Affects Your Brain

・post=投稿メッセージ
・dumb=ばかな、あほな
(このメッセージを読めば、利口になるかばかになるかどちらかだ:ウェブがあなたの脳に与える影響)
Daniel Mihailescu / AFP-Getty

There's a lot that's been written lately about how the Web is puréeing people's gray matter. The most thorough take on the topic is Nicholas Carr’s new book, The Shallows: What the Internet Is Doing to Our Brains, but anyone who's been spending a lot of time surfing is probably going to be so distracted by e-mails and Facebook, etc., that he won't be able to finish the book. Instead, he'll turn, with irony, to the Web, where he'll find plenty to read, especially if he's looking for it today: The New York Times has just published two stories, a blog post, and an interactive feature arguing that the electronic methods by which they themselves are delivered are “intrusive, have increased [people's] levels of stress and have made it difficult to concentrate.”

・purée=~をピューレ(野菜・果物を煮て裏ごしにかけた食べ物)にする
・gray matter=〔脳や脊髄の〕灰白質
・take=((米))(…の)扱いかた、取り組みかた((on ...))
・distracted=気を散らされた、ボーッとして、気を取られて
・Facebook=フェイスブック◆全米の大学をつなぐソーシャルネットワーキングサービス(SNS)として2004年2月にサービスが始まった。しかし、2006年9月より、メールアドレスのある特定の年齢に達した者であれば誰でも入会が可能となった。2007年7月現在、登録者数は3400万人以上
・turn to=~の方を向く[見る]、~に取り掛かる、~を始める
・with irony=皮肉を込めて、皮肉に
・story=ニュース記事、短編小説
・blog post=ブログ投稿
・interactive=双方向の、インタラクティブな
・feature=メイン記事、特集記事
・argue=〔that節を〕主張する
・electronic method 電子的方法
・deliver=配信する
・intrusive=煩わしい、おしつけがましい

*インタラクティブ=ユーザーがコンピュータに提示される項目の中から任意の一つを選択し、その選択がコンピュータの次の動作に反映されるという対話型の情報処理形式のこと

(ウェブの利用によって人間の脳の灰白質がピューレ状態になるということが最近よく書かれているのを目にする。このテーマに徹底的に取り組んだのが、ニコラス・カー氏の新刊『シャロウズ ―インターネットが我々の脳に与える影響―』だ。しかし、ネットサーフィンに多量の時間をつぎ込んでいる人は誰でも、メールやフェイスブックなどにあまりに気をとられているために、その本を読み終えることはできないだろう。その代わり、皮肉をこめてウェブへと戻れば、そこでたくさんの読み物を見つけることができる。特に今日、ニューヨークタイムズを探してみるといい。というのは、今日のニューヨークタイムズに二つの読み物と一つのブログ投稿と、一つのインタラクティブな特集記事が載っている。これらはみな電子的手段で配信されているのだが、まさにその電子的手段が「煩わしくて、人びとのストレスの度合いを高め、集中力をなくす」ものなのだと、その読み物もブログ投稿も特集記事も主張しているのだ)

The "Google makes us stupid" argument is a perennial of modern life, and right now, it's in season. At Slate, one writer got frustrated with the scattershot quality of his thinking and decided it was the Internet's fault; he has gone offline for four months and is chronicling the results the old-school way, with paper and pen (and color—he's a cartoonist). Ditto for The Washington Post, where eight reporters recently signed off, albeit only for a week, and albeit with not much success. And of course, there's Carr's book, which Slate calls "a Silent Spring for the literary mind." It's no technophobic screed, but it's also not great news for those of us who appreciate the pleasure of reading (and, gulp, writing) missives longer than 140 characters. The Internet, Carr argues, isn't making us stupid, per se, but it sure is making us distractible. (Question: how did he sell a publisher a book about how no one is capable of reading books anymore?)

・perennial=毎年[いつも]繰り返されるもの[こと]
・in season=シーズン中で、かき入れ時で、タイミングの良い、時宜を得た◆【対】out of season
・Slate=《雑誌》スレート誌◆マイクロソフト社(Microsoft Corp.)のオンラインマガジン
・frustrated with=~に不満を感じる
・scattershot=でたらめの、手当たり次第の、散漫な
・fault=((通例 one's 〜))(過失・非行などの)責任、
原因
・offline=オフラインで
・chronicle=出来事を(年代順に)記録する
・color=〔色を付ける〕顔料、絵の具
・cartoonist=漫画家
・ditto=同上、同じこと
・reporter=レポーター、記者
・sign off=ペンを置く、契約などを破棄する、辞職する
・albeit=~にもかかわらず、~ではあるが◆【同】although
・Silent Spring=【著作】沈黙の春◆米1962《著》レイチェル・カースン(Rachel Carson)、《書籍》サイレント・スプリング◆Rachel Louise Carsonの著書(1962年)。この本で殺虫剤・DDTによる環境破壊に警告、DDT使用禁止まで導いた
・literary=文筆業の、作家の、文学を仕事とした
・mind=心、精神、頭脳
・technophobic=テクノロジー恐怖症の
・screed=長談義、(退屈で)長たらしい話[論文・レポート・文章]
・great news for=~にとって吉報だ
・appreciate=~の良さが分かる、真価を認める、~を高く評価する、~をありがたく思う、感謝する
・gulp=ゴクゴク[ぐいぐい]飲み込むこと[音]
・missive=
書状、公文書
・per se=①〈ラテン語〉それ自体が、本質的に、本来 ②〔言葉の〕正確な意味において(は)◆通例、否定文で、その言葉に正確には当てはまらないことを表す
・distractible=注意散漫な、ほかの事に気を取られて、ボーッとしている
・publisher=出版社、発行者

(「グーグルは我々をバカにする」論議はここ何年も繰り返されている。そして今まさにその論議は花盛りだ。スレート誌においては、あるライターが自分の思考の散漫さに嫌気がさして、その原因はインターネットだと決めつけた。そして4ヵ月もの間オフラインの生活を続け、昔、学校でやっていた紙とペン(これに絵具が加わる、漫画家だからだ)という方法で、今その結果を日を追って書いている。ワシントンポストにおいても事は同じだ。8人の記者が最近辞職をした。まだ一週間しかたっていないし、あまり良い結果が出ているとは言えないが。そして、もちろん、これにカー氏の本が加わる。スレート誌は、この本を「文筆業に携わる者にとってのサイレント・スプリング」と呼んでいる。この本は決してテクノロジー恐怖症者の長談義ではないが、かと言って、140文字以上の書状を読む(飲み込むように読む、書く)ことの楽しみを大いに評価している私たちにとっては、その本は朗報でもない。カー氏は、インターネットは私たちをアホにしているわけではないが、注意力散漫にしていることは確かだ、と主張している。(一つ疑問なのだが ― もう誰もが本を読めなくなってきているのはどうしてなのか、ということについて書いてある本を、彼はいったいどうやって出版社に売り込んだのだろうか?)

*gulfの訳は非常に怪しいです、スミマセンcoldsweats02

Over at The Frontal Cortex and in the Times, the terrific neuroscience writer Jonah Lehrer has started a debate with Carr over what the science actually says about the Web and our brains. Lehrer says a lot of it is encouraging (an argument you may remember from Steven Johnson's Everything Bad Is Good for You—that "gaming led to significant improvements in performance on various cognitive tasks, from visual perception to sustained attention," and that "performing Google searches led to increased activity in the dorsolateral prefrontal cortex." Carr is not convinced; he rallies back on his own blog, referring readers to a scientific paper that they'll never be able to plow through if he's right about their Web-induced attention deficit.

・frontal cortex=前頭皮質、前頭葉
・terrific=すごい、素晴らしい
・neuroscience=神経科学
・debate=議論、討論
・encouraging=勇気づける、励みになる、楽観的な材料になる
・argument=論拠、〔議論の〕根拠、要旨、テーマ
・gaming=賭博[ゲーム]
・significant=重要な、大きな影響を与える、意味のある、かなりの、著しい
・improvement=改善、向上
・in performance=性能の点で
・cognitive task=認知的作業
・visual perception=視覚
・sustained attention=持続的注意
・increased activity=より一層の営み[活動・働き]、活動の増加、機能高進
・dorsolateral prefrontal cortex =背外側前頭前皮質◆【略】DLPFC
・convinced=確信して
・rally=反撃する
・refer…to~=…に~を勧める
・scientific paper=学術論文
・plow through=~を切り開いて進む、~をゆっくりと苦労しながら進む
・induced=誘発された
・attention deficit=注意欠陥

(『前頭葉』というブログとニューヨークタイムズにおいて、すばらしい神経科学のライタージョナ・レーラーが、いったいこの科学の立場からウェブや我々の脳に対してどんなことが言えるかということについてカー氏と論議を始めている。その多くは楽観的なものだとレーラー氏は言う。(スティーブン・ジョンソンの『悪いものはあなたの為になる』の論拠を覚えておられるだろう)それは「ゲームが、視覚から持続的注意に至るまで、様々な認知的作業の実績の著しい向上に結び付いた」ということと、「グーグル検索をすることで背外側前頭前皮質の活動が一層活発になった」ということだ。カー氏は納得していない。自身のブログで反撃し、読者にある学術論文を読むように勧めている。注意力に欠陥があるのはウェブに誘発されたものだという自分の考えが正しければ、読者はその論文を最後まで読みとおすことはできないだろうと言っているのだ)

*背外側前頭前皮質検索したところでは「人間の意志決定やある行動を取ったらどういう結果になるのかと予測し理解する能力を司っている器官」らしいです。

As with most debates about the brain, the problem here is probably that the scientific literature—like the Web—is pretty messy. For all that MRI scans look cool, there are limits to what they can tell us; that's true of the psych lab, too. And how can we measure the long-term psychological effects of online reading when the means by which we're reading—web, iPhone, iPad, etc.—are relatively new and constantly changing? Someday it may be possible to look back and see clearly what the Web did to our minds (that is, assuming we still have minds), the way Carr casts his gaze at history and assesses the effects of the printing press. But right now, I'd guess, it's too early to judge. Either that, or I'm just wrapping up this post in an easy way because I've reached the limit of my attention span and, hey, I've got e-mail to check.

・as with=~のように、~と同様に
・debate=議論、論争
・scientific literature=科学文献[論文]
・messy=混乱を起こす、やっかいな
・For all that=それでも、とは言うものの、結局のところは、やっぱり
・MRI scan=磁気共鳴映像法検査
・cool=素晴らしい、冷静な、〔事態・状況・条件などが〕容認できる、まあいい
・psych lab=心理学研究所、心理学実験室
・measure=〔~の効果や品質などを〕評価する、査定する
・long-term=長期間にわたる
・relatively=比較的
・assess=~の価値[性質、能力、状況など]を判断する、評価する(evaluate)
・printing press=印刷機
・either that, or=あるいは~かのどちらかだ[例]She is his sister. Either that, or he lied to me.(彼女は彼のお姉さんですよ。それか彼が私にうそをついたかのどちらかだ)
・wrap up=〔仕事などを〕完成させる、〔会議・仕事などを〕終える、終わりにする、切り上げる
・attention span=集中力が続く[持続する]時間

(脳に関するほとんどの議論と同様に、ここでもたぶん問題なのは、科学論文というものが、ウェブと同じく、非常に厄介なものだということだ。MRIの検査が素晴らしいものであるといっても、それからわかる事には限界がある。心理学実験室についても同じことが言える。私たちが今読むのに使っている、ウェブやiPhoneやiPadという手段が、比較的新しく、今もなお常に変化しているというのに、そういうオンラインで字を読むことが長期間にわたって、私たちにどういう心理学的な影響を及ぼすかなど、どうやって判断すればいいというのか。いつの日にかは、私たちの心に(と言っても、私たちがまだ心を持っていればの話だが)どういう影響をもたらしたかを振り返って、はっきり分かるようになるかもしれない。ちょうど、カー氏が歴史をじっと見つめて、印刷機の効果を評価しているように。しかし今は、まだ判断するには時期が早いと思う。あるいは、私の集中力持続時間が限界にきて、この投稿をさっと簡単にまとめてしまおうとしているのかもしれないが。ほら、メールも一通来たし、チェックしなきゃ)

最後は、結構きついジョークで終わってますね。

もしかしたら、ウェブの影響で集中力が落ちてきていて、この文章のまとめも簡単にしようとしているのかもしれない、というのです、それに、メールが来た、とか言っちゃってsign03coldsweats01

Newsweekに挑戦しましたが、単語を引くのに四苦八苦でしたcoldsweats02

次はまた、もう少し柔らかい雑誌でもwink

|
|

« オンラインセレクトショップ「au one la Select」って? | トップページ | 英語で『クリスマス・キャロル』(21) »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンラインセレクトショップ「au one la Select」って? | トップページ | 英語で『クリスマス・キャロル』(21) »