« リフォーム?それなら「住まいの広場」! | トップページ | お弁当むきに竹輪、夕飯むきにトマト、のレシピ »

2009年12月 3日 (木)

英語で『クリスマス・キャロル』(8)

クリスマス・キャロルを英語の原作で読んでみましょう。原作は結構難しい小説という感じがしますね。

原作はおなじみThe Project Gutenberg、日本語訳はこれもおなじみ青空文庫の森田草平訳を使わせていただきます。

A CHRISTMAS CAROL

by Charles Dickens

CONTENTS

Stave   I: Marley's Ghost
Stave  II: The First of the Three Spirits
Stave III: The Second of the Three Spirits
Stave  IV: The Last of the Spirits
Stave   V: The End of It


STAVE I:  MARLEY'S GHOST

前回の続きです。クリスマスイブなのに、不機嫌な顔をしているスクルージ。それを甥に指摘されたんでしたね。

"What else can I be," returned the uncle, "when I
live in such a world of fools as this? Merry Christmas!
Out upon merry Christmas! What's Christmas
time to you but a time for paying bills without
money; a time for finding yourself a year older, but
not an hour richer; a time for balancing your books
and having every item in 'em through a round dozen
of months presented dead against you? If I could
work my will," said Scrooge indignantly, "every idiot
who goes about with 'Merry Christmas' on his lips,
should be boiled with his own pudding, and buried
with a stake of holly through his heart. He should!"

Out upon merry Christmas!=クリスマスおめでとうなんていまいましい!cf. Out upon you!=《古》うせろ、《嫌悪・抗議などを示して》なんということだ
・pay a bill=勘定を払う、支払いをする
・not an hour=一時間たりとも
・balance books=【動】会計簿の決算をする
・having every item in 'em through=会計簿のすべての項目に目を通す('em=them=books)
・round=【形】一回りする
・dead=完全に
・against=~の不利に、~の負担として
・work one's will=目的を達成する
・indignantly=憤然として
・stake=〔地面に打ち込む〕杭
・holly=《植物》モチノキ、ヒイラギ

「ぷりぷりせずにいられるかい」と、伯父は云い返した、「こんな馬鹿者どもの世の中にいては。聖降誕祭お目出とうだって! 聖降誕祭お目出とうがちゃんちゃら可笑しいわい! お前にとっちゃ聖降誕祭の時は一体何だ! 金子もないのに勘定書を払う時じゃないか。一つ余計に年を取りながら、一つだって余計に金持にはなれない時じゃないか。お前の帳面の決算をして、その中のどの口座を見ても丸一年の間ずっと損にばかりなっていることを知る時じゃないか。俺の思う通りにすることが出来れば」と、スクルージは憤然として云った、「聖降誕祭お目出とうなどと云って廻っている鈍児(どじ)どもはどいつもこいつもそいつのプディングの中へ一緒に煮込んで、心臓に柊(ひいらぎ)の棒を突き通して、地面に埋めてやるんだよ。是非そうしてやるとも!」

”What's Christmas”以下は、いりくんだ長い文章ですが、さすがプロ、よどみなく訳されていますねconfident

心臓に杭を打ち込むのは、吸血鬼の退治方法でしたっけ?

"Uncle!" pleaded the nephew.

"Nephew!" returned the uncle sternly, "keep Christmas
in your own way, and let me keep it in mine."

"Keep it!" repeated Scrooge's nephew. "But you
don't keep it."

"Let me leave it alone, then," said Scrooge. "Much
good may it do you! Much good it has ever done
you!"

・plead=~を嘆願する、訴える、主張する
・sternly=厳格に
・in one's own way=それなりに、マイペースで、自己流に
・do good=良いこと[善行]をする、慈善を行う、ためになる、役立つ、効がある、利する

「伯父さん!」と甥は抗弁した。「甥よ!」と、伯父は厳格に言葉を返した。「お前はお前の流儀で聖降誕祭を祝え、俺はまた俺の流儀で祝わせて貰おうよ。」「祝うんですって!」と、スクルージの甥は相手の言葉を繰り返した。「だが、ちっとも祝っていないじゃありませんか。」

「では、俺にはそんな物打遣(うっちゃ)らかして置かせて貰おうよ」とスクルージは云った。「聖降誕祭は大層お前の役に立つだろうよ! これまでも大層お前の役に立ったからねえ!」

**********

英語をいち早く取得したい貴方へ→毎日話して月額6,800円のオンライン英会話!イングリッシュチャンネル

|
|

« リフォーム?それなら「住まいの広場」! | トップページ | お弁当むきに竹輪、夕飯むきにトマト、のレシピ »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リフォーム?それなら「住まいの広場」! | トップページ | お弁当むきに竹輪、夕飯むきにトマト、のレシピ »