« 「進化型おいしい調整豆乳」、新発売!! | トップページ | ついに血圧の薬を… »

2009年8月25日 (火)

英短文、少しずつでも覚えてみましょうか…(12)

  1. The house has six windows.(その家には窓が6つある)
  2. She has a fair complexion.(彼女は色白だ):fair=色白の、complexion=顔色
  3. You can't fool me.(その手は食わないよ):fool=だます、からかう
  4. My father got dead drunk.(父は虎になった
  5. Instead of becoming desperate, you must approach the problem with an attitude of being hopeful. (すてばちにならないで、希望があると思って問題に対処しなきゃ)

[break time]

<kangarooの語源>

1770年、イギリスの航海家キャプテン・クックがオーストラリアを探検したとき、見たことがない動物だったので、原住民に「あの動物は何と言う名前か」と聞いたのだが、原住民が自分の言語で「カンガルー」(知らないよ)と答えた。キャプテン・クックはそれが名前だと勘違いしたことから、という言い伝えもあるが、事実は違うらしい。"Dictionary.com"にはこのように載っている。

Word History: A widely held belief has it that the word kangaroo comes from an Australian Aboriginal word meaning "I don't know." This is in fact untrue. The word was first recorded in 1770 by Captain James Cook, when he landed to make repairs along the northeast coast of Australia. In 1820, one Captain Phillip K. King recorded a different word for the animal, written "mee-nuah." As a result, it was assumed that Captain Cook had been mistaken, and the myth grew up that what he had heard was a word meaning "I don't know" (presumably as the answer to a question in English that had not been understood). Recent linguistic fieldwork, however, has confirmed the existence of a word gangurru in the northeast Aboriginal language of Guugu Yimidhirr, referring to a species of kangaroo. What Captain King heard may have been their word minha, meaning "edible(食用の) animal."

"gangurru"という現地の言葉があったということだな。

|
|

« 「進化型おいしい調整豆乳」、新発売!! | トップページ | ついに血圧の薬を… »

「英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「進化型おいしい調整豆乳」、新発売!! | トップページ | ついに血圧の薬を… »