« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

英英辞書を読もう!(13)―「黄金の羅針盤」(The Golden Compass)(7)―

入ってきたのは、the Butlerです。

The Butler timmed the wick, and put another log on the fire as well, and then listened carefully at the hall door before helping himself to a handful of leaf from the smoking stand.

・trim=remove the edges from and cut down to the desired size
・wick=a piece of string in the centre of a candle
・as well=in addition; also
・smoking stand=an ashtray mounted on a low pedestal(architectural support or base, as for a column or statue), often placed next to an armchair, sofa, etc.

smoking standの画像をGoogleで検索しましたが、このあとにlid、つまり蓋を元に戻す、という場面があり、この三つの画像では、開き戸や引き出しは有りですが、「蓋」ではないようで。どういうsmoking standなのでしょうか?smokingSmoking_stand Smoking_stand2

Smoking_images

  • He had hardly replaced the lid when the handle of the other door turned, making him jump nervously. Lyra tried not to laugh. The Butler hastily stuffed the leaf into his pocket and turned to face the incomer.

incomerは、the Butlerの言葉から、Lord Asrielだとライラに分かり(ライラはタンスの中ですから)、

a shiver of cold surprise ran down Lyra's backcoldsweats02.

Lord Asrielは、the Butlerに、夕食に遅れたからここ、the Retiring Roomで待つと言います。本当は、the Masterの許可がなければそれはできないことで、それはAsrielにも分かっているはず。だから、the Butlerは、嫌な気がするのですが、疾しいところがあるので…

but the Butler also saw Lord Asriel looking pointedly at the bulge in his pocket, and decided not to protest.

・bulge=a curved shape sticking out from the surface of something

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月29日 (火)

「PC速読トレーニング」って何だろう?!

本を読むのが結構遅い私は、速読って、勉強したい、身につけたいと思って、速読の学び方についての本を、本屋でよくめくってみることがあるけど、どうも難しそうで手が出ない。自分にはできそうもないな、と思ってしまう。

だいたい、本で読んだぐらいで、速読法が身に付くのかなという疑問のほうが湧いてきちゃうもんね。

ところが、このSRJの「PC速読トレーニング」 はちょっと違うらしいsign01eye

この「PC速読トレーニング」は、言語中心の左脳に対して、人間が使うことの少ないイメージ中心の右脳を使う、右脳学習法を取り入れたものなんだって。

だから、ソフトによって、PCの画面を見ながら、視覚のトレーニングをしながら、右脳の働きを高めて、速読を身につけていくということらしい。

これなら、ゲーム感覚で楽しみながら 、自然に速読が身についていくなあpcbook

それから、ソフトの種類も、家族で速読のトレーニング、英単語を覚えるため、ビジネスのため、とか目的別にも選べるようになっているから、とっつきやすいscissorshappy01

最近、人の名前が出てこないは、メガネをかけながらメガネを探すは、の私には「記憶セルフトレーニングセット 」がいいかも…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月26日 (土)

お子さんの塾選びに『あなたの町の学習塾』!

新しい学年を迎え、受験のことを考えて、そろそろお子さんを塾に、と考えている親御さんもおいでになる頃かもしれませんね。

塾と言っても無数にあって、タイプもいろいろ。大手塾か個人塾か、集団授業かマンツーマンか、いろいろ迷うところでしょうね。

そのときに、このサイト『あなたの町の学習塾』がお役に立ちそうですsign01条件からも、地図からも、いろんな検索の方法が用意されています。

そして、選ぶときには、是非これを読んでいただきたい、「親と子の学習塾ガイド」sign03親の押し付けでなく、子供がすすんで行くことが理想ですね。

まあ、私自身の塾経験はもう、かなり古のことですが、私たちの頃は、英語と数学ぐらいしか、塾というものはなかったように思います。それも、教師を職業とする方が、副業的に塾、あるいは家庭教師をなさっていたような。

塾と言っても、寺子屋風。今の塾のような受験の情報がたくさんあるわけではありませんでした。でも、先生とのつながりは深かった…

うちの娘たちの時は、長女と三女は、個人塾でした。それも、私が車の運転ができないので、送り迎えをマイクロバスでしてくれる塾にきめました。『あなたの町の学習塾』の地図で検索したら、その塾が載っていましたよsign03coldsweats01

個人塾は確かに、大手と比べれば、受験情報については不足するとは思いますが、娘たちの経験から言えば、先生とのつながりは深かったし、ちょっとした日帰りのバス旅行も計画してくれたり、楽しめるという面もありましたね。

長女は大学受験のときに、苦手科目をマンツーマンで一時やってもらいました。

ぎりぎりになってからは、大手の集中講義を受け、無料で開放している勉強場所(一人一人にブース的に机がある)をよく利用して、家では落ち着かないときに、そこで勉強していました。

大手は、そういう施設面でも、利用価値が確かにありますね。

かなり迷うところでしょうが、「親と子の学習塾ガイド」をよく読んで頭に置き、子供さん中心に、親と子でよく考えて選んでください。入ってみて、どうも合わない、と思えば替える勇気も必要かもしれません。

そうそう、ちょっと、ためしに、弟の子供のことを考えて、「神奈川県 塾」を検索してみました。ご参考までに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月25日 (金)

「QLifeスクエア」って知ってます?

病院検索口コミサイトQLifeについては以前書いたことがあるが、そのQLifeが運営するWebマガジンが「QLifeスクエア」book

Webマガジンと言っても、そんじょそこらの、ただ視覚的に楽しめるだけのWebマガジンとはわけが違うsign01

「教えて!ドクター」「ヘルスケア」「イベント調査隊が行く」「サプリメントコラム」「からだ検定」「イベント調査隊が行く」などのカテゴリには、それぞれ、健康が今こそ注目されている、この今の日本にいる私たちが、必要としている情報が提供されており、また、その時々の注目の話題にも目を向けた記事も載せられていて、隅から隅まで読みたいと思うほどのWebマガジンだsign03eye

まず、私が注目したのは、「教えて!ドクター」の「脳卒中は40代からが危ない!」という記事。

癌や心臓病に次いで、3位というまだまだ死亡原因の高い位置にある「脳卒中」。コメントにも書いたが、その中に、脳梗塞、脳出血という分類があることすら、お恥ずかしいことだが、もしかしたら聞いたことはあるかもしれないが、そうなんだーと、感心してしまった情けない私である。

実家の祖父も、数度目の脳出血で、結局半身不随になり、家が商売で忙しく面倒を見られないため、入院生活をずっと送らなくてはならなかった。祖母も、体調が悪くて入院していたさなかに、急に意識不明になった。たぶん脳出血だったのだろう。

年下の従妹は、くも膜下出血を経験し、同級生のご主人は、仕事中に倒れて意識不明になった。同級生の男子(いや男性)は、やはり仕事中に倒れて、そのまま亡くなったらしい。それはつい一週間ほど前のこと。

これだけ身近な病気で、癌とともに、私や旦那にも、いつ降りかかってくるかも分からないのだ。

記事に書いてあるように、後遺症のことも考えると5分が勝負らしいshock

関連する
・「突然」が脳卒中の発作のキーワード
・脳卒中の半数以上を占める脳梗塞 日本人に多いラクナ梗塞
・脳卒中は内科の病気 脳卒中センターのある病院はどこ
・頭部CT検査が不可欠血栓溶解療法を行うか否かの決め手となるMRI検査
・発作後3時間以内のt-PAの投与が決め手となる脳梗塞

以上の記事も読んで勉強しておかなくっちゃclippencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NHKラジオ朝一番健康ライフ高田明和氏のお話

先週の、高田明和氏のお話を、NHK朝一番健康ライフのホームページで聞いてみました。

大まかに言えば、脳についての現代の科学でも、仏教などの宗教や、今まで日本で普通に言われ、そのように生活で実行されてきたことが正しいと証明された、ということなんでしょうね。

聞きながら書き留めたので、箇条書きですが…

  • 体を動かせば努力しなくても自然に悩みが解消
  • 掃除など、体を動かすことだけに集中することによって自動的に感情が抑制される
  • じっとしているから悩む
  • 仏教などの修行では、どうしたら悩みが消えるかが課題で、修行の道は四念処、つまり、体、感覚、心、宇宙の法則という、四つの気づきの実践だと言われる
  • 悩みを少なくするには体と心に意識をむける
  • たとえば、歩く脚の動きに意識を向けて、右足が上がった、左足が上がった、と自分に報告する
  • その報告をすると、悩む時に活動する脳の部分の活動が抑制される
  • 憎しみを持っている場合でも、自分の心の動きを客観的に観察し、今、自分は憎しみを持っていると自分に報告すると、悩みが少なくなる
  • 座禅では、呼吸をゆっくりしていれば心が休まる
  • ゆっくりな呼吸で脳内のセロトニンが増えることが科学的にわかっている
  • お釈迦様の時代から言われているように、呼吸の数を数えて呼吸に意識を向ける、心を集中すること
  • 体に心を向けることで精神が安定し、習慣病を防ぐのに役立つ
  • 息をするだけでなく呼吸を数える(自己報告)
  • 瞑想している人の脳の中をMRIで見ると、アルファー波、ガンマー波が出ていて、それは愛が深まったときの脳の状態
  • うつ病というのは自分や人を愛せない状態
  • 瞑想時は脳の喜びを感ずる場所が活動していることが分かった
  • それは母親が子供をかわいがる時に活動する脳の働きと同じ
  • 呼吸を数えて意識を向けると自然に瞑想状態になって愛が深まる
  • その脳の状態は、人間が持っている一番自然な、根源的なもの
  • 余計な感情を持たず、自然な状態なら、そういう素晴らしい脳の状態であるはず
  • 言葉による癒しがあることが脳の科学で分かってきた
  • たとえば「念ずれば夢が叶う」というようないい言葉が、脳のミラー細胞を刺激する
  • ミラー細胞とは、人間の脳内にある、他人の行動を見て共感できるようになるための神経細胞
  • いい言葉を読んだり聴いたりして、自分に言い聞かせると不思議と気分がよくなる
  • 呪文を唱えればすべての苦を除く、というのが般若心経の最後の部分…「ぎゃあていぎゃあていはらそうぎゃあてい」
  • 読経(観音経・般若心経)で息を吐きつくし、声を出すことに集中するのは、瞑想の原点に合致
  • カラオケ、合唱なども同じ
  • ご詠歌・声明なども、ゆっくり長く息を出し、それに集中する
  • 「いいことを思えばいいことが来る」は最大の手法で、それはお釈迦様が言ったことの原点
    一日10分の坐禅入門―医者がすすめる禅のこころ (角川oneテーマ21 B 105) Book 一日10分の坐禅入門―医者がすすめる禅のこころ (角川oneテーマ21 B 105)

    著者:高田 明和
    販売元:角川書店
    Amazon.co.jpで詳細を確認する

    運勢をひらく“般若心経”の処方箋 Book 運勢をひらく“般若心経”の処方箋

    著者:高田 明和
    販売元:春秋社
    Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月24日 (木)

イトーヨーカドーのネット通販利用したことありますか?

イトーヨーカドーのネット通販を利用したことありますか?

私はすでに利用済み。 会員でなくてももちろん利用できるけど、無料で会員になれば、届け先など履歴があるから、次回注文が容易になりますよ。

配達料が心配と思う方も、買い物yen1,500以上なら無料だし、yen1,500以下でも、一律yen380だから利用しやすいでしょう?

また、近くのセブン-イレブンで受けとるなら金額に関わらず手数料無料free

品物は、食品からギフトまであらゆるカテゴリーを網羅しているから、毎日の生活に必要な品物がそろう。

重たい思いをして、雨の中やかんかんと照りつける太陽の下、あるいは寒風の中を買い物、という大変さを解消しませんか?ネット通販は、私たち五十路を始め、年配の人にこそ利用価値があると思いますよ。

イトーヨーカドーはまた、安全・安心・お得をコンセプトにしたセブンプレミアムという独自の品物を持っている。

それぞれの品物の説明も詳しい。

たとえば、今私が注目中の「じゃがいものポタージュ」。

化学調味料・香料・着色料・増粘剤は一切不使用、の説明。

アレルギー情報もあるし、原材料、カロリーの表示もしっかりある。私の場合は、このカロリーが重要だけどcoldsweats01そして、10袋入り298円はだいぶお得moneybag

セブンプレミアムみりん風調味料、料理酒1000mlがふだんの値段で198円なのも安いsign01

100円のスナックもおいしそうkissmarkセブンプレミアムヨーグルトマシュマロ・マンゴーマシュマロ・キャラメルバウム…scissorshappy0120080423premium  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英英辞書を読もう!(12)―「黄金の羅針盤」(The Golden Compass)(6)―

the Stewardが出て行った後、ライラとPantalaimonは、先ほどのthe Masterの行動について話し合います。

ライラは、あれはLord Asrielを殺すための毒だ、と言います。

Pantalaimonは、それを否定はしませんが、それに関わるなとライラに言うのです。

"I think it is, like you do. And I think it's none of our business. And I think it would be the silliest thing you've ever done in a lifetime of silly things to interfere. It's nothing to do with us.

・interfere=to involve yourself in a situation when your involvement is not wanted or is not helpful
・nothing to do with=not connected in any way

ライラは反発します、黙って見てなさいというのかと…

"・・・How can I just go and sit in the library or somewhere and twiddle my thumbs, knowing what's going to happen? I don't intend to do that, I promise you."

・twiddle your thumbs=to do nothing for a period of time, usually while you are waiting for something to happen

今までライラはいろんなトラブルに巻き込まれてきたようですが、それはみんな自分に関すること、もう慣れっこになっている。でも今回は、Lord Asrielのこと。それがライラにはとても心配で不安の種になっているのです。

なんだかただならないことが起きようとしていると、ライラは感じています。あまりcollegeに来たことのないLord Asrielが来るということは、a time of high political tension(これはどういうことなのでしょうか?)に、ただ食事に来るだけではなさそうだ、とライラは思うのです。

そしてこういう事実からも…

She knew that both Lord Asriel and the Master were members of the Cabinet Council, the Prime Minister's special advisory body, so it might have been something to do with that.

こういう噂も…

It was said that the Tartars had invaded Muscovy, and were surging north to St.Petersburg, from where they would be able to dominate the Baltic Sea and eventually overcome the entire west of Europe.

・Tartar=a member of any of the various tribes, chiefly Mongolian and Turkish, who, originally under the leadership of Genghis Khan, overran Asia and much of eastern Europe in the Middle Ages. (=the time between the end of the Roman Empire and the Renaissance, often dated from A.D. 476 to 1453. )
・Muscovy=Also called Grand Duchy of Muscovy. a principality founded c1271 and centered on the ancient city of Moscow. Its rulers gradually gained control over the neighboring Great Russian principalities(principality=territory ruled by a prince)  and established the Russian Empire under the czars. (=【until 1917】 the male Russian ruler)
・surge=to move quickly and powerfully
・St.Petersburg=a city and a federal subject
of Russia located on the Neva River at the east end of the Gulf of Finland on the Baltic Sea
【federal subject=(Wikipediaより)Russia is a federation which consists of 83 subjects.These subjects are of equal federal rights in the sense that they have equal representation—two delegates each—in the Federation Council
】 

ライラは戦争でも起きるのかと心配します。a time of high political tensionは、このことですね。

おっと、誰かがやって来るようです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ニュースに出ないニュース『Web-Tab(ウェブタブ)』って?

テレビやラジオのニュースだけ、見たり聞いたりしていたのでは、一生知らずに過してしまう、世界中の耳よりニュース、面白ネタ、素晴らしい自然や、街角の人々の写真にまで触れることができるのが、このサイト『Web-Tab(ウェブタブ)』なんですsign03eye

インドで、野良犬の群れが、人間の母親が捨てた女の赤ちゃんを、噛みもせず見守り、吠えて人々にその赤ちゃんの存在を知らせた、という超ローカルな話題から、ジャッキー・チェン、パリス・ヒルトン、ブリトニーなどの芸能ネタ、デンマーク国内の地球温暖化に関する政治ネタまで、幅広く網羅sign01

そして、そのそれぞれに関連するニュースも次々にネットサーフィンできて、時間のたつのも忘れてしまいますcoldsweats01

実は私、Web-Tab Hot100から、二つの記事にひきつけられネットサーフィンしちゃいました、1時間もcoldsweats02pc

一つは「オバマ氏とクリントン氏が親せきに?」という、エーッというニュース。オバマ氏とブラット・ピットがいとこ、クリントン氏と、ブラット・ピットのパートナー、アンジェリーナ・ジョリーがいとこ、というわけで、もしかしたらそのうち親せきになるかも、というのですよsign01

このニュースに関して、ブラット・ピット、アンジェリーナ・ジョリーが、籍を入れてないということ、アンジェリーナ・ジョリーが、三人も難民の子供を養子にしていて、ブラット・ピットとのあいだには娘が一人、そして、ナントもしかしたら双子を妊娠している、なんていうニュースまで知ってしまいましたhappy01それから、この二人はまとめて”ブランジェリーナ”と呼ばれていることも…

もう一つは「トム・クルーズについて行けない?ケイティ・ホームズ

ケイティ・ホームズは彼の奥さん。エネルギッシュな旦那について行くのに、睡眠不足になって倒れるまでになってるらしい。トム・クルーズは「ラスト・サムライ」なんかでも、切られ役の日本のスタッフにまで細かく気を使った人だと聞いたことがあるから、何から何まで神経を張り巡らせている人なんだろう。毎日一緒に生活するには、同じ世界に身を置く奥さんでも大変なんだなあ、と変な感心をしてしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月23日 (水)

医療事務講座情報は「ケア資格ナビ」で!

私自身は、姑さんがまたピンシャンと元気なので、直接介護しなくてはならないという立場にはないが、実家の母が、骨粗しょう症、胃癌の手術経験から、だいぶ歩くのに支障が出てきて、杖も必要になり、通院も弟家族、甥っ子にも助けを求めなくてはならなくなってきたhospital

介護というのは、毎日、そして、いつまで続くか分からない仕事で、本人も辛いが、周りも巻き込んで、皆がストレスを抱え込むsweat01

だから、離れて住む身内は、協力をしながら、極力、毎日直接関わっている家族に対しては、余計な口出しをせず、感謝の気持ちでいなくてはならないと思うheart

介護している人たちは、介護そのものより、外野の、協力したい、助けたいという気持ちからの、結果的にはおせっかいになるアドバイスや口出しが、一番辛く、精神的に応えるのだと、ラジオで言っていたear

そして、介護には、徐々に介護度がすすむにつれ、ヘルパーさんの協力が必要になってくる。

これからますます、そういう介護・福祉・医療の仕事の需要は高まる。

私の中学時代の友人(男性)は、離婚や転職を経験後、今は、ヘルパーの仕事についているらしい。引っ張りだこの仕事であるし、自分の親の介護にも経験が生かせる仕事だ。

介護のほか、医療事務も、介護保険が複雑な昨今、需要も多いだろうし、いろいろ勉強することも多く、やりがいがありそうだ。施設の窓口では、高齢者にも直接接する仕事でもあり、言葉かけ、言葉遣い一つでも、細かい神経が必要で、講座も、その点が考慮されているようだ。

介護・福祉・医療関係の講座は『ケア資格ナビ』が情報も豊富で、検索もしやすいし、資料請求も簡単。

医療事務」の講座も一覧で比較でき、資格についての説明や、試験情報、実際の仕事内容なども載っているから、このサイトだけですべて用が済んでしまう。そのうえ、実際の就職・転職情報にもリンクしているから便利sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月20日 (日)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(33)

Before sunrise the priest came back. He hastened at once to the verandah in the rear, stepped and slipped upon something clammy, and uttered a cry of horror; -- for he say, by the light of his lantern, that the clamminess was blood. But he perceived Hoichi sitting there, in the attitude of meditation -- with the blood still oozing from his wounds.

"My poor Hoichi!" cried the startled priest,-- "what is this?... You have
been hurt?

At the sound of his friend's voice, the blind man felt safe. He burst out
sobbing, and tearfully told his adventure of the night.

"Poor, poor Hoichi!" the priest exclaimed,-- "all my fault! -- my very
grievous fault!... Everywhere upon your body the holy texts had been
written -- except upon your ears! I trusted my acolyte to do that part of the work; and it was very, very wrong of me not to have made sure that he had done it!... Well, the matter cannot now be helped; -- we can only try to heal your hurts as soon as possible... Cheer up, friend! -- the danger is now well over. You will never again be troubled by those visitors."

With the aid of a good doctor, Hoichi soon recovered from his injuries.
The story of his strange adventure spread far and wide, and soon made him famous. Many noble persons went to Akamagaseki to hear him recite; and large presents of money were given to him,-- so that he became a wealthy man... But from the time of his adventure, he was known only by the appellation of Mimi-nashi-Hoichi: "Hoichi-the-Earless."

・hasten=急いで行く
・in the rear=裏手の
・step=歩く、歩を進める
・clammy=【形】(湿っぽくて・冷たくて・ベトベトした粘着性があって)気持ち悪い
・for he say:sayの時制がおかしいと思うが、青空文庫の戸川明三氏訳は、「それは提灯の光りで、そのねばねばしたものの血であった事を見たからである」になっている。"say"は"saw"の誤りなのかなあ?
・clamminess=べっとりして冷たいもの
・perceive=【他動】 ~に気付く
・ooze=じくじく流れ出る
・feel safe=安心できる、安らかな気持ちになる
・burst out=burst out(【句動】 突然~しだす、急に~し始める)の過去形
・sob=すすり泣く
・tearfully=涙ながらに
・all my fault=すべて私のせい、全部自分が悪い
・grievous=【形】嘆かわしい、ひどい
・acolyte=侍者、助手
・the matter cannot now be helped=今となってはどうしようもない
・spread=spread(広まる、広がる)の過去形
・far and wide=遠くまで広がって、至る所に、広範囲に
・appellation=【名】名称、呼称

これで「耳なし芳一」のお話はおしまい。長い間お付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひろさちや著「死の世界・死後の世界」―抜書き―

ひろさちや著『死の世界・死後の世界』を読み直している。20080420132200

先祖供養、あるいは法事というものについて、ひろさちや氏はこう書いている。

仏教で先祖供養をやるときの基本となる考え方は、
――追善供養。
です。「追善」というのは、文字どおりに善を追加することです。
わたしたちは、本来であれば、生きているあいだに仏道修行をすべきなのです。
しかし、さまざまな理由があって、それが不可能なのです。早い話が、妻子を捨てて出家をするわけにはいきません。
それで、仏道修行を満足にやっていないうちに、臨終を迎えることになります。
その結果は、わたしたちは地獄に堕ちることになるでしょう。

それでは困ります。
だから、あわてて、追善供養をするのです。
冥途の世界で閻魔さんの裁判を受ける死者――先祖――のために、遺族があわてて「善行」を積んであげるのです。

具体的にいえば、布施というのが大乗仏教の修行の基本ですから、その布施の功徳を死者になりかわって積んであげるのです。死者が残した財産を布施にするわけです。そうすると、それが死者の「善行」として追加になるので、冥途の裁判官の心証がずっとよくなるのです。地獄往きであるところを、勘弁していただけるわけです。

そうか、何気なくしていることにこれだけの意味があったのだと、改めて感じ入ってしまいました。それとともに、「追善」という言葉は私などは普段あまり使わないけれど、その言葉についてちょっと思い出したことがあります。

うちの町内では、49日までは、近所も法事に参加し、夜にはお念仏をします。多くの家が、臨済宗妙心寺派のお寺の檀家で、お念仏の時に、次のような「追善御和讃」を唱えますが、思い出したのは、その「追善御和讃」のことです。

お経などなかなか唱えない不信心の私ですが、お念仏の時、この「追善御和讃」を唱えながら、亡くなった人のこと、そして、自分も同じいつかは死ぬ身なのだという事を、いつも必ず、しみじみ思ってしまうのです。

最初だけですが、ここで、実際に詠われている音も聞くことができます。

ホームページとは字など違うところもあるようですが、私の手元にある歌詞です。

あわれ無情の世にあれば 生命(いのち)とどむる術(すべ)もなし
せめてよみじに幸あれと 願いてここに集うなり
ゆらぐ灯(ほ)かげにはらからが ありし日のこと語り合い
千草八千草花かげに 面影しのぶひとときよ
生れて死ぬるつかの間を などなおざりに過すべき
あすは我が身と知る時の 心もとなを如何にせん
生死(しょうじ)すなわち涅槃ぞと 示し給うぞありがたき
生死を超えむ誓ひこそ こよなき今日の手向(たむけ)なれ

  安かれとおろがむ心に通ひくる
         みたまを照らせ法(のり)のともしび

一つ一つの言葉を味わってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピュリナワン(スーパープレミアムドッグフード)4

スーパープレミアムドッグフード「ピュリナ ワン」の」「30日体験記」にうちのミニチュアダックスのホクトが参加してから、早くも30日目が過ぎてしまいましたsign03dog

前にも書きましたが、ちょっと餌入れに入れる量が少なかったりすると、餌の袋のそばに来て、ピョンピョンと飛びついて、もっとと要求します。こんなことは他のメーカーの餌ではなかったことなんです。

ピュリナワン」に切り換えた、最初の頃は、少しずつと思って、前の餌に混ぜると、「ピュリナワン」だけ残していたのが嘘のようですhappy01

ウンチも、「ピュリナワン」のホームページの言葉どおり、ころころとまとまって扱いやすく、色や硬さの状態もいつも一定しています。

ホクトのウエストはまだちょっとボテッとしていますがcoldsweats0120080419071355 、低脂肪・低カロリーの「ピュリナワン」を是非続けて行きたいと思っています。

「30日体験記」でゲットしたのは「インドアドック」ですが、そろそろ7歳に近づいているはず(里親探しでうちに来たので、正確な生年月日が分からないのですthink)なので、次に買うのは、「シニア犬用」にしようか、「インドアドック」を続けようか、それとも「ダイエット」にしようか、ちょっと迷っています。

参考にするため比べてみると、

インドアドック
保証成分
粗たん白質 28.0%以上 粗脂肪 12.0%以上  粗繊維 4.5%以下  粗灰分 8.5%以下  水分 10.0%以下
【代謝エネルギー(ME)】: 約370kcal/100g
【その他の含有栄養成分】カルシウム 1.0% リン 0.8% リノール酸 1.3% ビタミンA 14,000IU/kg ビタミンE 460IU/kg グルコサミン 400ppm
【原材料】チキン、家禽ミール(グルコサミン源)、米、コーングルテンミール、シリアルブラン、小麦、オーツ麦、動物性油脂、チコリ(天然オリゴ糖源)、ビタミン類、ミネラル類等 ※合成着色料・香料は添加しておりません

ダイエット
保証成分
粗たん白質 25.0%以上 粗脂肪 8.0%以上12.0%以下 粗繊維 5.5%以下 粗灰分 8.0%以下 水分 12.0%以下
【代謝エネルギー(ME)】: 約330kcal/100g
【その他の含有栄養成分】カルシウム 0.9% リン 0.7% リノール酸 1.3% セレン 0.3mg/kg ビタミンA 13,000IU/kg ビタミンE 100IU/kg グルコサミン 400ppm
【原材料】ターキー、米、家禽ミール(グルコサミン源)、コーングルテンミール、コーンブラン(食物繊維源)、とうもろこし、小麦、オーツ麦、無脂肪ヨーグルト、動物性油脂(ビタミンEにて保存)、ビタミン類、ミネラル類等 ※合成着色料・香料は添加しておりません。

シニア犬用
保証成分】粗たん白質 28.0%以上 粗脂肪 12.0%以上 粗繊維 4.5%以下 粗灰分 8.5%以下 水分 12.0%以下
【代謝エネルギー(ME)】: 約370kcal/100g
【その他の含有栄養成分】カルシウム 1.0% リン 0.8% リノール酸 1.3% セレン 0.3mg/kg ビタミンA 14,000IU/kg ビタミンC 70ppm ビタミンE 460IU/kg グルコサミン 400ppm
【原材料】チキン、米、コーングルテンミール、家禽ミール(グルコサミン源)、とうもろこし、オーツ麦、動物性油脂(ビタミンEにて保存)、小麦、コーンブラン、フィッシュミール、無脂肪ヨーグルト、ビタミン類、ミネラル類等 ※合成着色料・香料は添加しておりません

それぞれ考えられて配合されているから、迷うばかりですがcoldsweats01

ところでホクトはいたって元気scissorsdog

散歩中は、よその犬や人に気を使ってsweat01尻尾は下にたれっぱなしですが、うちの中では尻尾も元気up20080415210218

20080415210234

そして、相変わらず、私の後追い状態で、まるで1歳前後の幼児がママの後にくっついている感じですwink

廊下から玄関まで箒で掃除する私にくっついてきたホクトです20080415094906

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月19日 (土)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(32)

さあ、いよいよ、「耳なし」芳一へ・・・

There was a noise of heavy feet mounting upon the verandah. The feet approached deliberately,-- halted beside him. Then, for long minutes,--during which Hoichi felt his whole body shake to the beating of his heart,-- there was dead silence.

At last the gruff voice muttered close to him:--

"Here is the biwa; but of the biwa-player I see -- only two ears!... So that explains why he did not answer: he had no mouth to answer with --there is nothing left of him but his ears... Now to my lord those ears I will take -- in proof that the august commands have been obeyed, so far as was possible"...

At that instant Hoichi felt his ears gripped by fingers of iron, and torn off! Great as the pain was, he gave no cry. The heavy footfalls receded along the verandah,-- descended into the garden,-- passed out to the roadway,-- ceased. From either side of his head, the blind man felt a thick warm trickling; but he dared not lift his hands...

・mount=【他動】~に上がる[登る]
・deliberately=慎重に、ゆっくりと
・halt=止まる
・during which=during the long minutes
・to the beating of his heart=心臓の鼓動にあわせて
・dead silence=全くの静寂
・gruff=【形】 しわがれ声の、どら声の
・close to=~の近くで
・of the biwa-player I see -- only two ears=I see only two ears of the biwa-player
・that= I see only two ears of the biwa-player
・that explains why~=それで~というわけだ(~の理由がわかった)
・mouth to answer with:mouthは前置詞withの目的語
・there is nothing left of=~の面影[痕跡]は全く残っていない
・but his ears=except his ears
・to my lord those ears I will take=I will take those ears to my lord
・lord=主人
・in proof that=~の証拠として、~を立証するために
・august=荘厳な、尊い
・so far as was possible=できる限りで
・torn off=tear off(引きちぎる)の過去分詞形
・Great as the pain was=Though the pain was great
・footfall=足音、足取り
・recede=遠ざかる
・descend=降りる、下りる
・pass out=出て行く
・cease=終わる、止む、止まる
・trickling=滴り落ちるもの
・thick=粘り気が強い、ねばねばした
・dare not=~しようと思わない

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(31)

After dark the priest and the acolyte went away; and Hoichi seated himself on the verandah, according to the instructions given him. He laid his biwa on the planking beside him, and, assuming the attitude of attitude of meditation, remained quite still,-- taking care not to cough, or to breathe audibly. For hours he stayed thus.

Then, from the roadway, he heard the steps coming. They passed the gate, crossed the garden, approached the verandah, stopped -- directly in front of him.

"Hoichi!" the deep voice called. But the blind man held his breath, and sat motionless.
"Hoichi!" grimly called the voice a second time. Then a third time --savagely:--
"Hoichi!"
Hoichi remained as still as a stone,-- and the voice grumbled:--
"No answer! -- that won't do!... Must see where the fellow is."...

・according to the instructions given him=与えられた指示通りに
・laid=lay(~を横たえる、~を置く)の過去形
・planking=【名】 厚板材、板張り
・assuming:分詞構文、assume=(ある態度を)取る、~のふりをする
・meditation=【名】 めい想、黙想
・still=【形】 静止した、じっとした、動かない
・audibly=人に聞こえるように
・taking care not to cough, or to breathe audibly:分詞構文、notはto breatheにもかかる。意味は「咳をしないように、息づかいが聞こえないように気をつけて」
・thus=【副】こんなふうに、上に述べたように
・roadway=道路、道
・step=【名】 足の運び、歩み
・directly=【副】ちょうど
・deep voice=太い声、低い声
・held his breath→hold his breath=息を殺す[止める・ひそめる・詰める]
・motionless=【形】 動かない、じっとしている
・sit motionless:動詞+補語(形容詞)の文型<例>He sat straight.(彼は姿勢を正して座っていた)
・grimly=【副】 厳格に
・a second time=もう一度
・savagely=乱暴に
・as still as a stone=まるで石になったかのようにじっとして
・grumble=うなるように言った
・that won't do=だめだ
・fellow=【名】男、やつ、野郎

さあ、いよいよ何かが芳一のところにやって来ました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

保護センターの犬、5日間の命?!

こういうニュースを目にした。

<eye>犬が教えてくれたこと ペットブームの残酷 救い主が現れなければ5日間の命
2008年4月17日(木)18:00  

ラブラドルレトリバー、ジャックラッセルテリア、柴(しば)犬など人気犬種でにぎわう犬舎。ペットショップのような錯覚は、ほとんどの犬が殺処分される過酷な現実でかき消された。  

千葉県富里市の千葉県動物愛護センターの収容棟には飼い主によって野に放たれた犬、ゴミ置き場に捨てられた犬や段ボールに入れたまま放置された子犬など多種多様な犬が集まる。新たな飼い主か元の飼い主が見つからない限り、犬たちに残された命は5日間しかない。それだけが唯一の共通項かもしれない。  

収容室で泣き叫ぶようにほえる犬とは対照的におとなしく座る雑種の中型犬と目が合った。何か言いたげに愛らしいまなざしで私を見つめる。幼さが残る顔から放たれるその視線に胸が締め付けられた。この犬には幸運にも譲渡を希望する新たな飼い主が現れた。しかし、首輪をつけたまま収容されたその犬は数日後に病死し、再びリードをつないで散歩する日は来なかった。  

インターネットで簡単にペットが手に入る現代、飼い主に可愛がられ、洋服を身にまとい散歩する犬も珍しくない。その一方で数多くの犬が殺処分されている。ペットブームの光と影はあまりにも切ないコントラストを描く。  

人間は犬を捨てる言い訳があるかもしれない。しかし飼い主を選べない犬にとって、無理やり命を奪われる理由は一つも見つからない。<文 佐々木順一>  

◇致死処分、06年度は11万頭  千葉県動物愛護センターによると千葉県で06年度に捕獲・収容(捨て犬や迷子)された犬が4970頭、飼い主への返還が609頭。引き取り(処分依頼)が2446頭、新しい飼い主への譲渡が576頭で、殺処分は前年度捕獲の20頭を加え6251頭にも上る。  

5年前と比べて引き取り、殺処分頭数は半数近くにまで減少した。理由として「ペットに対する考え方や飼い主のモラル向上が背景にあるのではないか」と同センターは話す。また、同センターでは昨年4月から捕獲・収容犬をインターネットで公開したり、捨て犬の里親探しを行うボランティア団体などへの譲渡、新たな飼い主を探すための飼い主探しの会などを実施して処分数を減らす努力も続けている。昨年度の譲渡件数は06年度の2倍以上となった。  

環境省のまとめでは06年度に全国で捕獲・収容(引き取りを含む)された犬が14万2000頭、そのうち返還・譲渡された犬が2万9000頭、致死処分された犬は11万3000頭に上る。

11万とはすごい数。旦那とまた、「うちに来てよかったねえ」と、ホクトに向かって言ってしまいました。同様のニュースに接するといつも二人でそう言ってしまうのです…

shineホクトのお気に入りshine

無添加良品 ササミステーキ野菜入り 180g [無添加良品] 無添加良品 ササミステーキ野菜入り 180g [無添加良品]
販売元:爽快ペットストア
爽快ペットストアで詳細を確認する
純国産ペットシーツ レギュラーサイズ600枚入【k4u5643】:【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】 純国産ペットシーツ レギュラーサイズ600枚入【k4u5643】:【あす楽対応_東北】【あす楽対応_関東】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】

販売元:ジェイユーショップ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「NHKラジオあさいちばん健康ライフ」が聞ける!

今週の「NHKラジオあさいちばん健康ライフ」は高田明和さんだった。息のことから、声を出すこと、たとえばお経を読むことも健康にいいというようなお話だった気がするのだが、お弁当を作りながらなので、つい聞き逃すことも多かった。

で、もう一度聞きたいわけなのだが、今年度から、NHKはいい事を始めてくれたeyesign03

前の週の番組をホームページで聞くことができるようにしてくれたのだhappy01

「健康ライフ」だけでなく「著者に聞きたい本のツボ」もearさっそく、真島久美子(ましま・くみこ)著 「兄弟は他人の始まり」を聞きました。scissorshappy01  

是非活用したいですねslate

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月18日 (金)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(30)

住職さんがお経を書いてくれることになって・・・

Before sundown the priest and his acolyte stripped Hoichi: then, with their writing-brushes, they traced upon his breast and back, head and face and neck, limbs and hands and feet,-- even upon the soles of his feet, and upon all parts of his body,-- the text of the holy sutra called Hannya-Shin-Kyo. When this had been done, the priest instructed Hoichi, saying:--

"To-night, as soon as I go away, you must seat yourself on the verandah, and wait. You will be called. But, whatever may happen, do not answer, and do not move. Say nothing and sit still -- as if meditating. If you stir, or make any noise, you will be torn asunder. Do not get frightened; and do not think of calling for help -- because no help could save you. If you do exactly as I tell you, the danger will pass, and you will have nothing more to fear."

・acolyte=【キリスト教】(儀式での)侍者、伴僧、助手:この場合は、住職に仕える人、あるいは修行僧でしょうか。
・strip=~を裸にする
・writing-brush=毛筆
・trace=【他動】 (線・文字・図などを)引く
・breast=胸
・limb=手足
・sole=足の裏
・text=文章
・sutra=【名】 《ヒンドゥー教・仏教》経典
・Hannya-Shin-Kyo=【般若心経】 大乗仏教の経典。一巻。空(くう)の思想など般若経の精要を簡潔に説く。サンスクリット本二種、漢訳本七種があり、日本では玄奘訳のものが流布。摩訶般若波羅蜜多心経。般若波羅蜜多心経。心経。
・ instruct=【他動】 ~に(…について)指示する、~に教える
・verandah=縁側
・as if meditating=as if you are meditating
・meditate=【自動】 めい想する、黙想する
・stir=動く
・you will be torn asunder=バラバラに引き裂かれてしまうだろう
・get frightened=おじけづく
・call for help=助けを呼ぶ、助けを求める
・do exactly as I tell you=全く私の言ったとおりにする

さあ、これで書き忘れたところはないのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(29)

芳一はすべてを話しましたが、

The priest said:--

"Hoichi, my poor friend, you are now in great danger! How unfortunate that you did not tell me all this before! Your wonderful skill in music has indeed brought you into strange trouble. By this time you must be aware that you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery, among the tombs of the Heike; -- and it was before the memorial-tomb of Antoku Tenno that our people to-night found you, sitting in the rain. All that you have been imagining was illusion --except the calling of the dead. By once obeying them, you have put yourself in their power. If you obey them again, after what has already occurred, they will tear you in pieces. But they would have destroyed you, sooner or later, in any event... Now I shall not be able to remain with you to-night: I am called away to perform another service. But, before I go, it will be necessary to protect your body by writing holy texts upon it."

・unfortunate=【形】 運の悪い、残念な
・bring you into trouble=あなたを困った状態に追い込む
・文の構造:you have not been visiting any house whatever, but have been passing your nights in the cemetery(~でなくて~)
・any~whatever=noまたはanyを伴う名詞の後にwhateverを付けて「少しの~も」の意味<例>There is no[any] doubt whatever about it.(それは何の疑いもない)
・imagine=心に描く
・illusion=錯覚
・calling=呼び声、呼び出し
・once=一度、いったん
・obey=~に従う、服従する、(人)の言うことを聞く
・them=the dead
・put yourself in their power=あなた自身を彼らの支配下に置く=あなた自身を彼らの思うままにする
・tear you in pieces=あなたを切れ切れに引き裂く
・in any event=いずれにしても、どっちみち
・destroy=滅ぼす、たたきのめす、ぼろぼろにする
・sooner or later=いつかは、遅かれ早かれ
・remain with you =あなたと一緒にいる
・call away=呼び出す
・protect=守る
・holy=神聖な、text=文章:holy text=お経

住職がお経を芳一の体に書いて亡霊から守るということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

だしをとった後の削り節でふりかけ!

実家の母が、だしをとった後の削り節がもったないとふりかけを作っているので、真似してみました。

分量などはいい加減ですcoldsweats01 うちは生協の店舗で、この削り節を買っています。さば・いわしで、200グラム、298円。結構安いんじゃないかと思います。20080418063436

うちは三人家族だから、みそ汁や煮物を作るのにそれほどたくさんの削り節を使わないので、まあ、4、5日分ほどの、だしをとった後の湿ったままの削り節を蓋の付いた容器などにためて行きます。もちろん冷蔵庫に入れながらですが。夏場は傷みやすいですから、あまり長くため込まないように注意してください。

ためた、だし取り後の削り節を鍋にいれ、中火ぐらいで少し水分を飛ばしてから、酒、みりん、砂糖、しょうゆを適宜入れ、弱火から中火ぐらいで、しゃもじで、汁気がほとんどなくなって、パラパラするくらいまで煎ります。煎りつけるので、あまり調味料の量が多すぎると、味が濃くなりますから注意。これは何回かやれば、見当が付いてくると思います。

火を止めてからゴマを多めに振ります。出来上がりはこれ。ちょっとゴマの量が少なかったかなcoldsweats01

これもリサイクルということになりますかな…

松味楽や、松の実が入った錦松梅というわけにはいきませんがcoldsweats02、でもけっこういけますscissorshappy01

20080418063358

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アルジルリン50%配合!「Arge+50(アルジェプラス50)」

年齢がすすんでくると、どうしても気になってくるのは、目尻、口元、額のシワだわねえcoldsweats02

七十や八十の年代になれば、もうあきらめざるを得ないかもしれないけど、女としては、できるだけ長くシワの目立たない顔でいたい。シワはどうしても年取ったという印象を与えちゃうもの。

私も例外でなく、目尻はいうに及ばず、額のシワもやけに最近目立つようになってきた。

そういうシワに対して、美容外科などでは、ずっと、食中毒の原因菌で知られるボツリヌス菌毒素から抽出した成分を、シワの部分に注射する「ボトックス」という方法が行われているらしいが、効果が出ないこともあるようだし、第一怖いよなあ、それに結構な費用もかかるmoneybag

ところが、スペインの「リポテック社」が、化粧品として、その「ボトックス」と同じ効果が得られるという「アルジルリン」という成分を開発し、最近はその「アルジルリン」配合の美容液がいくつか売り出されているようだ。

でも「アルジルリン」の配合率に違いがあり、予防美学のコスメサイト「デュクール」が創り出した「Arge+50(アルジェプラス50)」は、アルジルリンの配合率がなんと50%sign03eye

そのうえ、ヒアルロン酸Na ・ダイズ発酵エキス・クロレラエキス・アロエベラエキス・ローヤルゼリー・カッコンエキスまで配合されているってsign03ear

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月17日 (木)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(28)

Whereat, in spite of the weirdness of the thing, the servants could not help laughing. Sure that he had been bewitched, they now seized him, and pulled him up on his feet, and by main force hurried him back to the temple,-- where he was immediately relieved of his wet clothes, by order of the priest. Then the priest insisted upon a full explanation of his friend's astonishing behavior.

Hoichi long hesitated to speak. But at last, finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest, he decided to abandon his reserve; and he related everything that had happened from the time of first visit of the samurai.

安徳天皇の墓の前で琵琶を弾いている芳一を見て、後をつけてきた男たちは声をかけるが、芳一に一喝される。さてその続きは・・・

・whereat=【副】 そこで、その時
・weirdness=【名】 この世の物とは思えない物、(性格などが)変わっていること、奇異さ
・could not help laughing=笑わないではいられなかった
・(They were)sure that=(that 以下)を確実と思う
・he=Hoichi
・be bewitched=魔法をかけられる
・seize=【他動】~を捕まえる、つかむ
・pulled him up on his feet=引っ張り上げて立たせた
・by main force=力ずくで、腕ずくで、無理やりに、強制的に、強引に
・hurried him back=彼を急いで帰らせた
・where=at the temple
・relieve of his wet clothes=濡れた衣を脱がせる
・by order of =~の命[命令・指図]で[により・によって]
・insist upon(=on)=~を強く主張[要求]する
・his friend=Hoichi
・hesitate to=~するのをためらう、ちゅうちょする
・finding that his conduct had really alarmed and angered the good priest=as he found that his conduct~:分詞構文
・decide to~=~することを決心する
・abandon=~をあきらめる、断念する、中止する
・reserve=保留=言わないでおくこと
・relate=【他動】~を話す、述べる、物語る
・文の構造:he related everything (that had happened from the time of first visit of the samurai)、thatはeverythingを先行詞とする関係代名詞、先行詞にall, every, any, only, noが付くときは通例thatが用いられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(27)

At last, as they were returning to the temple by way of the shore, they were startled by the sound of a biwa, furiously played, in the cemetery of the Amidaji. Except for some ghostly fires -- such as usually flitted there on dark nights -- all was blackness in that direction. But the men at once hastened to the cemetery; and there, by the help of their lanterns, they discovered Hoichi,-- sitting alone in the rain before the memorial tomb of Antoku Tenno, making his biwa resound, and loudly chanting the chant of the battle of Dan-no-ura. And behind him, and about him, and everywhere above the tombs, the fires of the dead were burning, like candles. Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man...
"Hoichi San! -- Hoichi San!" the servants cried,-- "you are bewitched!...Hoichi San!"
But the blind man did not seem to hear. Strenuously he made his biwa to rattle and ring and clang; -- more and more wildly he chanted the chant of the battle of Dan-no-ura. They caught hold of him; -- they shouted into his ear,--
"Hoichi San! -- Hoichi San! -- come home with us at once!"
Reprovingly he spoke to them:--
"To interrupt me in such a manner, before this august assembly, will not be tolerated."

・they=the servants(芳一の後をつけていた)=the men
・by way of =~を経由して、~を通って
・were startled=びっくりした
・furiously=【副】 荒れ狂って、猛烈に
・cemetery=【名】 墓地
・Except for=~がなかったら
・such as=たとえば~のような
・flit=【自動】ひらひら飛び回る、せわしなく動き回る
・in that direction=その方向=お墓の方向
・hasten 【自動】 急いで行く
・memorial tomb=記念碑、記念の墓、追悼のための碑
・resound=【自動】 (大音響が)鳴り響く
・host of= 《a ~》たくさんの、多くの、大群の
・in the sight of~=~の目の前で
・mortal=死ぬ運命にある=人間の
・文の構造:強調による倒置:Never before had so great a host of Oni-bi appeared in the sight of mortal man=So great a host of Oni-bi had never before appeared in the sight of mortal man
・bewitched=魔法をかけられた
・strenuously=【副】 熱心に、激しく、精力的に
・rattle=ガラガラ鳴る
・clang=【自動】 (金属などが触れあって)カーン[ガチャン・ガチャガチャ・カンカン・ガンガン]と鳴る
・caught(catchの過去形) hold of =~をつかんだ
・Reprovingly=非難するように
・interrupt=【他動】 割り込む、妨げる、邪魔する
・in such a manner=そんなふうに
・august=【形】 威厳のある、恐れ多い
・assembly=【名】 集めること、集合、集会
・be tolerated=許される

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オーダーカーテン通販『カーテンフェイスオンライン』

カーテンをそろそろ替えなきゃと思いながら、インターネットで検索していて、このサイトを見つけた。それが、オーダーカーテン通販『カーテンフェイスオンライン』pc

オーダーカーテンでありながら、既製品と値段に大差ない。

そのうえ、生地のサンプルの数が豊富で、実際の生地の手触りを確かめるためにサンプル生地を請求できるsign01これは良心的だ。

選ぶにも、遮光カーテン、防炎カーテン、レースなど、カーテンの種類によって、リビング、子供部屋など、部屋の種類で、カジュアルかエレガントかなど、スタイルによって…のようにいろんな選び方ができるのも便利。

生地を選んでクリックすると、スタンダード仕上げ、ハイランク仕上げにしたときのカーテンの様子の違いが画面で確認でき、レール・窓のタイプ、寸法を入力すれば、合計でかかるお金も計算できるようになっている。これも親切sign03

例えば…とためしに部屋の種類で生地を選んでみた。

「リビングルーム」なら、ドレープの花柄、1級遮光で丸洗いOKのDH15-AP3003ROとレースの丸洗いOKのLS15-AL70254NL、「子ども部屋」(子供たちはすでに巣立ってしまったがcoldsweats01)なら、丸洗いOKのDH15-FS3858BE、「キッチン・ダイニング」なら、丸洗いOKのDS15-FS3970ORかな。

みんな、お値段の一番安い、スタンダードにしました。家計節約中のためyenmoneybagwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月16日 (水)

わらブロって?

わらブロ」って知ってますか?

USENの無料動画サイトGYAOの、お笑い動画投稿サイトですmovie

人を笑わせることのできる動画なら何でもオーケー。動画はちょっと、という人も、文章で「プチ投稿」っていうのもできますよsign01

ところで、GYAOが、今月25日に開局3周年を迎えるんだそうです。

で、「わらブロ」では、「3」をテーマにした、みんなを笑わせる楽しい動画を募集中sign03

その企画は「わらブロ・ザ・スリー」scissorshappy01

優勝作品(1名)には、なんと賞金30万円が、準優勝作品(3名)には、3万円が贈られるそうですyen賞金ゲットのため、皆さん頑張ってください、頭しぼってflair

タイトルには必ず「3」を入れ、一つの動画は60秒以内にするのが条件です。締め切りは5月20日。

一人何回でも応募できるそうですよsign01

受賞作品は、GYAOで「わらブロ」オフィシャルCM として、100万回sign02配信されるらしい…

最近、なかなかプロのお笑いの人たちのネタでも、おなかの底から笑えるものが少ないからなあ、有志の皆さん、是非頑張って私を笑わせてくださいませませhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英英辞書を読もう!(11)―「黄金の羅針盤」(The Golden Compass)(5)―

the  Masterは入ってきたドアからまた出て行ってしまいます。

ライラはPantalaimonと、誰かに見つかる前に出ようとしますが、見てはいけないものを見てしまった動揺からもたもたしているうちに、the Stewardがやってくる足音がear

The Steward was coming to make sure the Retiring Room was ready for the Scholar's poppy and wine after dinner.

・the Steward=(Srafopediaより)Head of the servants of Jordan College.
Current incumbent: Mr. Cawson

・steward=a person whose job it is to organize a particular event, or to provide services to particular people, or to take care of a particular place
・current=of the present time
・incumbent=the person who has or had a particular official position

・poppy=(Srafopediaより)
Poppy is a plant characterised by its bright red petals. It is most commonly associated with Remembrence of those who died in the wars (most specifically, World War 1, the Great War).
It has another use though, and a more insidious one. Poppy can be used to produce several dangerous drugs, the most common of which is Opium. It is the poppy seeds that are used to synthesise the drugs.

・insidious=(of something unpleasant or dangerous) gradually and secretly causing harm
・Opium=a drug made from the seeds of a poppy (= red flower) and used to control pain or to help people sleep. It can make a person who takes it want more of it and is sometimes used by people to give them temporarily pleasant effects
・synthesise=produce substance by chemical process

現在のthe StewardはMr.Cawsonだということですね。

【参考】(同じくSrafopediaより)
Mr. Cawson=the Steward (head of the servants) of Jordan College, an old rival of the Butler.

ほう、執事のライバルね。

ライラはすんでのところで洋服ダンスに隠れますrun

Lyra darted to the oak wardrobe, opened it, and hid inside, pulling the door shut just as the Steward entered.

・dart=to move quickly or suddenly

ライラはタンスの扉の隙間から様子を見ています。the Stewardのダイモンは犬。その犬は、ライラの気配を感じているようですが、幸いなことにライラのところまでは、やって来ません。

He was a servant, so she was a dog; but a superior servant, so a superior dog.. In fact, she had the form fo a red setter. The daemon seemed suspicious , and cast around as if she'd sensed an intruder, but didn't make for the wardrobe, to Lyra's intense relief.

・red setter=an Irish breed with a chestnut-brown or mahogany-red coatRed_setter
・cast around=to look around for something

ライラはthe Stewardに打たれたことがあるらしい。

Lyra was afraid of the Steward, who had twice beaten her.

the Stewardは、Scholarsの給仕の監督をするためにthe hallへ戻っていきますdoor

・Scholar=(Srafopediaより)A Scholar in Lyra's World is a learned person, someone who studies a discipline and heads towards mastery in that subject. Most of the Scholars that Lyra meets are those of Jordan College, where Lyra lives and starts her adventure.

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月15日 (火)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(26)

On the very next night, Hoichi was seen to leave the temple; and the servants immediately lighted their lanterns, and followed after him. But it was a rainy night, and very dark; and before the temple-folks could get to the roadway, Hoichi had disappeared. Evidently he had walked very fast,-- a strange thing, considering his blindness; for the road was in a bad condition. The men hurried through the streets, making inquiries at every house which Hoichi was accustomed to visit; but nobody could give them any news of him.

・very=【形】 《強調》まさに、まさしく
・lantern=【名】 ランタン、ちょうちん
・temple-folks=寺の人たち=the servants
・roadway=道
・evidently=【副】 明らかに、確かに、どうやら
・considering=【前】 ~を考慮すれば、~にしては、~を思えば、~を考えれば
・the road was in a bad condition=道は悪い状態だった=道はぬかるんでいた
・making inquiries=尋ねる
・be accustomed to visit=たびたび訪れたことのある
・news of~=~についての情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(25)

The priest was surprised, rather than pained, by Hoichi's reticence: he felt it to be unnatural, and suspected something wrong. He feared that the blind lad had been bewitched or deluded by some evil spirits. He did not ask any more questions; but he privately instructed the men-servants of the temple to keep watch upon Hoichi's movements, and to follow him in case that he should again leave the temple after dark.

・pained=【形】不愉快な、立腹した
・reticence=【名】 無口、口が重いこと
・he felt it to be unnatural:it=Hoichi's reticence、 unnatural=不自然な
・suspect=【他動】 ~ではないかと疑う[うすうす感じる]、~だろうと思う
・something wrong=何かおかしい
・fear=【他動】 ~を恐れる、心配する
・lad=若者、青年
・bewitch=【他動】 ~に魔法をかける、(魔法で(人)を)言いなりにする
・delude=【他動】 (人を)だます、欺く
・evil spirit=悪霊、悪魔
・文の構造:he privately instructed the men-servants of the temple to keep watch upon Hoichi's movements, and to follow him in case that he should again leave the temple after dark
・privately=内密に、ひそかに
・instruct=指示して~させる
・keep watch on(upon)=~を見張る、~を監視[警戒・警備]する、~に目を光らせる
・in case that=もし(that 以下)の場合には
・should=【助動】 (万一)~ならば

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヒアルロン酸「皇潤」の”エバーライフ”

株式会社「エバーライフ 」って知ってますか?

最近よくテレビで見かける、八千草薫さんと、三國連太郎さんのコマーシャルのヒアルロン酸皇潤 」を販売している会社。

お二人のコマーシャルを見るたびに、「もう一度」を、実家の母にも始められるほど元気になってほしいものだと思う。

八千草さんと、三國さんは、お二人とも、変に若ぶることもなく、いい年のとり方をなさっていて、それなりに体の衰えはあるだろうが、それでも俳優という仕事を無理なくやっておられる、その姿はとっても好感がもてる。

このコマーシャルを見て、このお二人と一緒に、年はとったけど、何とか、もう一度少しでも元気になって、毎日の生活を楽しみたい、何かを始めたいと思う人は多いんじゃないか。

「エバーライフ」の商品は、「皇潤」のほかにもいろいろあるが、これは試してみるのもいいんじゃないかと今、私自身が思っているのは青汁

うちはだいぶ以前から青汁二袋と、バナナ一本、リンゴ二分の一個分に、牛乳(最近は無脂肪か低脂肪)200ccを加えて、ミキサーにかけ、旦那、姑、私の三人で毎朝飲んでいる。bananaapple果物に甘みがあるから、蜂蜜などの甘みは加える必要は全然ない。

今、青汁はホントにいろんな種類が出ているから迷うけど、「エバーライフのおいしい青汁新鮮搾り」は、大麦若葉 に、生命力の強い熊笹、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸まで加えた優れものらしいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ギフト商品専門店「GIFT&STYLE」

一口に「ギフト」と言ってもいろいろだ。お中元、お歳暮、誕生日、年齢の節目のお祝い、入学、卒業、入社、結婚、出産、お礼、内祝、並べると切りがないなpresent

でもギフト商品を選ぶのは結構大変。気も使うし、あれにしようかこれにしようかとどうしても迷う。

だからエイッとばかりに、カタログで選んでもらう形式のギフトにすることも多くなった。

すると今度は、それが陳腐になってきて、そろそろ極上のギフトを自分で選ぶ、という形も考え直されてきているのではないだろうか。

その極上のギフトをそろえているのが、このサイト、ギフト商品専門店の「GIFT&STYLE」だ、ちょっと注目だなeye

ロブマイヤーなど上質のワイングラス、コルクオープナー、ワインクーラー…そして、飲み物の温度を保つ、ボダムのGasマグやグラス…winecafe

ボダムの保温マグ、ハンドル付き二個セットは、結婚式の引き出物などにぴったりじゃないかなheart04熱いコーヒーなどが入っていても、手で持って熱くないそうだ。

「GIFT&STYLE」ではオリジナルメッセージカードも用意し、ラッピングにもこだわっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「あなたの町のリフォーム屋さん」

お宅ではリフォームを頼む時、どういうところに依頼していますか?

『あなたの町のリフォーム屋さん』というサイトでは、あなたの県や町のリフォーム屋さんを検索できるようになっています。

できれば地元で営業している、信頼おけるリフォーム屋さんを探したいですよね。

ちょっとためしに「エリア検索」で検索してみました。

たとえば、「東京リフォーム会社」「神奈川リフォーム会社」「大阪 リフォーム会社eye

このサイト『あなたの町のリフォーム屋さん』は、頼むところを検索できるだけではありません。家のリフォームについての、あらゆる角度からの情報、知恵を”住まいのリフォームガイド”から見ることができます。人に頼むリフォームだけでなく、自分でできる、いわゆるDIYの知識も載っていて、参考になること請け合いです。項目もたくさんあって、一度では見切れませんcoldsweats01

部屋を二つに仕切るなら、壁でなくカーテンで、部屋のライトや収納も百円グッズで、など、発想の転換のアイディアflairも参考になりますよ、是非ご覧下さいsign03

折に触れて見たいので、さっそくブックマークに登録しましたscissorshappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

マンション住まいって憧れちゃう!

ずっと一戸建てに住んでいてマンションに住んだことはないから、とても憧れがある。

だから、新築マンションとか分譲マンションっていう文字が躍っている広告が新聞の折り込み散らしに入っていると、つい見てしまう。間取りの図を見るのも結構楽しいsign01happy01

マンション購入って、いったいこれから私の人生にあるのかどうか…うーん、でも一回ぐらいはマンションに住んでから死にたいよなあcoldsweats01

マンションの立地から言えば,もう五十路だもんcoldsweats01、断然駅近sign03

景観は、もちろん、いいほうがいいから、二階以上で、海か山か川が見えるといいなあyachtfuji

設備の面では、当然ウォシュレットトイレよねえscissorshappy01あとはセキュリティsign03インターネット、床暖房なんてのも整ってるといい。

火山地震、湿気の国、日本だから、耐震性、耐久性も求められるのは至極当然sign01

間取りは、私たち夫婦が暮らせればいいから(姑さんはすみません、今回は考慮外coldsweats01)、2LDKで充分。

この条件にぴったりで、対面式のキッチンもあって、私の理想かな、と思うのは、ダイアパレス西調布heart01いいなあいいなあ、住む人、いいなあsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

部屋探しお助け!『学生マンション.com』

うちの娘たちが学生で一人暮らしをしたのはもう数年かそれ以上前になる。そのころと比べれば、学生マンション自体も、それを探す手立ても格段に充実しているだろう。

もうすでに学生さんは一人暮らしを始めているだろうが、感想はいかがだろうか。

私自身は一人暮らしをしたことはないが、娘たちの下宿探しには本当に何回も同行した。それって結構楽しかったなあhappy01

でも、よく考えて決めたつもりが、入居してみたらいろいろ不便さがあったりで、短期間で他に移ったこともあった。敷金、礼金が再度かかって大変だったが、やっぱり変えてよかったようだ。

長女の場合は、学校に近くて、日当たりもいい、という好条件だけに目が行って、台所なるものが小さい流しだけなのを、まあいいかと妥協して入居したら、流しの横にいわゆる調理台がないのが不便だったり、学校に近いが、駅からは遠くて、買い物も不便だったということもあった。

次女の場合は、不動産屋が車で連れて行ってくれ、環境もいいし、病院も近くにある、マンション風できれいだし、一番上の階にはトレーニング室もある、なんていうのに目が行って入居したら、駅から遠いのがやっぱり不便だ(車で行ったからその辺の感覚が分からなかったわけ)ということで、一年にならないうちに転居した。

三女の場合は、学校にも駅にも近く、買い物も便利で、そのうえ安いということに目が行って、入居してみたら、やっぱりちょっと引っかかっていた日当たりの悪さがとても気になり始め、それに加えて、風呂場のドアの取っ手や、食器棚の取っ手が取れかかっていたり、ということで、嫌になり、確か二、三ヶ月で転居したはずcoldsweats02

まあ、ほんとにいろいろありましたsweat01

皆さん、実際に毎日、学校に行くだけでなく、買い物して、食べて暮らしていくんだということを考えて、部屋選びをしてくださいねーsign03

それにしてもうちの娘たちはよくやってきた、よく死なないでちゃんと一人暮らしをしてきたなあと、一人暮らしの経験のない母は思っているのです。

今、一人暮らしをしている学生さんたちにも応援のエールを送りたいですheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月14日 (月)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(24)

In the middle of the following night the samurai again came for him, and led him to the august
assembly, where he gave another recitation with the same success that had attended his previous performance. But during this second visit his absence from the temple was accidentally discovered; and after his return in the morning he was summoned to the presence of the priest, who said to him, in a tone of kindly reproach:--

"We have been very anxious about you, friend Hoichi. To go out, blind and alone, at so late an hour, is dangerous. Why did you go without telling us? I could have ordered a servant to accompany you. And where have you been?"

Hoichi answered, evasively,--

"Pardon me kind friend! I had to attend to some private business; and I could not arrange the matter at any other hour."

・come for=~を迎えに来る、~を連れに来る
・august=【形】 威厳のある、恐れ多い
・assembly=集会、会合
・where=in the assembly
・attend=【他動】 (物・事が)~に伴う
・the same success that had attended his previous performance=前回の演奏のときと同じ成功
・accidentally=【副】 偶然に、うっかりして、図らずも
・was summoned to~=~に呼び出される
・the presence of~=~がその場にいること
・in a tone of =~の口調で
・kindly=【形】思いやりのある、優しい
・reproach=【名】 非難、叱責
・I could have ordered a servant to accompany you.:仮定法過去完了、過去の事実と反対のことを表す。この場合は「(実際にはしなかったが)知っていればそう言いつけたのに」ということ。
・evasively=あいまいに
・Pardon me=許してください
・attend to some private business:attend to one's business=事務を執る、商売に精を出す、なので、ここでは「ちょっと自分の用をする」
・arrange=都合する、手筈を整える、段取りをつける
・arrange the matter at any other hour=そのことを他の時間にするように都合する

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(23)

After Hoichi had duly expressed his thanks, a woman's hand conducted him to the entrance of the house, where the same retainer, who had before guided him, was waiting to take him home. The retainer led him to the verandah at the rear of the temple, and there bade him farewell.

It was almost dawn when Hoichi returned; but his absence from the temple had not been observed,-- as the priest, coming back at a very late hour, had supposed him asleep. During the day Hoichi was able to take some rest; and he said nothing about his strange adventure.

・duly=【副】 十分に
・conduct=導く、案内する
・to take him home=彼を家へ連れて帰るために
・verandah=縁側
・at the rear of=~の後方に、~の裏に<例>garden at the rear of the house 家の裏にある庭
・bade him farewell=bid him farewell(彼に別れのあいさつをする)の過去形
・dawn=夜明け
・absence=不在、留守
・observe=~に気づく
・supposed him asleep=彼が眠っていると思った
・take some rest=少し休む
・adventure=冒険

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月13日 (日)

はなさんの仏像エッセイ「はなの縁」

asahi.com関西に、モデルのはなさんが、仏像についてのエッセイを連載している。

東寺の帝釈天 うっとり 仏像界のプリンス 2007年04月27日  

京都の玄関口に佇(たたず)む、東寺の五重塔。時速300キロで走っていた新幹線も、この塔が見えてくるあたりから急に速度を落とし始めます。町中に刻まれた歴史の足跡を辿(たど)り、過去の風景に思いを馳(は)せる。ゆっくりと流れ続ける京都の空気に触れるだけで、心和むはずなのですが、私の心のビートは高鳴るばかり。

京都駅から車に乗って、およそ5分。仏像界のプリンス、帝釈天(たいしゃくてん)さまがお待ちになる東寺の講堂に到着しました。境内に敷き詰められた小石の海を渡り、帝釈天さまの元へまっしぐら。仏像を訪ねる時は、どんなに立派な建造物も、美しい庭園も、後回し。目に飛び込んでくるのは「だんご」の文字くらいです。  

漸(ようや)く、講堂が見えてきて、足は小走り、気持ちは先走り。扉をくぐった瞬間、空海が演出した立体曼荼羅(まんだら)の迫力にのみ込まれていきました。エネルギーに満ちた仏像たち、そしてご本尊の大日如来さまにご挨拶(あいさつ)を済ませ、いざ帝釈天さまの元へ。  

炎を背負い、憤怒を吐き出す明王さま群の中で、涼しげに佇む、帝釈天さま。白象にまたがり、どこか遠く、自分の心の奥底を見つめるお姿に、うっとり。いつかあの白象にまたがりたい、と帝釈天さまとのドライブを夢見る私。仏像界のプリンスとの叶(かな)わぬ恋物語に、すっかりヒロイン気分を味わうのでした。

重要文化財・浄瑠璃寺の吉祥天立像 気品と自信 満ちあふれ
2007年09月28日  

ひんやりと、冷たい空気が景色を包み込む。秋が深まると、奈良の山々は一斉に、衣替えを始めます。黄色、オレンジ、赤。目映(まばゆ)い色のコートを羽織り、冬までの短い季節を思いっきり楽しんでいる様子です。

この奈良に近い京都府木津川市の浄瑠璃寺で毎年、秋の訪れと共にお目見えするのが、仏像界一のおしゃれさん、吉祥天さま。庭園を眺める、九体の若々しい阿弥陀さまに囲まれた吉祥天さまは、華やかな衣装を身にまとい、黄金の宝冠には鳳凰(ほうおう)を乗せ、凜(りん)とした表情で遠くを見つめています。  

切れ長の目、スッと伸びた眉、そして、深紅の艶(あで)やかな唇。目の前に立っているだけで、心の中まで見透かされているような眼差(まなざ)しに、吸い込まれていく。毘沙門天さまのお妃(きさき)であると同時に、母であり、さらには幸福をもたらす女神として誕生した、吉祥天さま。芯の力強さと共に、女の色気まで感じられる、強烈な存在感の持ち主です。  

実際、こちらの吉祥天さまに「女性」としての魅力を感じる男性の方々も多いようです。しなやかさの中にも、揺るぎない自信とパワーに満ちあふれていて、女性が見ても「かっこいい!」と思わず納得。170センチ近くもある大柄な私に対して、90センチしかない小柄な吉祥天さま。細長い百済観音さま似の私とは、体形も、佇(たたず)まいも、まったく違いますが、「いつかあの衣装を着て、金色の阿弥陀さまに囲まれてみたい!」と、吉祥天さまの写真を眺めながら、今日も妄想の世界へと旅立つのでした。

重要文化財・飛鳥寺の釈迦如来像 仏像界のドンにうっとり
2007年12月21日  

日本最古のお寺でずっと、そっと、私たちの世界を見守ってくださる、日本の仏像界の「ドン」、奈良の飛鳥寺のお釈迦さま。大学時代、私が仏像の勉強を始めて間もない頃に出会った、思い出の仏像です。そのお釈迦さまからお呼びがかかったのは、5年ほど前。本の取材で、私は飛鳥寺のお釈迦さまがお待ちになる、明日香村へと向かいました。

「明日が香る」と書いて、明日香村。歴史的にも常に、注目されてきた村です。奈良市内を離れ、車が飛鳥寺へと近づくにつれ、のどかな田園風景へと景色が変わっていきました。村へ行く道すがら出合った信号機には「止まれ4分 進め20秒」なんて看板が。日本一のご長寿仏像の貫禄(かんろく)が、街全体の空気にも感じられ、気持ちがワクワクからドキドキへと高まっていきました。  

飛鳥寺に到着すると、私はお釈迦さまがお待ちになるお堂へと急いで向かいました。5年経(た)った今でも、鮮明に蘇(よみがえ)ってきます。お釈迦さまと目を合わせた瞬間、私はその場で凍り付いてしまったのです。心がお釈迦さまの大きな体に吸い込まれていくような、不思議な感覚。このお方こそ、仏像界のドン! あの杏仁(あんにん)型の目を見上げながら、私はそう確信しました。  

1400年近く、この世界の移り変わりを見てきたお釈迦さま。今でもお元気なお姿で、明日もこの村がやさしく香るように。そんな願いを込めた眼差(まなざ)しで、今日も飛鳥寺から明日香の村を眺めていることでしょう。

薬師如来座像と十二神将(新薬師寺) 永遠の時刻む 小さな宇宙
2008年01月25日  

奈良市にある新薬師寺の頭文字、「新」。この文字は「あらたかな」、仏さまに捧(ささ)げた祈りが叶(かな)う、という意味が込められた言葉だと知ったのは、最近のことでした。

ご本尊の薬師如来さまの貫禄(かんろく)あるお姿を眺めているだけで、心に抱えた不安が消えていくのを感じるのは、その御利益なのかもしれません。どっしりと構える、薬師如来さま。そのふっくらとした手の指の隙間(すきま)に見える水かき、「マンモウソウ」は、私たちを一人残らず救い上げてくださるためにあるものだそうです。これなら、大丈夫!体が薄っぺらな私もちゃんと、キャッチしてくれるはず!  

朱色に塗られた唇と、黒く描かれた眉毛や髭(ひげ)。私たちの心を見透かすような大きな眼差(まなざ)し。インドの壁画に出てきそうな、くっきりとしたお顔立ちは、どこかエキゾチックで神秘的です。仏像がシルクロードを渡ってきたことを再確認させてくれるのが、新薬師寺の薬師如来さまなのです。  

その薬師如来さまを取り囲む、十二神将さま。後ろ姿が、それぞれ個性的です。「マコラ」に「シンタラ」、力強い名前に負けず、絶妙な動きで薬師如来さまを守り続けます。  それは、薬師如来さまの回りをクルクル、クルクルと、まるで、止まることのない時を刻み続けるよう。躍動感溢(あふ)れる十二神将さまと、存在感ある薬師如来さまが創造したのは、永遠の時を表す空間。新薬師寺は、1200年以上も回り続けてきた、小さな惑星です。

阿弥陀如来(国宝・平等院) 極楽浄土へひとっ飛び
2008年02月22日  

チョコレート色に染まった10円玉を片手に、私は京都と奈良の中間に位置する宇治に出かけました。お目当ては、お茶……ではなく、手の上で転がる10円玉にも描かれた、平等院です。  

香ばしいお茶の香りが漂う宇治の街を歩き抜けると、世界遺産に認定された平等院が見えてきました。参拝受付で整理券を受け取り、私は抹茶色をした阿字池まで急ぎました。早朝から参拝者で賑(にぎ)わうお寺では、仏さまとご対面する絶好の場所を早めに確保するのが大切。春の朝日を気持ちよさそうに浴びる阿弥陀さまが真っ正面に見える、とっておきの場所に到着です。  

阿字池に映る鳳凰(ほうおう)堂が、ゆらゆらと揺れるのを眺めてから、そっと上を見上げる。翼を広げる、鳳凰。そして、お堂の中から遠くを見つめる、阿弥陀さまのお姿。私は目の前に広がる幻想的な風景と、10円玉に刻まれた絵を重ねてみました。約950年間もの時を、手の中の10円玉に封印したような気分です。  

いよいよ、お堂に入る準備が整ったようです。私は、平安時代へと通ずる一本の橋を渡り、阿弥陀さまの元へと近づいていきました。満開の蓮華(れんげ)の花びらにお座りになり、ゆったりと阿字池を見つめる、阿弥陀さま。その周りを、ふかふかな雲に乗った雲中供養菩薩(ぼさつ)さまたちが、飛び回っています。楽器を演奏したり、ダンスを踊ったり、お花を手にしていたり、そこはとっても賑やかで、明るい世界。  

私は一瞬のうちにして、極上の音楽が響き渡る、極楽浄土に飛び込んでしまいました。

十一面観音菩薩立像(海龍王寺) みほとけと はなの縁
2008年03月28日  

先日、カタログの撮影で、奈良を訪れました。春のぽかぽか陽気に包まれた、東大寺の境内。鹿たちもお日様の下でのんびり、日なたぼっこを楽しんでいます。久しぶりに見る、奈良の景色。まずは、東大寺を守る金剛力士さま、そして、奈良の中心仏でもある大仏さまにご挨拶(あいさつ)です。  

奇跡的に、撮影が早く終わり、しかも、ロケ地が東大寺のすぐお隣! お寺巡りをして帰るには最高の条件に恵まれ、気持ちは高鳴るばかりです。お昼休みに東大寺を回り、撮影隊とごはんを食べ、解散したのは15時20分でした。お寺の門が閉じるまで、もう時間がない。さあ、ここからが本番です!  

自分がいる場所、そして、近くのお寺をすでにチェックしていたこともあり、私は迷わず、海龍王寺まで歩いて行きました。すでに、両手はお土産品でふさがってしまい、細い歩道を歩くのもギリギリです。汗ばむ陽気の中、15分ほど歩いて、お寺に到着です。  

海龍王寺の境内に足を踏み入れ、鎌倉時代に造られた美しい十一面観音さまとご対面。整ったお顔立ちと、すらりと伸びた手足。仏像には命が宿っている、そんなことを当たり前のように受け止めてしまう瞬間です。私は仏さまが見渡す、お寺の境内に目を向け、縁側に腰を下ろしました。  

落ち着く……。完璧(かんぺき)に整備されたお庭よりも、無造作に生える木々を見て、安心する。さらさら、風になびく葉っぱを眺めながら、私は今までで一番短い奈良の旅を満喫していました。

若くして亡くなった従姉の旦那さんが、やはり仏像を見て歩くのが趣味らしい。そういうお仲間もいるらしいから、寂しくなくていいだろう。

私には今のところそういう趣味はないが、じっくりと一つ一つの仏像の顔を眺めてみるのも、心が落ち着いていいかもしれない、はなさんの本を参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モデルのはなさんと仏像

ラジオで、モデルのはなさんが、趣味の仏像について語っていた。その仏像に合った音楽を聴きながら見るとか。ユニークだなあsign01

ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう (幻冬舎文庫) Book ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう (幻冬舎文庫)

著者:はな
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

cafeglobe.comの2003年6月4日付けの記事から

“はなちゃん流”仏像の楽しみ方

はな  HANA/モデル      
1971年生まれ。上智大学比較文化学科にて東洋美術、そして仏教美術に出会う。現在、「新日曜美術館」(NHK教育)の司会、「TIME FOR BRUNCH」(J-WAVE)のパーソナリティーなどのほか、エッセイ執筆やCM出演などでも幅広く活躍中。さらに、2003年にはパンダ親善大使にも任命される! 著書には『はなのとっておきスウィーツBOOK』(集英社be文庫)、『Oops! ウップス!』(筑摩書房)など。    

仏さまって、言ってみればアイドルなんです。

今年に入ってずっと物騒な空気が世界に漂っていて、それは今だって拭われたわけじゃない。ちゃんとウォッチを続けなくちゃ、とも考える。けれど、それだけじゃココロはこわばってしまうよね……なんて考えていたら、この人に会いたくなった。  

はなちゃん。本来ならば、きちんとした大人の女性に対して「ちゃん」はどうかと思うのだけれど、事実、彼女はとてもしっかりとした大人の女性なのだけれど。なぜだか「はなさん」より「はなちゃん」なのだ。こわばったココロもホロホロと緩めてくれるような笑顔だもの、失礼かなとは思いつつ親しみを込めて、そう呼びかけたくなる。  

そんな彼女が最近、一冊の本を書いた。『ちいさいぶつぞう おおきいぶつぞう』というタイトルから判るように、京都や奈良の仏像について語ったエッセイのような、ガイドのような本。はなちゃんにかかると、日本史の教科書にしかめっ面で登場していた仏像たちが、かなり違う存在に思えてくる。  

「アイドルみたい? そうだねぇ、トキめきとかあるものね(笑)。仏さまって、ずっと昔は光の輪などで表現されていたのだけれど、あるときから人間の形に模して崇拝するようになった。最初は王様とか、尊敬される人の顔に似せて作ったりしていたの。だから、もともとアイドルではあったんです」    

“はなちゃん”オリジナル!? 仏像の楽しみ方。  

大学では比較文化学科に在籍、気づいたら西洋美術よりも東洋美術を、そして仏教美術の科目を好んで選んでいたというはなちゃんだけに、そんな説明はお手の物といったところ。  

「いろんな国の仏さまを見ていると、それぞれその国の人の顔をしてるのね。インドならインドの方の彫りの深い感じ、日本まで来たら日本人の姿になっている。そんなところを比べるのも面白かったんです。けれど、今は大学時代よりもっと楽しんでいると思います」      

だからこそ、今回は“はなちゃん流”仏像の楽しみ方を教えていただこうという趣向、なのである。まずは、お寺に辿りついたところからスタート。  

その仏像が、いちばんきれいに見えるアングルを探したいから。  

「ワクワクしながらお堂に入って、まずは全体の空間を楽しむのね。で、どんどん仏さまに近づいていって。双眼鏡も必ず持って行きます。近くでディテールを見て、後ろにまわり込めるお堂なら、絶対に後ろ姿も見て。それで、自分の好きなアングルを探すんです。そこでとりあえずボーッとして。少し離れてみたり、座って低めのアングルから見てみたり。やっぱり、その仏像がいちばんきれいに見えるところを探したいから。見つけられると、ウワーッと嬉しくなる(笑)」    

自分が好きなアングルを探す? かつて、そんな仏像の見方をしたことがあっただろうか、と自問自答。例えば、目の前にいる誰かのいいところを探してあげよう、そんな気持ちに通じるアプローチかも。ふむ、そのまなざしが大切なのだね。    

「光の状態によって仏さまの表情も変わるから、それぞれの時間を楽しむのもいいんですよ。仏像はずっと変わっていないのに、『あれ? この前会ったときと違うね』とか思ったり。ライティングも何気に変わっていたりするし。あ、そうだ。影とかがまたいいのね」    

お気に入りの影を思い出しているのか、はなちゃんのまなざしはうっとりと……。    

しびれる! ブラボー! 素直にそう感じればいい。  

「目が合うところを探してみるのもオススメです。本来、仏像ってあまり目が合わないものなのね。遠くを見つめている感じに作られているので。けれど、たまに出会ったりするんです、目が合う仏像に。大きい仏像だと見下ろされる角度が良かったりね。  

目といえば、鎌倉時代以降の仏像には“玉眼(ぎょくがん)”といって、水晶が眼に埋め込まれているんですね。キラキラした眼だなと思ったら、『これは鎌倉以降の仏さまだな』なんて判るんです。ちょっとした知識があるだけで、何となく楽しいの。  

仏像を見ていると、素朴な疑問が生まれてくると思うの。なんで髪の毛がもっこりしているんだろうとか、なんでああいう指の形なんだろうとか。そこをちょっと調べてみるだけで、もっと世界が広がっていくの。判んなかったら、住職さんに聞いてみればいいのよ。ちゃんと教えてくれるから」    

広隆寺の弥勒菩薩に、「しびれる! ブラボー!」と投げかけてしまったり、円成寺の大日如来に「『大ちゃん』と声をかけたく」なったり、永観堂の見返り阿弥陀に「私の心の鈴を鳴らしてしまった仏さま……」なんてつぶやいてみたり。仏像に向けるはなちゃんのまなざしは、どこまでもナチュラルで。仏像というだけで構えて敬遠してしまうなんて、実はとてももったいないことなのでは? という気にさせられる。仏像のどこに魅せられるのか、聞いてみたくなる。    

「好きなのは、口元。アルカイックスマイルって言いますよね。口角をキュッと上げて微笑んでいる姿を見ると、元気がなかったり疲れているときも『いけない、いけない。私も口角上げなきゃ』って、それは素直に毎回思う。もちろん、元気があるときも、見ていてさらにトキめいちゃったり、そりゃもうカッコよかったりしてドキドキするし」

拝むというより、もっと自由な視線で。    

はなちゃんの理想のタイプって? もちろん、仏像のことなのだけれど。まるで、人間の男性のことを聞くように尋ねてみても、彼女は実に素直に答えてくれる。尊敬しつつも構えない。人とのつきあい方も、そんな風にできれば素敵だなぁと思わずにいられない。  

「うん、タイプってあるな。仏さまだから知恵が詰まっていて優しくて、いろんなものを備えていらっしゃるんだけれど、その中でも考え込んでいるタイプが好きなの。京都・東寺の帝釈天さまなんて、考え込んでて、でも頼もしくて。『あ、ついて行こう』って気になる(笑)。逆に、すごく面白い風貌の仏像もいたりするのね。そんな仏さまに会うのも楽しい。すごーくかわいい仏像もいるし」      

宗教として拝みながら見るのではなくて、もっと自由な視点で、と彼女は言う。言葉が介在しない分、自分のまなざしや想像の世界をうんと楽しめばいい、と。 じっとしていて何も喋らない仏像に、いろんな思いを馳せる……なんて想像していると、今すぐにでもお寺を訪ねたい気になる!  

「お仕事だったんですが、みうらじゅんさんと“仏像デート”したんです。みうらさんの、仏像をフィギュアのようにとらえる男の子的な見方がとても新鮮だった。逆に、私は女の子の目線で見ているし。あと、みうらさんもよく使う言葉なんだけれど、『グッとくるんだよね』って。そういう仏さま、みんなも探してみたらいいと思うんです。ぜひ流行らせてほしいな、仏像デート(笑)」

Text/ Matsumoto Noriko(Cafeglobe.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月12日 (土)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(22)

For much time the sobbing and the wailing continued. But gradually the sounds of lamentation died away; and again, in the great stillness that followed, Hoichi heard the voice of the woman whom he supposed to be the Rojo.

She said:--

"Although we had been assured that you were a very skillful player upon the biwa, and without an equal in recitative, we did not know that any one could be so skillful as you have proved yourself to-night. Our lord has been pleased to say that he intends to bestow upon you a fitting reward. But he desires that you shall perform before him once every night for the next six nights -- after which time he will probably make his august return-journey. Tomorrow night, therefore, you are to come here at the same hour. The retainer who to-night conducted you will be sent for you... There is another matter about which I have been ordered to inform you. It is required that you shall speak to no one of your visits here, during the time of our lord's august sojourn at Akamagaseki. As he is traveling incognito, he commands that no mention of these things be made... You are now free to go back to your temple."

・sob=すすり泣く
・wail=声を上げて泣く
・lamentation=嘆き
・died away=次第に静まる、弱まる
・stillness=静けさ
・Rojo=(17)参照
・be assured=確信した、確信を持った
・without an equal=並ぶもののない
・recitative=叙唱(話すように歌うこと)
・prove yourself=自分の実力を示す、自己の能力を発揮する
・Although we had been assured that you were a very skillful player upon the biwa, and without an equal in recitative, we did not know that any one could be so skillful as you have proved yourself to-night.:時制など今ひとつわかりにくいので、戸川氏の訳を見させていただくと

私共は貴方が琵琶の名人であって、また謡う方でも肩を並べるもののない事は聞き及んでいた事では御座いますが、貴方が今晩御聴かせ下すったようなあんなお腕前をお有ちになろうとは思いも致しませんでした。

うーん、やっぱりプロですね。
・lord=主人
・bestow=【他動】 ~を授ける、与える
・fitting=【形】ふさわしい
・reward 【名】 褒美、報酬、謝礼金
・desire=~を望む、要求する
・you shall :話し手の"you"に対する命令
・perform=演奏する
・after which time:which timeは"the next six nights"を指す。whichは関係形容詞、非制限用法として格式的な意味で用い、「そしてその…」「だがその…」の意味、<例>We traveled together as far as Sendai, at which station we parted.(私たちは仙台まで一緒に旅行したが、その駅で別れた)、The train might be late, in which case you may take a taxi.(列車は遅れるかもしれない、その場合はタクシーを使ってよい)
・august=威厳のある、堂々とした、恐れ多い
・return-journey=帰りの旅:戸川氏の訳によれば「殿様」のようなので、領地に帰る旅なのでしょうか
・you are to come here=ここに来なさい(来るべき):「be+to」の意味は「できる、べき、はず、運命」
・retainer=家臣、家来
・conduct=~を案内する
・be sent for=呼びにやられる、呼ぶために使いに出される
・which=another matter
・order=命じる
・inform=~に知らせる、告げる
・It is required that~=~が必須(必要)である
・文の構造:speak [to no one] of your visits here=ここに来たことは誰にも話さない
・sojourn=【名】 (短期)滞在、逗留
・incognito=【形】【副】 〈イタリア語〉身分を隠した[隠して]、匿名の[で]、偽名の[で]、お忍びの[で]
・command=命令する
・mention=【名】 言及
commands that no mention of these things (should) be made
・be free to=自由に~できる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(21)

But when at last he came to tell the fate of the fair and helpless,-- the piteous perishing of the women and children,-- and the death-leap of Nii-no-Ama, with the imperial infant in her arms,-- then all the listeners uttered together one long, long shuddering cry of anguish; and thereafter they wept and wailed so loudly and so wildly that the blind man was frightened by the violence and grief that he had made.

・fate=死、悲運
・fair=【形】 きれいな、美しい
・helpless=【形】無力な、頼りない
・the fair and helpless=美しい人たちと無力な人たち:the+形容詞で複数名詞の意味を表し、ここでは次のthe womenとchildrenがそれぞれ対応している:the+形容詞の例[The strong should take care of the weak.(強者は弱者のめんどうをみるべきである)]
・piteous=【形】哀れな、痛ましい
・perish=滅びる、死ぬ
・death-leap=【名】 飛び降り自殺、身投げ
・Nii-no-Ama=二位の尼=平時子
フリー百科事典『Wikipedia』より

平時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日))は、平安時代末期の女性。平清盛の正妻。位階は従二位。二位尼と称される。下級貴族の平時信の娘、平時忠・平滋子の姉。清盛との間に宗盛、知盛、重衡、建礼門院徳子らを生む。 承安元年(1171年)従二位に叙され、二位尼(にいのあま)と呼ばれ、清盛亡き後は一門の精神的支柱として重きをなした。壇ノ浦の戦いで一門が源氏軍に最終的な敗北を喫した際、外孫に当たる安徳天皇を抱き、「浪の下にも都の候ぞ」(『平家物語』)と言い聞かせ、海中に身を投じて自殺した。

・imperial=皇室の
・infant=幼児
・imperial infant=安徳天皇

Wikipediaより

安徳天皇
[系譜]父は高倉天皇で、母は平清盛の娘の徳子(後の建礼門院)、祖父は、平清盛。
[略歴]治承2年(1178年)11月12日に生まれ、生後まもない12月15日に立太子。治承4年(1180年)2月21日に践祚し、4月22日に2歳で即位するが、当然、政治の実権は清盛がにぎる。 即位の同年に福原(現在の神戸市)に遷都するがまもなく還都。1183年、源義仲の入京に伴い、三種の神器とともに都落ちする。平家一門に連れられ大宰府を経て屋島に行き、行宮を置いた。平家が屋島の戦いに敗れると西海へ逃げた。そして、1185年、壇ノ浦で平家と源氏が激突。平家軍は敗北し、安徳天皇は祖母である平時子に抱かれて入水し、8歳で崩御(歴代最年少の崩御)。母の建礼門院も入水するが、引き上げられる。この際、三種の神器のうち、神璽と宝剣が海底へ沈んだ。のちに神璽は引き上げられたが、宝剣は失われた。

・in her arms=腕に抱いて
・utter=【自他動】 口に出す、話す、口を利く、言う、述べる、声に出す
・shuddering=【形】(寒さ・恐怖などで)震えている
・anguish=【名】 苦悶、苦悩
・shuddering cry of anguish:戸川明三氏は「戦(おのの)き慄える苦悶の声」と訳されている
・thereafter=その後
・wept=weep(すすり泣く、泣く、涙を流す)の過去形
・wail=声を上げて泣く、泣き叫ぶ、嘆き悲しむ
・loudly=【副】 大声で
・wildly=【副】ひどく、激しく
・so loudly and so wildly that the blind man…:so~that 構文(=大変~なので~)
・was frightened=驚いた、びっくりした
・violence=【名】激しさ、猛烈
・grief=【名】嘆き、悲しみ
・文の構造:the violence and grief [that he had made]:thatはthe violence and griefを先行詞とする関係代名詞

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月11日 (金)

ブログ投稿で報酬ゲット!「A8.net」

アフィリエイト」という言葉を知っている方は多いと思いますが、その意味を知っていますか?

アフィリエイト」とは「提携する」という意味だそうです。

つまり、ブログやホームページを持っている人と広告主、企業が提携するということ。

その間の契約や支払など、いろいろ面倒な手続きを代行するサービスをしてくれるのが、アフィリエイト・サービス・プロバイダー。

そして、扱う件数の多さで、国内最大級のアフィリエイト・サービス・プロバイダーが、「A8.net」(エーハチネット)です。

もちろん私も、このブログで契約させていただいています。まだ契約して間もないですが、売上の成果報酬、記事投稿の成果報酬で、すでに千円ほどゲット!

ブログに広告記事を掲載するのは、自分も新しい情報を得られ、どうやって読む人に好感の持てる広告を送れるか、その工夫が楽しいです。その上、確実に報酬がもらえるんですからmoneybag

バナー広告も契約して載せていますが、選べるバナーの多さは半端ではありません。だから、選ぶだけでも楽しいですよsign01happy01このバナーだったら、ブログに来てくれた人の目にとまるかとか、動きのあるバナーのほうがいいかな、色はどれが印象的かなど、私の商人の血が騒ぎますyendollarheart01wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(20

And to left and right of him, in the pauses of his playing, he could hear voices murmuring praise: "How marvelous an artist!" -- "Never in our own province was playing heard like this!" -- "Not in all the empire is there another singer like Hoichi!" Then fresh courage came to him, and he played and sang yet better than before; and a hush of wonder deepened about him.

・pause=【名】 中断、(小)休止
・murmur=【他動】 ~を小声で言う、~をつぶやく、~をささやく
・praise=【名】 称賛、褒めること
・"How marvelous an artist!" ="How marvelous an artist he is!"="What a marvelous artist he is!"
・"Never in our own province was playing heard like this!"="Playing like this was never heard in our own province.":"Never in our own province"という強調する言葉が前に来たための倒置構文
・province=田舎、地域
・"Not in all the empire is there another singer like Hoichi!"="There is not another singer like Hoichi in all the empire.":これも上の文と同じ倒置構文
・empire=帝国
・fresh=【形】 新たな
・yet=【副】 さらに、その上
・hush=静けさ
・wonder=驚き
・deepen=深まる、募る
・about=【前】~のまわりに
・a hush of wonder deepened about him=驚きのために彼のまわりはしんと静まった

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(19)

Then Hoichi lifted up his voice, and chanted the chant of the fight on the bitter sea,-- wonderfully making his biwa to sound like the straining of oars and the rushing of ships, the whirr and the hissing of arrows, the shouting and trampling of men, the crashing of steel upon helmets, the plunging of slain in the flood.

・lift up one's voice=声の調子を上げる
・chant=【名】 詠唱(節をつけて歌をうたうこと)【自動】 詠唱する
・bitter=激しい、無情な
・making his biwa to sound=琵琶を奏でる
・strain=ぐいと引っ張る
・oar=【名】 オール、櫂(かい)
・rush=【自動】 大急ぎでする、焦る、突進する、走る、急ぐ
・whirr=whir【名】 ヒュー[ビュー・ブンブン・ブーン・ウィーン]という音
・hiss=【名】 シュー[シュッ・ジュー]という音
・arrow=矢
・trample=踏みつける、踏みつぶす
・crash=【自動】 (大きな音を立てて)衝突する
・steel=【名】 剣
・helmet=ヘルメット、兜(かぶと)
・plunge=【自動】 飛び込む
・slain=slay(【他動】 殺す)の過去分詞

激しい合戦の様子ですね。
・flood=(古語)大洋、海、川
・the plunging of slain in the flood:slainは文法的にわかりづらいが、ここの意味は「殺された侍が海に落ちる音」ということだと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月10日 (木)

これは知らなかった(^_^;)「スピードラーニング 英会話」

家で、あるいは通勤通学途中で使える、こんな良い教材があるのに、今まで気が付きませんでした、もうできてから18年もたつんだそうで…coldsweats01

その教材は「スピードラーニング英会話」sign03eye

テキストももちろんあるけど、基本はとにかく聞き流すということ。これは気が楽だよね。

英語を話せるようになるためには、聞くこともとても重要だとよく言われる。

人生論を話し合うことができるほど英会話に熟達した友人がいるが、テレビのニュースや映画など、たくさんの生の英語を聞いて勉強してきたと聞いている。

私も以前、聞く教材を使ったことがあるが、題材はサスペンスや童話などのストーリーもの、日常会話、ニュースもあったが、意味が分からないとあとでテキストを見るしかなかった。だから、あまり分からないとやる気がしぼんだりしたcoldsweats02

ところが、この 「スピードラーニング英会話」では、すぐあとに日本語訳がつくsign01いてもたってもいられず、もう商品サンプル聞いちゃいましたからearsign01

それに会話の題材が身近で、おっ、こういう話題をネイティブの人と話したいな、という話題がずらっと並んでいる。私も、マネーに余裕があれば、すぐにでも申し込みをしたいところなんだけど…weep

1ヶ月目の教材の内容は、もう今すぐにでも聞きたいものばかり。「外国人家族を家に招く」「アメリカと日本の違い」「空港での入国審査」「タクシー、バスに乗る」「気分が悪くなったとき」…もう切りがありませんsign03 

全部で48タイトル。2ヶ月目からは1ヶ月4,800円の支払。英会話スクールに習いに行ったら、週一でこの倍の料金を払わなきゃならないもんね。

それに、途中で休んだり、やめたりも自由にできるということだから良心的。一ヶ月に二回、ネイティブとフリートークもできるってscissorshappy01

聞き流すだけ、月々4,800円、これなら続くんじゃありませんsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

国産シルクが原材料のボディクリーム?!

国産の絹、つまりシルクから化粧品ができるなんて信じられますか?私は、初めて聞いた時、エーッsign02という感じでした。

どういうことかと言うと・・・

絹(シルク)は、ご存知のようになめらかな肌触りとあの独特な光沢が特徴ですよね。その特徴を作り上げているのが、18種類のアミノ酸からできている、シルクプロテインとも言われる「フィブロイン」というタンパク質なんだそうです。

また「フィブロイン」は、医療の分野で、皮膚の再生を促すものとして注目されてもいるとか。

その「フィブロイン」を使って化粧品を開発しているのが、モイストプロテクター・シルクエッセンスパウダー、そしてプレミアムシルクシートの絹工房なんですsign03shine

これが絹工房の「@fib.(アットフィブ)シリーズ」というわけ。

原材料のシルクは、バッチリ出所がはっきりしています。だから安心ですねhappy01

群馬県松井町にある碓氷製糸農業協同組合の製糸工場で作られる絹が原料。

この工場は養蚕農家が経営する全国唯一の組合製糸工場。

そして、製造はここ限定で、数量も限り、ほとんど受注生産の状態で、その上インターネット販売に限ったので、シルクなのに手に入りやすい価格が実現したのだそうです。

荒れやすい肘やかかとをはじめ、全身に使えるボディクリーム「モイストプロテクター」、ヘアケア製品に混ぜて、ダメージヘアのケアに使える「シルクエッセンスパウダー」、水に溶かしてお肌をリフトアップするパック、「プレミアムシルクシート」。

とにかく原料が自然のもの、それもシルクで、国産sign03これ以上安全なものはありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(18)

Now the entire recital would have required a time of many nights: therefore Hoichi ventured a question:--
"As the whole of the story is not soon told, what portion is it augustly desired that I now recite?"
The woman's voice made answer:--
"Recite the story of the battle at Dan-no-ura,-- for the pity of it is the most deep."

・Now=【副】 さて
・recital=朗読、独奏会、独唱会
・require=【他動】~を必要とする
・the entire recital would have d a time of many nights=if he had done the entire recital, it would have required  a time of many nights:仮定法過去完了(過去の事実に反する仮定を表す)、実際には平家物語を全部語らなかった、語ったら幾晩もかかっただろうということ。
・therefore=【副】 それ故に、従って、だから
・venture=【他動】思い切って~する、思い切って[意を決して]~と言う
・soon=【副】 すぐに
・As the whole of the story is not soon told=すぐに全部さっと語れるわけではないので
・portion=部分、一部分
・augustly=堂々と、威厳を持って:ただここではこの意味だけでは意味が通じないので戸川氏の訳を参考にさせていただくと「どの条下(くさり)を語れという殿様の御所望で御座いますか?」
august(adj.)を英英辞典で引くと"of or befitting(~に適する) a lord"ともあるので、「偉い人、御主人の意向としては」という意味があるのだろう。
・文の構造:what portion is it augustly desired that I now recite?:it ~ that構文、what portionはreciteの目的語
・for=【接】なぜなら
・pity=哀れさ

壇ノ浦の場面だけを語ってほしいということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(17)

Hoichi was told to put himself at ease, and he found a kneeling-cushion ready for him. After having taken his place upon it, and tuned his instrument, the voice of a woman -- whom he divined to be the Rojo, or matron in charge of the female service -- addressed him, saying,--
"It is now required that the history of the Heike be recited, to the accompaniment of the biwa."

put himself at ease=気楽にする、安心する
・kneeling-cushion:kneel が「【自動】 ひざを曲げる、ひざまずく」なので、「座布団」の意味
・ready=【形】 用意[準備・支度]ができている
・take his place upon it:take one's placeが「席に着く」なので、この場合は「座布団に座る」
・tune=(楽器を)調律する
・instrument=楽器(ここでは「琵琶」)
・divine=【他動】~と推測する、~と思う
・Rojo=【老女】(1)年とった女性(2)武家や貴族の家で、侍女の筆頭である年長の女:ここでは(2)の意味、戸川氏は「女すなわち女のする用向きを取り締る女中頭」と訳しておられる
・or=【接続】 すなわち、つまり
・matron=【名】 既婚婦人、女性監督者
・in charge of =~を担当[管理]して、~を任されて
・female=【形】 女性の
・service=【名】 勤務、業務、部局
・address=【他動】 話し掛ける、言葉をかける
・saying=and said:付帯状況を表す分詞構文
・be required=どうしても必要な
・recite=吟唱する
・accompaniment=【名】 《音楽》伴奏

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「噛んでる女は太らない?!噛むスープ登場!」って?

ダイエットは皆さん、日々、やっている、あるいはリバウンドして繰り返しているcoldsweats01、ではないでしょうか?

食べることは女性にとって毎日の楽しみの一つ。少なくとも私はそうです。だから体重を減らす、カロリー制限をするということは私にはホント難しい。時々嫌になってしまって、思い切り食べたくなってしまうcoldsweats02

それに、私は無類の早食い。だから余計太りやすいということです。よく噛めば、食べているうちに、大脳に信号が行って満腹感が得られやすいらしいんだけど、何しろ早食いはもう身についてしまっている、困ったもんですsweat01

しっかり噛もうと思っているうちにスイスイ口の中のものが喉から胃に入っていってしまうのよね。

それが、最近ちょっと耳寄りな情報をゲットしましたearsign03

噛まなくてはいられないダイエット食品、尚且つおいしいというスープが、「日清食品」から発売されたそうなんです、つまり「噛むスープsign01

モデルさんや有名ブロガーの人に試してもらうという「噛むスープ」を食べながら、いえ噛みながらのhappy01「カミングダイエットプロジェクト」がすでに始動しているということです。

何でスープが噛めるの?と思ったあなた、是非動画をご覧下さい。その秘密が分かります。

でもおいしくなくちゃね、と思ったそこのあなた、「日清食品」はそのあたりは抜かりないですsign01クリームスープ、コーンポタージュ、トムヤンクンなど、七種類のおいしい味が勢ぞろいrestaurantdelicious

実は私、事情があって家人とは別に食事をしていますsecret(言っておきますが、家人の食事はちゃんと私が作っています、私の名誉のためcoldsweats01)家人のいる居間に近い台所で、コンロやレンジで食べるものを暖めるのさえ憚られて(これは経験の或る人しか分からないでしょうね)、昼食はパンとマーガリンを冷蔵庫から出して、すっと部屋へ持っていって、なんて食事にしてしまったりするのですが、これは最悪の食事bearing

このスープなら、部屋にあるポットの湯を入れればいい。それにちょうどご飯軽く一杯の240カロリー(3単位)程度で、なおかつ他の栄養素もしっかり入っているようだから、私の昼食改善にもぴったりのようですscissorshappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 9日 (水)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(16)

After he had been helped to mount several stone steps, upon the last of which he was told to leave his sandals, a woman's hand guided him along interminable reaches of polished planking, and round pillared angles too many to remember, and over widths amazing of matted floor,-- into the middle of some vast apartment. There he thought that many great people were assembled: the sound of the rustling of silk was like the sound of leaves in a forest. He heard also a great humming of voices,-- talking in undertones; and the speech was the speech of courts.

・mount=【他動】~に上がる[登る]
・stone step=石段
・upon the last of which:whichの先行詞はstone steps
・leave=【他動】 ~を残す、置きっぱなしにする:ここではleave his sandalsだから草履を「そこで脱ぐ」ということ
・interminable=【形】 ダラダラと続く、果てしのない、限りのない
・reach=広がり、広い場所<例>across the reaches of the world(世界中のいたるところに)、eastern reaches of(~の東部区域)
・polished=【形】 磨いた、磨き上げた
・planking=【名】 厚板材、板張り
・pillared=【形】 支柱のある
・angle=【名】 角、隅
・too many to remember=覚え切れないほどたくさん
・width=【名】広さ、幅、(生地などの)ひと幅、(水泳プールの)横の距離
・amazing=【形】 驚くべき、すごい
・matted floor:matには「ござ」という意味もあるがここでは「畳」、だから「畳を敷いた床」
・文の構造:~guided him along interminable reaches of polished planking, and round pillared angles too many to remember, and over widths amazing of matted floor:along, round, overは同格、too many to rememberはanglesの修飾語、amazingはwidthsの修飾語
・vast=【形】 広大な、非常に広い
・apartment=室、部屋
・great=偉い、高貴な
・were assembled=集まった、集合している
・rustling=さらさらと鳴ること
・humming=(はち・こまなどが)ぶんぶんいう音、鼻歌、ハミング:of voicesとなっているのでわかりにくいが戸川氏は「何んだかガヤガヤ云っている大勢の声」と訳しておられる。そうかgreatだしね、ガヤガヤはぴったり。
・talk in undertones=小声で話す
・speech=話し方
・court=宮中、宮廷

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(15)

"Kaimon!"the samurai called,-- and there was a sound of unbarring; and the twain passed on. They traversed a space of garden, and halted again before some entrance; and the retainer cried in a loud voice, "Within there! I have brought Hoichi." Then came sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse. By the language of the women Hoichi knew them to be domestics in some noble household; but he could not imagine to what place he had been conducted. Little time was allowed him for conjecture.

・call=叫ぶ、 (大声で)呼ぶ
・"Kaimon!"the samurai called=「開門!」と侍が大声で言った
・unbar=【他動】 ~の横木[かんぬき・掛け金]を外す、(戸・門戸を)開く
・twain=【名・形】 〈古〉二つ(の)◆【同】two:ここでは芳一と侍の二人
・pass on=先へ進む
・traverse=~を横切る
・space=区域、場所、余地
・a space of garden:ただの「庭」(garden)としてないということは「ちょっとした広さの庭」なのかな。高貴な人の家だしね。「青空文庫」にある戸川明三氏の訳では「広い庭」となっている。
・halt=立ち止まる
・retainer=家臣、家来
・Within there!:これはちょっとわからなかった。戸川氏は「これ誰れか内のもの!」と訳しておられる。thereは邸の中を指しているわけだ、納得。「これ誰かおらぬか!」ということだな(^_^;)
・brought=bring(連れてくる)の過去分詞
・in converse:この熟語では辞書にないし、よくわからなかったが、converseの意味は「逆・反対」と「談話」という意味があり、戸川氏の訳は「女達の話し声」となっている。voices of womenと複数形だ、納得、私の注意不足が露呈ですね、お恥ずかしい(^_^;)
・Then came sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse. =〔倒置構文〕Then sounds of feet hurrying, and screens sliding, and rain-doors opening, and voices of women in converse came.
・feet hurrying, screens sliding, rain-doors opening:(=せわしなく歩く音、ふすまを開け閉めする音、雨戸を開ける音)分詞構文、分詞の前の語は分詞の意味上の主語
・them=the women
・domestic=(女の)召使い、お手伝い
・noble=高貴な
・household=家族、家庭、世帯
・文の構造:he could not imagine 〔to what place he had been conducted
・conduct=【他動】(旅行者を)案内する
・Little=【形】 ほんの少ししかない、ほとんどない
・allow=【他動】~を許す
・conjecture=【名】 (不確実な情報に基づく)憶測、推測
・Little time was allowed him for conjecture.=どこに連れてこられたのだろうと考えている暇もなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 8日 (火)

「徹子の部屋」で聞いた『いつも何時でも』

たまたまつけたテレビ、だから途中から、というよりもう最後のほうだったが、チェルノブイリ原発事故の被害者でもあるウクライナの女性が、楽器を弾きながら、『千と千尋の神隠し』のテーマ『いつも何時でも』を歌っていた。

歌詞が画面の下に出て、私は聞きながらそれを見ていた。メロディーのきれいな曲だとは思っていたが、歌詞まではよく知らなかった。

なんだかとても深い内容で、この女性の運命にも重なるような歌詞である気がして、というより人間みんなの生き死にに関係しているような内容だと感じ、よく噛みしめてみたくなってインターネットで歌詞を探した。

いつも何度でも
  
「千と千尋の神隠し」主題歌  
   作詞;覚 和歌子  作曲;木村 弓  歌;木村 弓

呼んでいる 胸のどこか奥で  
いつも心躍る 夢を見たい
かなしみは 数えきれないけれど  
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたび ひとは  
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど  
この両手は 光を抱ける

さよならのときの 静かな胸  
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議   
花も風も街も みんなおなじ  

呼んでいる 胸のどこか奥で   
いつも何度でも 夢を描こう
かなしみの数を 言い尽くすより   
同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも   
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも   
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓   
ゼロになるからだ 充たされてゆけ
海の彼方には もう探さない   
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

以下は「徹子の部屋」のホームページより

4月8日(火) 
出演 歌手・バンドゥーラ奏者 ナターシャ・グジー
「絶世の美女が珍しい楽器演奏で熱唱」  

日本在住のウクライナ人、歌手・ナターシャ・グジーさんがゲスト。日本語検定1級という高校生レベルの漢字も操るナターシャさんはバンドゥーラというハープに似たウクライナの民族楽器を弾きながら歌う。実はナターシャさんは86年に起きたチェルノブイリ原発事故の被害者である。心ある人々の応援を受けて歌手になる夢を日本で果たした。今日はバンドゥーラを奏でながら美しい歌声を披露。清らかな美しさが印象的だ。

演奏した曲・見上げてごらん夜の星を・いつも何度でも

紹介したコンサート
★チェルノブイリ22周年救援キャンペーン救援コンサート&ビジュアル講演会
日時:  4月12日(土) 開場 午後1時 / 開演 午後1時半       出演: 広河隆一(スライド講演)           
     ナターシャ・グジー(歌・バンドゥーラ) 
料金: 一般   2500円(前売2000円)     
     中・高生 1200円(前売1000円) 
会場:  名古屋国際センター 別棟ホール
同時開催:◇広河隆一チェルノブイリ写真展(入場無料)
       ◇救援バザー(入場無料)
主催: チェルノブイリ22周年キャンペーン名古屋実行委員会
問合せ: 実行委員会事務局 
      090-1239-1410(宮西)
      FAX: 059-229-3078 Photonataliya

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みんなで作る日本列島 ”食”の「隠れ特産MAP」に投稿!

ブログで楽しむショッピングサイト「アズーチャ」を知っていますか?

ただ物を買うだけのショッピングサイトと違って、厳選された商品を売る側の店長さんやスタッフのブログで、楽しみながら商品について知ったり、一般の人のブログやコメントで、普通ではなかなか知りえない商品に出合ったり、ブログ同士でつながったり、なかなか楽しめるサイトのようです。

この「アズーチャ」に、地元ではメジャーだけど全国的にはマイナーというような、地域の食の名産、おすすめの品をコメントやブログで紹介するという、みんなで作る日本列島 ”食”の「隠れ特産MAP」というコーナーがあるので、私も一つ紹介の記事を投稿することにしました。

それは神奈川県小田原市の、梅干蔵元、田中屋本店の「味ピー」です。梅干、佃煮はもちろんおいしいのですが、私の一押しは、落花生を薄皮がついたまま煮た、この「味ピー」sign03happy01

東海地方の我が家の近くの生協に似た商品はあったのですが、しっかりした味付け、真空パックにぎっしり詰まった落花生の煮豆は一度食べたらやめられないほどの後引き豆sign03heart01

是非一度ご賞味をscissorshappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無料サンプル情報サイト「サンプルファン.com」はご存知?

皆さん、インターネットを使ってコツコツとお小遣いをためている人も多いはずmoneybag

現金だけでなく、商品券でも、商品でも、デフレに進みつつある今の日本では、ほんのわずかでも生活の足しにしたいと思うものですよね

で、私はブログに広告を書いてチマチマと…なのですが、サイドバーに掲載してある「ブログミ」は、実は、無料サンプル情報サイト「サンプルファン.com」から情報を得たのです。

「サンプルファン.com」はとにかく、その情報量の多さにびっくりします。更新も毎日されているそうです。

そして、その情報の見やすさも優れています。

ゲット方法やジャンルで、「無料サンプル」「モニター・アンケート」「トライアルセット」「ダイエット」の大きな項目、そして、その中も「健康食品」「コスメ」「フード・ドリンク」「金券・商品券」など細かく分かれていて、希望の情報を得やすい仕組みになっている。

見ているだけでも時間が瞬く間にたってしまいます。その時間を無駄にしないためにも、是非、「サンプルファン.com」から何かゲットしてくださいsign03

わたくし、本日、「無料サンプル」のサッポロビールにも応募してしまいましたcoldsweats01

何しろ応募するのにお金がかからないということが絶対的な魅力ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(14)

Hoichi's first alarm was over: he began to imagine himself in good luck; -- for, remembering the retainer's assurance about a "person of exceedingly high rank," he thought that the lord who wished to hear the recitation could not be less than a daimyo of the first class. Presently the samurai halted; and Hoichi became aware that they had arrived at a large gateway; -- and he wondered, for he could not remember any large gate in that part of the town, except the main gate of the Amidaji.

・alarm=【名】 (危険を認識したことによって起こる)恐怖、驚き、不安
・over=【形】終って
・imagine=【他動】 想像する、思う
・in good luck=幸運な
・for=【接続】 (その理由は)~だから
・retainer=【名】 家臣、家来:No.12で読んだところに”My present lord, a person of exceedingly high rank”と侍が言うところがある。これをassurance(=【名】断言)と言っている。だから、このretainerは高貴な主人に使える従者、この侍を指す。
・remembering the retainer's assurance about a "person of exceedingly high rank,"=その従者が「大変高貴な人」とはっきり言っているのを思い出して
・recitation=吟唱(漢詩・和歌などを、節をつけてうたうこと)
・could not be~=can not be~(=~ではありえない)の過去形(主文がhe thoughtと過去形だから)
・less than=~未満の、~に満たない
・could not be less than a daimyo of the first class=位が一番上の大名より下の身分の人であるはずがない
・文の構造:he thought〔that the lord [who wished to hear the recitation] could not be less than a daimyo of the first class〕.
・Presently=【副】やがて、間もなく
・halt=【自動】立ち止まる
・aware=【形】 (~に)気付いている、気が付いて
・gateway=【名】門
・wonder=【自動】 疑問に思う、不思議に思う
・in that part of the town=街のその辺りでは
・except the main gate of the Amidaji=阿弥陀寺の正門以外に

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(13)

In those times, the order of a samurai was not to be lightly disobeyed. Hoichi donned his sandals, took his biwa, and went away with the stranger, who guided him deftly, but obliged him to walk very fast. The hand that guided was iron; and the clank of the warrior's stride proved him fully armed,-- probably some palace-guard on duty.

・times=時代
・order=【名】 命令
・disobey=【自他動】 服従しない、背く
・the order of a samurai was not to be lightly disobeyed:不定詞「~べき」(義務)の用法、ここでは否定だから「~するべきではない、~してはいけない」。で、ここは「侍の命令は軽々しく逆らってはいけないものだった」の意味になる。
・don=【他動】身に着ける
・sandal:Japanese sandals(草履)と『英辞郎』に出ているので「草履」でいいでしょう(^_^;)一足なので複数ですね。
・went away=go away(【句動】 どこかへ行く、出掛ける)の過去形
・guide=【他動】 ~を導く、案内する
・deftly=【副】手際良く
・iron=【形】鉄の(ような)、 鉄製の:著作権の切れた日本の作品を載せた「青空文庫」に戸川明三氏の翻訳で『耳無芳一の話』が載っているが、戸川氏も「鉄のような」と書いておられる。「鉄のように固い手」とも思えるが、鎧を着ていたことから鎧で手まで覆われていた、ということとも取れるな。
・clank=【名】ガチャガチャ鳴る音
・warrior【名】 武人、武士
・stride=【名】 歩幅、一またぎ、大股の足取り
・prove=【他動】~であると分かる、~であることが分かる[判明する]
・fully armed=全身鎧で覆われた
・the clank of the warrior's stride proved him fully armed=その武士が大股で歩くごとにガチャガチャと音がしたので、全身鎧で覆われていることがわかった。
・some=【形】 ある
・palace=【名】宮廷(天皇など高貴な人の住居)
・guard=【名】護衛者、見張り
・on duty=当番の、任務についている
・probably some palace-guard on duty=たぶんちょうど任務についている高貴な人の護衛なのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 7日 (月)

「学研M文庫presents ものしり江戸名人」(DS)

「学研M文庫presents ものしり江戸名人」は、ゲームソフトのコナミスタイルから発売されている、nintendo DSのソフト。

江戸に住む有名人たちが講師になって、生活・剣術・地理・芸能の四つのジャンルにわたる江戸についての知識を伝授。

その講義を受け、昇格試験を受けながら、プレイヤーは将軍家指南役の地位を目指すというゲームだそうだ。

杉浦日向子さんなら一気に将軍家指南役だなhappy01

食べ物の安全が問われ、手作りの料理が見直されているともいう。ファーストフードでなく、スローフードということだ。

それより少々早く、江戸時代に注目が集まっていたのは偶然というべきか。

江戸時代はリサイクルがしっかり実行されていたとか、江戸しぐさといわれる、となりの人、袖すりあう人に対する心遣いが根付いていたなど、興味深いことがたくさんありそう。

私も杉浦日向子さんの本を何冊か読んで、江戸の文化や生活って結構面白いと思っている。特に庶民の生活や芸能。

ゆったりと時間が流れ、他人のことも思いつつ暮らしていたであろう江戸という時代。

今こそ見直すべき時代なのだろう。このソフトも、今、ただ今の我が日本社会の要求により、発売されたのだ、なんちゃってscissorscoldsweats01

Blomotionynazzysxvt

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

『結婚式場navi』を使ってみて!

結婚式場を紹介してくれるところは結構ある。うちの近くにも数軒あるはず。

でも、そこに直接行ってしまうと、商談のうまい社員さんにリードされて、あっという間に決まりみたいな感じになるかもしれないねcoldsweats01

で、そこへ行く前に、まずは、『結婚式場navi』で検索してみません?

うちの末娘は籍を入れたものの、まだ事情があり結婚式をしていません。そのうちやることになるだろうけど、とにかく我が家とはちょっと離れた大阪に二人住んでいるので、そっちでやることになるだろうな。

それで私も大阪府の結婚式場を検索してみました。何しろほとんど土地勘の無い場所だから。

当たり前だけど、たくさん(53件)あるなあsign01

ホームページなど詳しく見られるのはまだ「ブライダルプロデュース エブリワン」だけのようだが、ここは、料金の面でも、安く、あるいは見積書まで、会場も選べるし、様々なこだわりの結婚式の相談に応じてくれるらしい。

手付金もなく、お祝い金、会費が入ってから、つまり、式後に支払いするという方法も提案している。さすが、商人の大阪sign03happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 6日 (日)

いわしたたき身と豚挽き肉で夕飯!

今日は布団も干したし、シーツも洗った、というわけで、ベッドメーキング(笑)に時間を取られ、買い物に行く時間もなくなったし、それに、お金を使わないようにするには、極力買い物の回数を減らすのがいいかなと思っているので、本日はありあわせの材料で夕飯のおかずを作ることにしました。

といっても、我が家は「おうちコープ」で毎週火曜日に品物が届くので、冷凍庫にも結構取り寄せたものが入っています。

うーん、とうなりながら、無い頭を絞って考えたおかずは…

結局平凡なおかずしか考え付きませんでしたがcoldsweats01

鰯のつみれ煮

①おうちコープの「とりたていわしのたたき身」20080406170527 (冷凍・写真は外袋から出したところ)を使って、ネギとニンジンのみじん切り(冷蔵庫内のありあわせの野菜でよい)、すりおろしショウガ、塩少々、小麦粉、卵を入れてよく練る.。

②鍋に酒、みりん、しょうゆ、砂糖、水を入れて煮立てたところに、大さじ、または、15ccの軽量スプーンを使って、一口サイズにまとめた➀を入れていく。

③全部入れたら、火を中火か、弱めの中火にし、汁をかけながら、或る程度味がしみるまで煮る。煮切ると味が濃くなりがちだから、汁が残った状態で火を止め、器に盛ってから、上から汁をかけるほうがいいかと思う。

④煮上がる少し前に、葉ネギを3~4センチに切ったものを入れる。これはお好みで。うちの姑はネギが嫌いなので入れなかったcoldsweats02

できあがりはこれ20080406170553

キノコと豚挽き肉のオイスターソース炒め

これまたおうちコープの、「豚挽肉バラ凍結」(チャック式袋入りで小出しにできるので結構便利)を使って、エリンギ、ブナシメジ、キャベツ、茹でたほうれん草、少しばかり残っていた冷凍フライドポテトと一緒に炒め、オイスターソースで味をつけた。

できあがりはこれ20080406165159

あとは、おなます(大根・ニンジン)、それに、中学校の家庭科実習以来、私がハマり続けているサツマイモとリンゴの重ね煮、キュウリのぬかみそ漬けでしたー、お粗末っsign03happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「i LUMINE」誕生!

ルミネといえば、私にとっては新宿ルミネなんですがcoldsweats01

ルミネは、私など地方の人間にとっては都会の象徴のようなもの。上京しなくては行かれないショッピングエリアです。

ところが、すでにテレビCMもしばしば目にするようになったi LUMINE(3・26オープン)の誕生で、地方の人間にも、我が家にいながらにして、手が届く都会が増えたというところですsign01notes

地方はやっぱりセンスの面でいまいちかな、と思うときもあるから、こういうサイトは、ホント嬉しいscissorshappy01

銀座かねまつ、ラシットに、まさに行ったようにバッグを眺めてしまいました。

ユナイテッドアローズでは、ネックレスがみんな欲しくなったしcoldsweats01、アイテムリスト(ショップ、アイテムの両方から検索できるのは便利sign01)で見つけた、パリのブランドSOWATのインポートアクセサリー「天然石ネックレス」は、誰かプレゼントしてー、ってなもんです(笑)shine

配送料は400円と安価ですが、4月20日までは送料無料のオープニングキャンペーン中free

Blomotionipbkua322w

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 5日 (土)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(12)

"There is nothing to fear," the stranger exclaimed, speaking more gently. "I am stopping near this temple, and have been sent to you with a message. My present lord, a person of exceedingly high rank, is now staying in Akamagaseki, with many noble attendants. He wished to view the scene of the battle of Dan-no-ura; and today he visited that place. Having heard of your skill in reciting the story of the battle, he now desires to hear your performance: so you will take your biwa and come with me at once to the house where the august assembly is waiting."

・There is nothing to fear=こわがることはない
・stranger=【名】 見知らぬ人
・exclaim=大声で言う
・speaking more gently=and spoke more gently
・gently=【副】 静かに、優しく、穏やかに
・stop=泊る, 滞在する
・message=【名】 伝言
・present=【形】 現在の、今の
・lord=主人
・exceedingly=【副】 非常に
・high rank=高い地位
・noble=【形】 地位の高い、高貴な
・attendant=【名】 従者、お供
・scene=【名】(事件などの) 現場
・Having heard of your skill in reciting the story of the battle,=As he heard of your skill~=その戦いの物語を吟唱できるあなたの腕前の事を聞いたので
・desire to=~したい、~することを望む
・performance=演奏
・will=【助動】 ~しなさい◆will に強勢をおいて発音する◆【用法】主語は通例二人称<例> You will do it yourself. (自分でそれをしなさい)
・so you will take your biwa and come with me at once=だから、琵琶を持ってすぐに私と来なさい
・august=【形】 恐れ多い
・assembly=集合、集まり

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(11)

Midnight passed; and the priest did not appear. But the atmosphere was still too warm for comfort within doors; and Hoichi remained outside. At last he heard steps approaching from the back gate. Somebody crossed the garden, advanced to the verandah, and halted directly in front of him -- but it was not the priest. A deep voice called the blind man's name -- abruptly and unceremoniously, in the manner of a samurai summoning an inferior:--
"Hoichi!"
"Hai!" answered the blind man, frightened by the menace in the voice,-- "I am blind! -- I cannot know who calls!"

・Midnight=【名】 真夜中、夜の12時、午前零時
・appear=【自動】 現れる
・atmosphere=【名】 大気(圏)、空気
・comfort=【名】 快適さ、快適性、心地よさ
・the atmosphere was still too warm for comfort within doors=まだ空気が生暖かすぎて部屋の中に入る気がしなかった
・remain=【自動】 (ある場所に)とどまる
・step=【名】 足の運び、ステップ、歩み
・back gate=裏門、裏口
・hear~…ing=~が…するのが聞こえる<例>I can hear my sister singing. (妹が歌っているのが聞こえる)
・cross=横切る
・advance=【自動】 (目標に向かって)進む
・halt=【自動】 停止する、立ち止まる
・directly=【副】 ちょうど
・deep voice=太い声、低い声
・abruptly=【副】唐突に、無愛想に、ぶっきらぼうに
・unceremoniously=【副】 あっさりと、出し抜けに、突然、さりげなく、ぞんざいに
・in the manner of~=~風の方法、やり方で
・summon=【他動】 命令する
・inferior=【名】 劣った人[物]、下の者
・in the manner of a samurai summoning an inferior=下の者に命令する侍のような物の言い方で
・frightened=being frightened(驚いて)
・menace=【名】脅威(を与えるもの)、脅し<例>menace in one's voice(どすの利いた声)
・I cannot know who calls!=(目が見えないから)どなたが私を呼んでいるのかわからないんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

別荘は夢ですねえ!

別荘を持つことは誰でも一度は考えたり夢見たりしたことがあるでしょうね。

夢で終わる人が多い中、それこそ自然いっぱいの八ヶ岳の別荘を実現している方もたくさんいらっしゃるようです。

八ヶ岳といえば、柳生博さんが思い浮かびます。今では、「八ヶ岳倶楽部」としていろんな活動や事業もなさっているらしいです。

八ヶ岳別荘をもし私たち夫婦が実現できるとしたらどんな別荘にするか…

旦那は絶対ログハウスだといいますsign03happy01

どちらかといえば自然児の旦那ですから、自然に囲まれた八ヶ岳なんかに住んだら、もう大変でしょうね。

毎日、一日中、山を駆けずり回って、食べられるものを探してくるはず。

そして、猟で取った獲物も、すでに買ってある燻製作成用のスモーカーで…

嬉々としてやる姿が目に浮かびます。

住まいは木の香りと、木の暖かさが憧れのログハウス。私も大賛成sign03

あとは、私ども、年齢も高くなってきていることだから、いざというときのセキュリティ、たまには利用したいレストランや、買い物ができるところまでの交通機関とか、そういう設備も周りに整っていてほしいなあ。

そうすればもう鬼に金棒scissorshappy01shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 4日 (金)

ピュリナワン(スーパープレミアムドッグフード)3

ピュリナ ワン」の「30日体験記」に参加をして、もう「14日目」を過ぎた。

うちのミニチュアダックス「ホクト」は、「ピュリナ ワン」にしてからは全く遊び食いをしなくなって、毎日、惚れ惚れするほどの一気の食べっぷりであるhappy01

ますます元気で散歩にも励んでいるdog私もだけどcoldsweats01

そうそう、うちの「ホクト」は、散歩は本当に黙々とする。散歩中はわき目も振らずに、道草も食わずに、前へ前へと進む。

途中でよく会うおばさまにも、「しらーん顔して行っちゃうね」と冗談を言われるほど。

これは今日の散歩中のホクト20080404134516

相変わらず、ウエストが…coldsweats01

でも、肩甲骨から肋骨へ手を滑らせて見ると、少々だぶついている肉の量が減ったような気もする。

何とか「ピュリナワン」にも頑張ってもらわなきゃ(笑)

このお散歩から帰ってきて撮った今日の門の桜です。関係ないかーwink20080404114724

話がそれましたが、庭の草取りをする時は、ホクトを長く延びるリール式のリードをいつものリードにつなげて長くし、自由に歩けるようにしてそばに置いています。すると、草を噛んだり、あっち行ったりこっちへ来たり。そして、時々、私の顔をペロッとなめに来ます。まるで小さい子が親の存在を確かめるみたいに…私にとっては完全に孫の代わりscissorshappy0120080329093622

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

格安航空券の比較・検索サイト「航空券ドットネット」

皆さん、飛行機を利用する旅行を計画するなら、もちろん格安航空券ですよねsign01

でも、次のような私と同じ経験の方多いんじゃsign02

私は、二年ほど前、娘が急に思い立ち、一週間後に北海道、それも、稚内経由で礼文島まで行くという旅行を計画したことがあるのです。

急な上に、娘のアルバイトの関係で日にち、曜日も変えられないし、その上金欠…coldsweats02

娘と二人で、直前だから超割とは行かないまでも、何とか安上がりの旅行はないかと、インターネットをあっちこっち、行ったり来たり、結構苦労して、時間食いましたsweat01

そのとき、この「航空券ドットネット」 のような格安航空券の比較・検索サイトがあったなら、あんなしんどい思いをしなくて済んだのに~wobbly

何しろ検索して出てくる件数が多いこと多いことsign03値段も一目瞭然だもんねeyesign03

10日前なら宿泊込みでもっと安かったりもする、そういうことも「航空券ドットネット」なら即座に分かるわけだhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 3日 (木)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(10)

One summer night the priest was called away, to perform a Buddhist service at the house of a dead parishioner; and he went there with his acolyte, leaving Hoichi alone in the temple. It was a hot night; and the blind man sought to cool himself on the verandah before his sleeping-room. The verandah overlooked a small garden in the rear of the Amidaji.  There Hoichi waited for the priest's return, and tried to relieve his solitude by practicing upon his biwa.

・call away=【句動】 (人を)呼び出す
・perform=【他動】~を行う、実行する、遂行する、執り行う
・perform a Buddhist service= 法事を行う
・parishioner=【名】 (教会の)教区民、ここでは仏教なので「檀家」のことを指す
・acolyte=伴僧(法会・葬儀・修法などのとき、導師に付き従う僧)、助手
・leave~alone=(人)をそっとしておく、ほっておく
・sought to=seek to( ~しようとする)の過去形
・cool oneself=涼む
・verandah=veranda 【名】 ベランダ、縁側
・sleeping-room=寝室
・overlook=【他動】 見渡す、見渡せる<例> I got up before dawn, sat on the hill overlooking the village. (私は夜明け前に起き、村が見渡せる丘に座った)
・in the rear of=~の裏で、~の裏手の
・There:The verandahを指す
・return=【名】 帰宅
・relieve=【他動】 (不安・心配・困難・苦痛を)取り除く、軽減する、和らげる
・solitude=【名】 孤独
・practice upon(=on)=~を練習する<例>practice on the piano ピアノをさらう、ピアノをけいこする
・relieve his solitude by practicing upon his biwa=琵琶をけいこすることで孤独を慰める

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(9)

Hoichi was given a room in the temple-building; and, in return for food and lodging, he was required only to gratify the priest with a musical performance on certain evenings, when otherwise disengaged.

・in return for=~に対する返礼[返報・お礼・お返し・見返り]として
・lodging=【名】 宿
・be required to=~するように義務付けられる<例> be required to cancel(~を取り消さなければならない)
・gratify=【他動】~を満足させる、楽しませる
・musical performance=演奏
・certain=【形】 いくらかの
・otherwise=【副】 さもなければ、そうしないと、そうでなければ
・disengaged=【形】 (約束がなくて)暇な、手が空いた
・gratify the priest with a musical performance on certain evenings, when otherwise disengaged=他に約束がなくて手があいている夜に、その僧侶に演奏を聞かせて楽しませる

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 2日 (水)

英英辞書を読もう!(10)―「黄金の羅針盤」(The Golden Compass)(4)―

やがてthe Butler(執事)とそのダイモンは部屋を出て行き、後にはthe Masterが一人残ります。

ライラはそっと様子を見ていますが、the Masterは洋服ダンスの中から自分のガウンを取り出して着ます。彼のダイモンはravenで、自分の定位置、the Masterの右肩の上に落ち着きます。性別は女性ですね。

・raven=the largest bird in the crow family, with shiny black feathers

Lord Asrielは、実はLyraの父親らしいのですが、ここではher uncleとなっています。

The visitor mentioned by the Master, Lord Asriel, was her uncle, a man whom she admired and feared greatly.

そして、次にライラが見たものは…coldsweats02

The Master took from his pocket a folded paper and laid it on the table beside the wine. He took the stopper out of the mouth of a decanter containing a rich golden wine, unfolded the paper, and poured a thin stream of white powder into the decanter before crumpling the paper and throwing it into the fire. Then he took a pencil from his pocket, stirred the wine until the powder had dissolved, and replaced the stopper.

・crumpling:crumple=to press, bend, or crush out of shape
・dissolve=(of a solid) to be absorbed by a liquid, especially when mixed
・replace=to put something back where it was before

白い粉の正体は?アスリエル卿の運命は…そしてライラは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年4月 1日 (火)

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(8)

At the outset of his career, Hoichi was very poor; but he found a good friend to help him. The priest of the Amidaji was fond of poetry and music; and he often invited Hoichi to the temple, to play and recite. Afterwards, being much impressed by the wonderful skill of the lad, the priest proposed that Hoichi should make the temple his home; and this offer was gratefully accepted.

・At the outset of=~の最初[冒頭]に、~の当初は
・career=【名】経歴、職歴、履歴
・poetry= 【名】 詩、詩歌、韻文
・invite=【他動】 招待する、招く
・recite=【他動】暗唱する、朗唱する、吟唱する、物語る
・Afterwards=afterward 【副】 あとで、後で、後に、後ほど、その後
・being much impressed by the wonderful skill of the lad:原因・理由を表す分詞構文、be impressed=感動した、skill= 【名】 腕前
・propose that=(that 以下)を提案する
・should=【助動】 ~であるよう◆【用法】提案・要求・希望・決定・必要・妥当などを表す主節に続く that 節内で
・make the temple his home=その寺を家にする=その寺に住む、make=【他動】 ~の状態を作り出す、~にする、<例>They made Jean chairperson.(ジーンを議長にした)
・offer=【名】 申し出、申入れ、提案
・gratefully=【副】 感謝して、喜んで、ありがたく
・accept=【他動】 (申し出などを)引き受ける、受諾する
・accept~gratefully=~をありがたく頂く[ちょうだいする]、~を素直に受け取る
・this offer was gratefully accepted=this offer was gratefully accepted by Hoichi

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

英語で小泉八雲『耳なし芳一』(7)

Some centuries ago there lived at Akamagaseki a blind man named Hoichi, who was famed for his skill in recitation and in playing upon the biwa. From childhood he had been trained to recite and to play; and while yet a lad he had surpassed his teachers. As a professional biwa-hoshi he became famous chiefly by his recitations of the history of the Heike and the Genji; and it is said that when he sang the song of the battle of Dan-no-ura "even the goblins [kijin] could not refrain from tears."

・Some centuries ago=何世紀か前に
・there lived=~が住んでいた
there+be動詞以外の自動詞+主語の順で存在・生起・出現・到達などを表し、やや文語的な言い方<例>There once lived a rich merchant in this town.(昔この町に金持ちの商人が住んでいた)
・at Akamagaseki=赤間が関(現在の下関)に
・blind= 【形】 目の不自由な、目の見えない、盲目の
・named Hoichi=芳一という名前の
・be famed for~=~で有名な
・skill=技術、技量、腕前、熟練、うまさ、巧妙、skill in~=~の腕前
・recitation=【名】 暗唱、吟唱、朗読、詳述
・play upon[on]=(楽器)を弾く、<例>play on a harp(ハープを弾く)
・biwa=びわ 【琵琶】 東洋の撥弦(はつげん=弓を使わず、もっぱら弦をはじいて音を出す)楽器。木製で、水滴形の平たい胴に柄がついており、普通四弦であるが五弦のものもある。ペルシャに起こり、インド・中国を経て、奈良時代に日本に渡来。日本では多く撥(ばち)を用いる。全長60~106センチメートル。雅楽に用いる楽琵琶、平曲(平家物語を琵琶に合わせ曲節をつけて語るもの)の伴奏の平家琵琶をはじめ、盲僧琵琶(荒神琵琶)・筑前琵琶・薩摩琵琶などの種類がある。
・his skill in recitation and in playing upon the biwa:in recitationとin playing upon the biwaが同格
・From childhood=子どもの頃から
・he had been trained:この過去の時までずっとという継続の意味で過去完了形になっている
・be trained=訓練される、教え込まれる
・recite=【他動】 暗唱する、朗読する、吟唱する
・he had been trained to recite and to play:to recite とto playが同格
・while= 【接続】 ~なのに、~だが
・lad=【名】 少年、若者、青年
・while yet a lad=while he was yet a lad(彼はまだ若かったのに)
・surpass【他動】 ~を上回る、超える、しのぐ、~に勝る
・As=~として
・professional=【形】 プロ(として)の
・biwa-hoshi= 【琵琶法師】 琵琶の弾き語りを職業とした僧体(法師姿)の盲人音楽家。平安時代から存在した放浪芸人の一種。中世以後は、経文読誦(どくじゆ)を表芸とする盲僧と、専ら平曲を演奏する者の二系統に分かれた。主に後者をさす。
・chiefly=【副】 主として、主に、まず第一に、たいてい、とりわけ
・it is said that=~であるといわれている<例>It is said that those who don't try will never succeed. (挑戦しない人は絶対に成功しない、といわれている)
・famous by=~で有名な<例>He became famous by impersonating TV stars. (彼はテレビスターのものまねで有名になった)
・even=【副】 ~さえ、たとえ~でも、~でも、~でさえ
・goblin=【名】 悪鬼、小鬼、小悪魔、鬼神(きじん、きしん=荒々しく恐ろしい神)
・refrain from~=~を(差し)控える、自制する、こらえる、やめる<例>The doctor asked the sick patient to refrain from smoking. (医者は病人に喫煙を控えるように言った)
・even the goblins could not refrain from tears=鬼神でさえ涙をこらえられなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「薩摩の山人参もろみ黒酢」CM登場!

以前にも紹介した、九州の自然の産物を使った健康のための商品を扱う「長寿の里」から、「薩摩の山人参もろみ黒酢」が発売されている。

山人参」は、江戸時代、薩摩藩の霧島地方の人たちが、効能から「神の草」と呼んで、栽培もしていたらしい。薩摩藩の門外不出とされてもいたようだ。

その後、幕末に乱獲され、一時は絶滅したとも言われていた。だから、ずっと一部の地域住民しか知らなかったのだが、近年、岸壁の割れ目に生えているところとを発見されたというのだ。

山人参の効能については、最近はいろいろな機関で研究がなされ、高血圧防止、糖尿病改善、動脈硬化抑止、肝臓病治療効果、肩こり・冷え性・頭痛緩和効果、などがあると言われているようだ。

またもろみ黒酢は、黒酢のカメの底に溜まった栄養分で、アミノ酸の塊だそうだ。アミノ酸は黒酢の数十倍もあるという。

この山人参と黒酢を合体させたのが、「薩摩の山人参もろみ黒酢」。厳選された良質の物だけを使ったというわけだ。

ところで、この「薩摩の山人参もろみ黒酢」のCMが一般から募集され、受賞作が決まったそうなので、拝見eye

私のイチオシは金賞でも銀賞でもなく、なんと銅賞「僕の本当の仕事」sign01scissorshappy01

「前略おふくろ様」ばりで、建設現場の監督と思いきや、手紙の内容はエリートサラリーマンのもの。係長に昇進するだの、銀座で接待だの…腰の悪い母さんには畑仕事は…いつか母さんと東京で暮らせるように…だのと、泣かせる内容が続き、あっ、建設現場ではない、道路工事現場?、で、ついに「僕の本当の仕事」が明かされるsweat01

最後で私は泣き笑いになりそうでしたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »