« ケーブルテレビがやって来た! | トップページ | えー?!徹子さん、「しもたや」知らないの?! »

2007年1月15日 (月)

『寂聴あおぞら説法』―抜書き―(1)

お正月に瀬戸内寂聴さんの寂庵での法話の様子をテレビで見た。天台寺での説法同様、いまだに人気が衰えず、抽選であたった人しか、法話が聞けないという。

一度でいいから聞いてみたいと思うが、なかなか実行に移せない。だから、その代わり、寂聴さんの著書は何冊か持っている。

テレビでの法話の様子はちょっとだけだったが、質問の時間の場面だったと思うが、一人の若い女性が、尼さんになろうと思う、とちょっと涙声で寂聴さんに語りかけた。

すると、寂聴さんは、「何があったか知らないけど、尼さんになるなんてやめなさい。意地悪な尼さんもいる(笑)尼さんになる覚悟があるなら何でもできる。悪いことは言わない、やめなさい。あらためていらっしゃい」とおっしゃった。

その若い女性は涙声のまま、「はい、はい」と頷いていた。

なんだか寂聴さんに語りかけてもらうと安心してしまうよなあ。その女性と同じような気持ちになってそう思った。

一昨年、天台寺の住職を辞して(といってもあおぞら説法は行われているようだが)、去年は文化勲章を受けられ、確か現在は、長編小説の執筆にかかっておられる。

テレビを見てまた著書を読み返してみたくなった。

本棚から取り出したのは『寂聴あおぞら説法』第一巻目のもの。Aozora そこからちょっと抜書き。

今夜にでも大地震があって、何もなくなったらあわてるんですよね。亭主がいれば、もうこの人は永遠に生きているように思って、もっと稼げ、もっと稼げなんて思っている(笑)
だけど丈夫なご主人ほどポコッと死ぬことがあるんです。私たちは一寸先のことがわからないんですよ。
仏教ではそれを”無常”と申します。私たちは本当に無常の世の中に居ながら、それに気がつかないで、今日の幸せが永遠に続くと思ってのんきに生きているんですよ。
でも、それでいいと私は思いますね。明日何か起こるかしら、明後日何か起こるかしら、そんなことばかり思っていたらおもしろくないですよね。
「明日のことは思い煩うな」
これはキリストが言っていますけれども、同じことですね。

過去のことをくよくよしない。明日のことも思い煩わない。今日、今を精いっぱい楽しんで、切に生きることですね。
これが仏教の極意です。

「無常」といえば、思い出した歌がある。以前、キリスト教に興味があって本をいろいろ読んだことがあり、その頃、ある方から賛美歌でもポップな歌が数曲入った"My heart for you"というCDをいただいた。

その中に、森繁 昇さんという方の作詞・作曲の歌"Ready to die?"(君は死んでいく!用意は出来ているか!)という歌があった。ご本人が歌っている。

この歌が衝撃的で、すごいのだ! 聞いた人はたいていショックを受けると思う。最後はキリスト教の信仰のことへと移っていくのだが、それまでは仏教徒でも聞き入ってしまう。

とても長い歌だから途中まで紹介してみる。

おじいちゃんが死ぬ おばあちゃんが死ぬ
父さんが死に 母さんが死に 
にいさんも ねえさんも
弟が死ぬ 妹が死ぬ
妻に 夫 奥さん 主人に 
ポチも タマも死ぬ

息子が死ぬ 娘が死ぬ
嫁が死に 婿が死に
孫に 曾孫も
おじいさんが死ぬ おばあさんが死ぬ
いとこに はとこ おいも 姪も
義理の父も母も死ぬ

死ぬんだなんていやな気持ち
そんな話聞きたかないよ
出来るだけ考えないようにしているうちに
自分が死ぬっていうことを 忘れてしまうのさ
目を覚ませ
君は死んで行く!! 用意は出来ているか!!!

街で死ぬ 村で死ぬ
山で 川で 海で 畑で そこらじゅうで死ぬ
病院で死ぬ 自分の家で死ぬ
台所か 居間か 風呂か トイレか 玄関先で死ぬ

金持ちが死ぬ 貧乏人が死ぬ
知っている人が 知らない人が 友だちが死ぬ
有名人が死ぬ ホームレスが死ぬ
朝でも 昼でも 夕暮れ時でも 真夜中にも死ぬ

あの人だけが死ぬんじゃないよ
この人だけが死ぬんじゃないよ
他の人だけが死ぬんじゃないよ
君の番も来るからさ
そんなに泣かなくてもいいさ
涙や 悲しみを 無駄にしなくても
君は死んで行く!! 用意は出来ているか!!!

交通事故で死ぬ 飛行機事故で死ぬ
病気の人も 元気な人も 思いがけなく死ぬ
戦争で死ぬ 自殺して死ぬ
打たれて 刺されて 絞められ たたかれ 殺人犯も死ぬ 

歩いてて死ぬ 走ってて死ぬ
働いてて 遊んでて ブラブラしてて死ぬ
ガンバル人も ガンバラない人も
年寄り 若者 子どもに あかちゃん 生まれる前に死ぬ

ちょうど車にはねられて死んだ犬が
何度もひかれているうちに
だんだん乾いてきて ついにほこりとなって
風に吹き飛ばされて なくなるように
人も塵になるのさ
君は死んで行く!! 用意は出来てるか!!!

真実なんだけど、いつもはみんなこのことを忘れている・・・

|
|

« ケーブルテレビがやって来た! | トップページ | えー?!徹子さん、「しもたや」知らないの?! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195504/4919151

この記事へのトラックバック一覧です: 『寂聴あおぞら説法』―抜書き―(1):

« ケーブルテレビがやって来た! | トップページ | えー?!徹子さん、「しもたや」知らないの?! »